138件中 21 - 30件表示
  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た山下大輔

    現役時代に横浜DeNAベイスターズ及び前身球団に在籍していた人物が同球団の監督に就任するのは2004年に退任した山下大輔以来となり、DeNA球団のOBとして監督に就任するのは球団史上初となる。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た山崎康晃

    采配としては、データに基づく緻密な「分析野球」の傾向が強いが、その一方で、「情に厚い」一面を併せ持っている。具体的には、DeNAの功労者である三浦大輔に対して、引退試合において先発起用の上、7回途中まで登板させたこと、あるいは、主力と位置付けているが不調に苦しむ選手に対して、復調を信じて辛抱強く起用し続けたことが挙げられる(一例として、2016年シーズンにおいては、山崎康晃、梶谷隆幸、ホセ・ロペス等が該当)。主力と位置付けているが不調に苦しむ選手を辛抱強く起用し続ける理由として、「スランプは誰しもがある。大きなスランプの後には大きな波がくる。自分の現役時代の経験でもそうだった」と述べている。また、自身の現役時代の経験から、「外国人選手のメンタルケアは監督の大きな仕事」と考えているという。このことについて、「ここ日本では、全てやり方が違う。メンタルも全くも違う。野球は野球で同じだけど、全く違うやり方なんだ。僕らは日本の野球に合わせなければならない。そんな中で大事なのは、そういうことをきっちり伝えるコミュニケーションだね。新しく入ってきた選手とは必ず、日本での違いについて話をするようにしている」と述べている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た金刃憲人

    200本塁打:2007年8月19日、対読売ジャイアンツ8回戦(東京ドーム)、4回表に金刃憲人から中越ソロ ※史上89人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た武田久

    3500塁打:2013年5月17日、対北海道日本ハムファイターズ1回戦(横浜スタジアム)、9回表に鶴岡一成の代打として出場、武田久から右前安打 ※史上27人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た筒香嘉智

    このように、チームの一体感を生み出す「雰囲気作り」を重要視すること、基本的なことを大切にする重要性、及び、前向きなメッセージを常に発信し続けることを通して、「(選手を)やる気にさせてくれた。それがあってこそ、選手全員が自信をもってできたと思う」(筒香嘉智)という効果をもたらし、監督就任1年目の2016年、DeNAを球団史上初めてのクライマックスシリーズ進出に導いた(この年のDeNAは選手の年俸総額が12球団で最下位であった)。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たタフィ・ローズ

    5月1日に4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.279)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位でチーム内では1位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。この年から導入された統一球によって本塁打が減少したことで大量得点を期待できず、いかに守備で失点を防いでいくかの戦いになったことでラミレスの守備難はネックとなった。お世辞にも上手い守備とは言えず、終盤は打順の降格だけでなく、スタメンを外れる試合もあった。ラミレス自身は打撃でチームに貢献したかったが、チームとしては守備面を重視する方針となっていたため、チームにとって絶対的な存在ではなくなっていた。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た岡島秀樹

    100本塁打:2004年6月5日、対読売ジャイアンツ10回戦(明治神宮野球場)、9回裏に岡島秀樹から左中間へ2ラン ※史上234人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たスティーブン・ランドルフ

    NPB/MLB通算300本塁打:2010年4月1日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、2回表にスティーブン・ランドルフから左越満塁本塁打アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た能見篤史

    350本塁打:2011年8月24日、対阪神タイガース17回戦(東京ドーム)、4回裏に能見篤史から中越ソロ ※史上26人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た梶谷隆幸

    采配としては、データに基づく緻密な「分析野球」の傾向が強いが、その一方で、「情に厚い」一面を併せ持っている。具体的には、DeNAの功労者である三浦大輔に対して、引退試合において先発起用の上、7回途中まで登板させたこと、あるいは、主力と位置付けているが不調に苦しむ選手に対して、復調を信じて辛抱強く起用し続けたことが挙げられる(一例として、2016年シーズンにおいては、山崎康晃、梶谷隆幸、ホセ・ロペス等が該当)。主力と位置付けているが不調に苦しむ選手を辛抱強く起用し続ける理由として、「スランプは誰しもがある。大きなスランプの後には大きな波がくる。自分の現役時代の経験でもそうだった」と述べている。また、自身の現役時代の経験から、「外国人選手のメンタルケアは監督の大きな仕事」と考えているという。このことについて、「ここ日本では、全てやり方が違う。メンタルも全くも違う。野球は野球で同じだけど、全く違うやり方なんだ。僕らは日本の野球に合わせなければならない。そんな中で大事なのは、そういうことをきっちり伝えるコミュニケーションだね。新しく入ってきた選手とは必ず、日本での違いについて話をするようにしている」と述べている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

138件中 21 - 30件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード