138件中 41 - 50件表示
  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た伊藤拓郎 (野球)

    2014年10月29日から、群馬のシニアディレクターに就任した。就任後の11月9日には、第1回トライアウトを視察。この視察をきっかけに、同年限りでDeNAから戦力外通告を受けていた元チームメイトの伊藤拓郎を群馬に入団させるなど、編成面で手腕を発揮していた。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た福原忍

    3000塁打:2010年9月19日、対阪神タイガース21回戦(阪神甲子園球場)、4回表に福原忍から中前安打 ※史上70人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た下柳剛

    150本塁打:2005年8月19日、対阪神タイガース15回戦(明治神宮野球場)、1回裏に下柳剛から左越2ラン ※史上137人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た吉見一起

    1000本安打:2007年4月21日、対中日ドラゴンズ5回戦(明治神宮野球場)、3回裏に吉見一起から左前安打 ※史上244人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たマット・マートン

    4月に孫のD・J・ラミレスが誕生(夫人の連れ子であるアレックス・ラミレス・ジュニアの子)。好不調の波が少なかった過去2年と違ってシーズン当初は低打率に苦しんだが、その中でも得点圏においては勝負強い打撃を見せ、本塁打と打点を量産。夏場に入ると一気に調子を上げて打率も向上させ、最終的に打率.304、49本塁打、129打点で二冠王に輝いた。しかし、首位打者の青木宣親(ヤクルト)、シーズンMVPの和田一浩(中日)、シーズン安打数の日本新記録を挙げたマット・マートン(阪神)の3人に阻まれ、ベストナインには選出されなかった。打撃二冠のタイトルを獲得しながらベストナインに選ばれなかったのは、1960年の藤本勝巳に次いで二人目である。年間120打点4度記録これは松中信彦と並んで歴代1位であるアレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た高橋由伸

    は開幕から5番打者としてシーズンを迎えたが、開幕から結果を残したことと、4番候補の李承燁・高橋由伸の不振により、主に4番で起用されるようになった。前年の高打率を維持しながら長打力も発揮し、45本塁打、125打点で2年連続3度目の打点王を獲得し、チームのリーグ連覇に貢献した。そして2008年のセ・リーグ最優秀選手に選ばれた。交流戦においてはパ・リーグのチームの主催試合では指名打者制のため、この試合では主に指名打者として起用された。チームは中日ドラゴンズとのCS第2ステージでは初戦を落とすも第2戦に球団初のCS勝利、第3戦は引き分け、第4戦では8回に勝ち越しの2ラン本塁打を放って勝利し、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。埼玉西武ライオンズとの日本シリーズでは第3戦は指名打者で出場し、第4・5戦では阿部慎之助が負傷して指名打者で出場したため左翼手として出場した。同シリーズでは併殺打が多く物足りない成績で第7戦では最後の打者となってしまったが、第1戦の唯一の打点、第2戦のサヨナラホームラン、第3戦でもソロホームランを放ち、第5戦では逆転のきっかけを作る二塁打を放つなど随所で活躍し、同シリーズ敢闘賞を受賞した。この年にフリーエージェント資格を取得したため、2009年から外国人枠を外れて日本人扱いとなった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た中日ドラゴンズ

    は開幕から5番打者としてシーズンを迎えたが、開幕から結果を残したことと、4番候補の李承燁・高橋由伸の不振により、主に4番で起用されるようになった。前年の高打率を維持しながら長打力も発揮し、45本塁打、125打点で2年連続3度目の打点王を獲得し、チームのリーグ連覇に貢献した。そして2008年のセ・リーグ最優秀選手に選ばれた。交流戦においてはパ・リーグのチームの主催試合では指名打者制のため、この試合では主に指名打者として起用された。チームは中日ドラゴンズとのCS第2ステージでは初戦を落とすも第2戦に球団初のCS勝利、第3戦は引き分け、第4戦では8回に勝ち越しの2ラン本塁打を放って勝利し、6年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。埼玉西武ライオンズとの日本シリーズでは第3戦は指名打者で出場し、第4・5戦では阿部慎之助が負傷して指名打者で出場したため左翼手として出場した。同シリーズでは併殺打が多く物足りない成績で第7戦では最後の打者となってしまったが、第1戦の唯一の打点、第2戦のサヨナラホームラン、第3戦でもソロホームランを放ち、第5戦では逆転のきっかけを作る二塁打を放つなど随所で活躍し、同シリーズ敢闘賞を受賞した。この年にフリーエージェント資格を取得したため、2009年から外国人枠を外れて日本人扱いとなった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たフランシスコ・カラバイヨ

    入団した群馬では、4番・指名打者として5番カラバイヨとの強力クリーンナップを形成。同年4月にはまたも西武が獲得を検討していると報道されたものの、契約は見送られた。6月23日に球団がラミレスの緊急帰国を発表。帰国に至った経緯として、「家族の病気療養に付き添うため」としている。その後、チームに再合流して7月11日の試合より一度復帰するも、同様の理由のため9月4日に球団が2回目の緊急帰国を発表した。2度目の帰国後は、復帰することなく、シーズンを終えた。シーズン通算では、45試合の出場で、打率.305、7本塁打、38打点。10月14日に、球団を通じて現役引退を表明した。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た長野久義

    5月1日に4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.279)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位でチーム内では1位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。この年から導入された統一球によって本塁打が減少したことで大量得点を期待できず、いかに守備で失点を防いでいくかの戦いになったことでラミレスの守備難はネックとなった。お世辞にも上手い守備とは言えず、終盤は打順の降格だけでなく、スタメンを外れる試合もあった。ラミレス自身は打撃でチームに貢献したかったが、チームとしては守備面を重視する方針となっていたため、チームにとって絶対的な存在ではなくなっていた。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たオリックス・バファローズ

    自由契約となったラミレスに対し、右の大砲を探していた巨人とオリックス・バファローズが獲得を検討していたが、オリックスはアレックス・カブレラを獲得したため、巨人が獲得した。推定年俸は5億円(契約年数2年、総額10億円)。背番号は、「3」が長嶋茂雄の永久欠番となっているため、「5」となった。ラミレスは以前から「巨人では外国人選手が大変な思いをしている」と聞かされていたため、巨人は一番行きたくないチームだったが、巨人がラミレス自身が希望する複数年契約を提示したことに加え、ラミレス自身が原辰徳の指揮に以前から興味を持っていたこともあって巨人入りを決めたという。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

138件中 41 - 50件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード