前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示
  • プレイヤーズ・チョイス・アワード

    プレイヤーズ・チョイス・アワードから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    最優秀選手, AL: アレックス・ロドリゲスプレイヤーズ・チョイス・アワード フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    レギュラーシーズンは103勝59敗で3年ぶりの地区優勝。CC・サバシアはリーグ最多タイの19勝を挙げ、アレックス・ロドリゲスとマーク・テシェイラは30本塁打・100打点を達成。クローザのマリアノ・リベラはトレバー・ホフマンに次いでメジャー史上2人目の通算500セーブを達成。デレク・ジーターはルー・ゲーリッグの持つヤンキースの安打記録2721本を更新。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    4月2日のオークランド・アスレチックスとの開幕戦に、1番・右翼でスタメン出場。第4打席にセンター前へメジャー初安打を放ち、第5打席にはバント安打を記録して2安打1得点の活躍でチームの勝利に貢献した。4月11日は敵地オークランドで三塁を狙ったテレンス・ロングを完璧な送球で刺して大きな話題を呼んでいる(後述)。その後も順調にヒットを積み重ね、4月から5月にかけて2か月連続でこの年から制定された月間新人MVPを受賞。オールスターゲームではファン投票で337万票を獲得。日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となる得票数で初選出された。オールスターでは先発のランディ・ジョンソンと対戦。内野安打を放ち、盗塁も記録した。7月はキャリアを通じて自己ワーストとなる21打席連続無安打を喫し失速するが、翌月から復調。8月28日には132試合目での200安打に到達。9月8日には1996年にアレックス・ロドリゲスが記録した球団最多安打記録の215安打を更新。再び8月と9月の2か月連続で月間新人MVPを受賞する活躍で、シーズン116勝(メジャータイ記録)でのチームの地区優勝に大きく貢献した。マリナーズのこの活躍は、コミッショナー特別表彰を受けることになる。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    「3割30本100打点」「4盗塁」 を個人成績での目標に掲げてスタート。膝のリハビリを最優先したために、調整が遅れてしまい、スプリングトレーニングでも序盤は不振が続いたが、故障のため離脱したアレックス・ロドリゲスに替わって4番に座り、4月4日には、新ヤンキー・スタジアムの杮落としに花を添える本塁打を放つ等、4本塁打を放った。開幕戦では4番・指名打者として出場し、7回には恩師である長嶋茂雄の通算444号を超える日米通算445号となる2点本塁打を放った。しかし打撃の調子はなかなか上がらず、5月に以降も膝の腫れや太もも痛などの怪我が断続的に発生した。ロドリゲスの復帰後は、打順が5番や7番に下がり、休養を入れながらの指名打者としての起用が続いた。また、2009年は完全に指名打者としての登録になったため、指名打者制のないナ・リーグの本拠地球場(ブッシュ・スタジアム)で行われるオールスターのファン投票にはノミネートされなかった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・プホルス

    アルバート・プホルスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    メジャー10年目となるは、開幕戦(シンシナティ・レッズ戦)で5打数4安打2本塁打3打点という最高の滑り出しを見せると、以来続けているオールスターメンバー選出も果たした(結果は2打数ノーヒット)。その後、8月15日のシカゴ・カブス戦でシーズン30号本塁打を放ち、メジャーデビューから10年連続でのシーズン30本塁打以上を達成。その11日後、8月26日のワシントン・ナショナルズ戦で放ったシーズン34号本塁打は、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス三塁手、2010年シーズン途中でシアトル・マリナーズで引退したケン・グリフィー外野手に次ぐMLB史上3番目のスピードでの通算400号本塁打であった。更には9月11日のアトランタ・ブレーブス戦で3打点を記録したことにより、シーズン100打点以上も10年連続での達成となった。最終的にシーズンを打率.312で終了し、10年連続での3割30本100打点の記録達成となった。同時に42本、118打点で本塁打王と打点王の二冠を獲得。115得点、38敬遠は両リーグ1位を記録した。アルバート・プホルス フレッシュアイペディアより)

  • カル・リプケン

    カル・リプケンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    4月14日から7月27日かけて当時のメジャー新記録となる95試合連続無失策を達成。自身2度目のMVPを受賞したには遊撃手として当時のリーグ新記録となる368塁打を記録し(1996年にアレックス・ロドリゲスが記録更新)、遊撃手としてア・リーグ史上初めて3割・30本塁打・100打点を達成。また、この年のオールスターゲームではMVPとなり、前日に行われたホームラン・ダービーでも優勝している。カル・リプケン フレッシュアイペディアより)

  • ダラス・ブレイデン

    ダラス・ブレイデンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は、4月6日の開幕2戦目でシーズン初登板。この年、ブレイデンはふたつの出来事で注目を集める。ひとつは、4月22日のヤンキース戦でアレックス・ロドリゲスのある行為に対して「不文律を守れ」と怒りを露わにしたこと、もうひとつは5月9日のレイズ戦でMLB史上19人目の完全試合を達成したことである。ブレイデンは「完全試合を達成したことで、ファンや野球界のみんなが僕について語るとき、何かネガティブなことではなく、ポジティブなことを話してくれるようになったのはたしかだね」と話す。ダラス・ブレイデン フレッシュアイペディアより)

  • エバン・ロンゴリア

    エバン・ロンゴリアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1985年10月7日にカリフォルニア州ダウニーで生まれる。子供のころ憧れていた選手はアレックス・ロドリゲスだった。高校はセントジョン・ボスコ高等学校へ、大学はリオ・ホンドコミュニティーカレッジへ進学した。1年生の時に素質が開花し、2年生からはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校へ特待生として編入。トロイ・トゥロウィツキーが遊撃手にいたため三塁手へコンバートした。にはMVPを獲得。エバン・ロンゴリア フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    以降は、ケン・グリフィー・ジュニア、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲスらと共に、他球団から怖れられる驚異的なクリーンナップの一角を担った。1996年8月にマリナーズ史上4人目となる通算1000本安打を達成。は開幕から自己最長の17試合連続安打を記録し、オールスターゲームではグレッグ・マダックスから本塁打を放った。アベレージと出塁を持ち味とし、まで4年連続で打率3割・100打点・100四球を記録した。エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • B.J.アップトン

    B.J.アップトンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    グリーンブライア・クリスチャン・アカデミー在学時の成績は、56試合に出場して打率.645(45四球に対して三振数はわずかに4)、24本塁打、83打点、68盗塁(盗塁死0)。は全米高校2ndチームに(当時は内野手として)選抜され、翌は同代表チームに選抜される。同年6月4日、タンパベイ・デビルレイズから1巡目(全体2番目)でドラフト指名を受け、この時は「いずれバリー・ラーキンやデレク・ジーター、アレックス・ロドリゲスと並び賞されるであろう」との高評を得た。しかし、アップトンが高額を希望したため交渉は難航。結局、9月16日に460万ドルで契約成立となったが、既にシーズンは閉幕を迎えており、プロ・デビューは翌年春に持ち越しとなった。B.J.アップトン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
128件中 1 - 10件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード