前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示
  • 2009年のワールドシリーズ

    2009年のワールドシリーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    レギュラーシーズンは103勝59敗で3年ぶりの地区優勝。CC・サバシアはリーグ最多タイの19勝を挙げ、アレックス・ロドリゲスとマーク・テシェイラは30本塁打・100打点を達成。クローザのマリアノ・リベラはトレバー・ホフマンに次いでメジャー史上2人目の通算500セーブを達成。デレク・ジーターはルー・ゲーリッグの持つヤンキースの安打記録2721本を更新。2009年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • アルバート・プホルス

    アルバート・プホルスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は開幕戦(シンシナティ・レッズ戦)で5打数4安打2本塁打3打点という最高の滑り出しを見せると、以来続けているオールスターメンバー選出も果たした(結果は2打数ノーヒット)。8月15日のシカゴ・カブス戦でシーズン30号本塁打を放ち、メジャーデビューから10年連続でのシーズン30本塁打以上を達成。その11日後、8月26日のワシントン・ナショナルズ戦で放ったシーズン34号本塁打は、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス、このシーズン途中にシアトル・マリナーズで引退したケン・グリフィー・ジュニアに次ぐMLB史上3番目のスピードでの通算400号本塁打であった。更には9月11日のアトランタ・ブレーブス戦で3打点を記録したことにより、シーズン100打点以上も10年連続での達成となった。最終的にシーズンを打率.312で終了し、10年連続での3割30本100打点の記録達成となった。同時に42本、118打点で本塁打王と打点王の二冠を獲得。115得点、38敬遠は両リーグ1位を記録した。アルバート・プホルス フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    4月2日のオークランド・アスレチックスとの開幕戦に、1番・右翼手で先発出場。第4打席にセンター前へメジャー初安打を放ち、第5打席にはバント安打を記録して2安打1得点の活躍でチームの勝利に貢献するという好スタートを切った。4月11日は敵地オークランドで三塁を狙ったテレンス・ロングを完璧な送球で刺して大きな話題を呼んでいる(後述)。その後も順調に安打を積み重ね、4月から5月にかけて2か月連続でこの年から制定された月間新人MVPを受賞。オールスターゲームではファン投票で337万票を獲得。日本からの68万票を差し引いても両リーグ通じて1位となる得票数で初選出された。オールスターでは先発のランディ・ジョンソンと対戦。内野安打を放ち、盗塁も記録した。7月はキャリアを通じて自己ワースト(当時)となる21打席連続無安打を喫し失速するが、翌月から復調。8月28日には132試合目での200安打に到達。9月8日には1996年にアレックス・ロドリゲスが記録した球団最多安打記録の215安打を更新。再び8月と9月の2か月連続で月間新人MVPを受賞する活躍で、シーズン116勝(メジャータイ記録)でのチームの地区優勝に大きく貢献した。マリナーズのこの活躍は、コミッショナー特別表彰を受けとることになる。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    FAの超目玉であるラミレスが示した希望額は8年1億6000万ドルという破格の金額であった。また、長くプレーしたいと思っていたラミレスは、将来的にDHになることを考えていたためア・リーグのチームを希望していた。これに対しヤンキースを始め複数の球団が獲得の意思を示したが、最終的には、ラミレス自身がプレーしたいインディアンスと、ラミレスの希望額の満額を唯一提示したレッドソックスに絞られた。インディアンスは球団の方針として、一人の選手に対してチームの合計サラリーの29%を超える年俸は支払わないことを決めていた為その範囲で支払える満額をオファーしていたが、ラミレスの希望額には及んでいなかった。結局、悩みぬいた末にラミレスはレッドソックスを選択、会見でレッドソックスのユニフォームに袖を通すと「ヤンキースが勝つのはもう見飽きた」とコメントし、打倒ヤンキースを誓う。このラミレスの契約はアレックス・ロドリゲスの10年2億5200万ドルに次ぐ大型契約であった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    左からデレク・ジーター、ロビンソン・カノー、アレックス・ロドリゲス、ジェイソン・ジアンビ、ランディ・ジョンソン、ホルヘ・ポサダ]]ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • カル・リプケン

    カル・リプケンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    には遊撃手として当時のリーグ新記録となる368塁打を記録し(1996年にアレックス・ロドリゲスが記録更新)、遊撃手としてア・リーグ史上初めて3割・30本塁打・100打点を達成。また、この年のオールスターゲームではMVPとなり、前日に行われたホームランダービーでも優勝している。自身2度目のMVPも受賞した。カル・リプケン フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は「3割30本100打点」「4盗塁」を個人成績での目標に掲げてスタート。膝のリハビリを最優先したために、調整が遅れてしまい、スプリングトレーニングでも序盤は不振が続いたが、故障のため離脱したアレックス・ロドリゲスに替わって4番に座り、4月4日には、新ヤンキー・スタジアムの杮落としに花を添える本塁打を放つ等、4本塁打を放った。開幕戦では4番・指名打者として出場し、7回には恩師である長嶋茂雄の通算444号を超えるNPB・MLB通算445号となる2点本塁打を放った。しかし打撃の調子はなかなか上がらず、5月以降も膝の腫れや太もも痛などの怪我が断続的に発生した。ロドリゲスの復帰後は、打順が5番や7番に下がり、休養を入れながらの指名打者としての起用が続いた。また、2009年は完全に指名打者としての登録になったため、指名打者制のないナ・リーグの本拠地球場(ブッシュ・スタジアム)で行われるオールスターのファン投票にはノミネートされなかった。5月下旬には守備練習を再開。5月27日のテキサス・レンジャーズ戦では、NPB・MLB通算450号となる6号本塁打を含む2打席連続を放った。しかしその後、18打席連続無安打を記録するなど打撃不振が続き、指名打者制が採用されないナ・リーグ本拠地でのインターリーグ(交流戦)では全試合で先発を外れた。交流戦期間中の6月17日には阪神タイガースが松井の獲得に向けた調査を進めていることが明らかになり、松井本人は「ありがたい」とコメントし、他にも巨人やオリックス、さらには独立リーグの石川ミリオンスターズが松井の獲得に意欲を見せていると報じられたが、「それと日本に戻るという話は別問題」と語り、メジャーで現役生活を最後までやり抜くことを強調した。7月20日のオリオールズ戦では、2003年以来6年ぶり2本目のサヨナラ本塁打を放ち、7月は打率.293、5本塁打、OPS.967と好調を続けたが、直後から13打席連続無安打に陥った。8月13日のマリナーズ戦では2本塁打を含む4安打5打点と爆発したが、直後に左ひざの状態が悪化してシーズン初の連続欠場となった。しかし復帰後の8月21日のレッドソックス戦にて3点本塁打を2本放つなどして自己最高の一試合7打点を記録。2日後のレッドソックス戦でも2本塁打を放つ活躍を見せた。こうして8月は中旬から比較的好調を維持して打率.281、8本塁打、25打点、OPS.918という成績を残し、勝負強い打撃を見せた選手に贈られる「クラッチ・パフォーマー賞」を贈られた。9月19日のマリナーズ戦で26号本塁打を放ち、ドン・ベイラーを抜いて指名打者での年間最多本塁打の球団記録を更新。メジャー移籍後2番目に多い28本塁打を放ち、チーム3位の90打点を叩き出す勝負強さで3年ぶりの地区優勝に貢献した。レギュラーシーズン全日程終了後、「明らかに打率が低いのは反省点。(28本塁打は)よくも悪くもない」と総括した。また、4年ぶりに1度も故障者リストに入らなかったことを喜んだ。米国のスポーツ専門誌「スポーティング・ニューズ」が選定するア・リーグ・オールスターメンバーにも指名打者部門で選出された。ポストシーズンには主として「5番・指名打者」として出場。ミネソタ・ツインズとのディビジョンシリーズ第1戦では、試合を決定付ける2点本塁打を放った。ロサンゼルス・エンゼルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは初戦で2打点と活躍したものの、第4戦・6戦では無安打とやや調子を落とし、打順も6番に下がったが、チームは4勝2敗でエンゼルスを下し、メジャー1年目の2003年以来6年ぶりにワールドシリーズへと駒を進めた。迎えた前年の覇者フィラデルフィア・フィリーズとのワールドシリーズでは5番に復帰し、持ち前の勝負強さを存分に発揮した。初戦は1安打のみに終ったが、第2戦では1-1の同点で迎えた6回裏に、ペドロ・マルティネスから決勝本塁打を放った。フィリーズの本拠地シチズンズ・バンク・パークで行われた第3〜5戦は、指名打者が使えないため代打での出場となった。第3戦では2試合連続となる本塁打を放ち、第5戦でも左前打を放つなど、わずかな出番ながらも結果を出した。ヤンキースの3勝2敗で本拠地に戻った第6戦では先発に復帰し、2回にペドロ・マルティネスから先制の2点本塁打を放つと、3回には中前適時打、5回にも右中間を破る適時二塁打で2打点ずつを加え、ワールドシリーズ・タイ記録となる1試合6打点をマークし、スタジアムのファンからは「MVP!」の大歓声が沸き起こった。9年ぶりの世界一に貢献し、13打数8安打3本塁打8打点、打率.615、OPS2.027で日本人選手初、フルタイムの指名打者としても初めてとなるワールドシリーズMVPに選出された。また、「日本シリーズMVPとワールドシリーズMVPを共に受賞した初の選手」となった。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • バイオジェネシス・スキャンダル

    バイオジェネシス・スキャンダルから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    バイオジェネシス・スキャンダル(Biogenesis scandal)は、主にメジャーリーグベースボール(MLB)の薬物スキャンダルであり、プロボクサーのユリオルキス・ガンボアも疑惑が浮上した。1月にヒト成長ホルモン(HGH)などの禁止薬物を購入していた事が判明した。同年7月22日にミルウォーキー・ブルワーズのライアン・ブラウンに65試合、8月5日にニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスに211試合とその他12人の選手に50試合の出場停止処分が科された。バイオジェネシス・スキャンダル フレッシュアイペディアより)

  • ダラス・ブレイデン

    ダラス・ブレイデンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は、4月6日の開幕2戦目でシーズン初登板。この年、ブレイデンはふたつの出来事で注目を集める。ひとつは、4月22日のニューヨーク・ヤンキース戦でアレックス・ロドリゲスのある行為に対して「不文律を守れ」と怒りを露わにしたこと、もうひとつは5月9日のタンパベイ・レイズ戦でMLB史上19人目の完全試合を達成したことである。ブレイデンは「完全試合を達成したことで、ファンや野球界のみんなが僕について語るとき、何かネガティブなことではなく、ポジティブなことを話してくれるようになったのはたしかだね」と話す。ダラス・ブレイデン フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のメジャーリーグベースボール

    2014年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1月12日 - MLB機構は前年、薬物規定違反で211試合出場停止処分を科したニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスからの異議申し立てで、仲裁人が今季全162試合とポストシーズンの出場停止の裁定をくだしたことを発表。ロドリゲスは停止処分が科せられてからも異議申し立てを行い、試合出場を続けていた2014年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
169件中 1 - 10件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手