115件中 81 - 90件表示
  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たベストナイン (日本プロ野球)

    は移籍したロベルト・ペタジーニに替わって4番に座り、打率.333・40本塁打・124打点で打点王・本塁打王・最多安打・ベストナインの各タイトルを獲得。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームMVP:1回 (2007年 第1戦)アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た首位打者 (日本プロ野球)

    は144試合全てで4番に座り、前年に続く活躍。3割30本100打点を達成したほか、打率.322で自身初の首位打者と3度目の最多安打を獲得。チームの3連覇に貢献し、2年連続の最優秀選手に選ばれた。シーズン通しての調子の波も少なく、6月以外の月間打率は全て3割以上だった。巨人の右打者の首位打者獲得は1971年の長嶋茂雄以来38年ぶりである。同年の日本シリーズで、観戦に来た小笠原道大の娘にファウルボールを当ててしまうが、翌日「ゴメンナサイ」と書いた自身のサインボールを小笠原に渡した。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た2008年の日本シリーズ

    は開幕から5番打者としてシーズンを迎えたが、開幕から結果を残したことと、4番候補の李承燁・高橋由伸の不振により、主に4番で起用されるようになった。前年の高打率を維持しながら長打力も発揮し、45本塁打、125打点で2年連続3度目の打点王を獲得。2008年のセ・リーグ最優秀選手に選ばれた。指名打者制の試合では主に指名打者として起用されていたが、日本シリーズの第4・5戦はで阿部慎之助が負傷して指名打者で出場したため左翼手として出場した。この年にフリーエージェント資格を取得したため、2009年から外国人枠を外れて日本人扱いとなった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た東京ドーム

    東京ドームMVP:1回 (2010年)アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た守備率

    主に左翼を守っているが、守備範囲は非常に狭く、2010年には得点換算で両リーグワーストの数値を記録した。同じく刺殺150は規定試合以上の外野手では守備固めでの起用が主だった藤川俊介に次いでリーグワースト2位を記録。失策も多く、2008年から2010年まで3年連続で両リーグの外野手でワーストの守備率を記録している。また、本人曰く「日本に来るまで外野は右翼しか守ったことがなかった」こともあり(前述しているように、ヤクルトとは当初右翼手として契約している)、試合終盤で自チームがリードしている局面では守備固め要員を送られるケースが多い。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た本塁打

    8月21日の対阪神タイガース戦(明治神宮野球場)では、トレイ・ホッジスからランニング本塁打を放った。終盤には代理人の意向もあって移籍が取り沙汰されたが、本人の希望もあって残留。その際、義理の息子であるアレックス・ラミレス・ジュニアの入団が決め手となった。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た指名打者

    守備能力の問題については本人も自覚しており、著書でも「日本に来たら、外野手はほとんどみんな、僕よりうまいんだ」と記している。パ・リーグ主催分の交流戦や日本シリーズでは、主に指名打者として出場している。そのため移籍先の横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清も「ラミレスは特に外野手じゃなきゃいけないとは思っていない」と発言し、守備位置のコンバート案も示唆する言動を見せている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    5月1日、4番としての連続先発出場記録を416試合として、松井秀喜が持つ415試合を抜き、球団新記録を達成する。しかし7月13日の対阪神戦で受けた死球の影響で、翌日の7月14日に先発から外れ、長野久義が4番で先発出場し、記録は469試合で途切れた。代打で途中出場したため連続試合出場は続いたが、翌日の試合では途中出場もなかったため、連続試合出場は985試合で止まった。この記録は外国人選手としては歴代最長記録となった。8月5日、3回表に内野安打を放ち、NPB通算1793安打を記録。タフィ・ローズの1792安打を越え、歴代外国人選手の通算最多安打記録を更新した。シーズン成績は、打率(.278)が巨人入団以来初めて3割を切り、打点(73)は連続100打点が8年で止まり、来日以来最低の数字となった。本塁打数(23)も来日以来最低の数字となり、打撃三部門で来日以来最低の記録となった。但し、本塁打数はリーグ2位である。これは「飛ばないボール」(統一球)に変わったこともあり、セ・リーグの選手全体の本塁打数も減少したため、本塁打数に関しては決して不振とは言える数字ではなかった(最多は、ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)の31本)。指揮官の起用面を配慮し契約最終年であり、10月31日の同年のクライマックスシリーズ・ファーストステージ終了を以て、正式に退団を表明した。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見たマスコット

    本塁打ではベンチ前でチームメイトとハイタッチを交わした後、ベンチ脇のテレビカメラ前でコミカルなアクションを披露する。特にホームゲームでは、球団マスコット(ヤクルト:つば九郎、巨人:ジャビット)とコンビでアクションを行うほか、本塁打や適時打でチームに貢献した場合、直後に守備に就く際にもファンの声援に応え、パフォーマンスを交えてお辞儀や敬礼で感謝の意を伝えている。アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

115件中 81 - 90件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード