169件中 91 - 100件表示
  • ギル・メッシュ

    ギル・メッシュから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    高校卒業時の6月4日、MLBドラフト1巡目(全体22位)でシアトル・マリナーズから指名され入団し、7月6日に20歳でメジャーデビュー。マリナーズの球団史上アレックス・ロドリゲスの18歳に次ぐ2番目の若さでのデビューとなった。1年目は16試合に登板し、8勝4敗、防御率4.73という成績を残した。ギル・メッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ダグ・ミントケイビッチ

    ダグ・ミントケイビッチから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    8歳 - 9歳頃まではアイスホッケーばかりしていたが、オハイオ州からフロリダ州へ引っ越した後は本人曰く「アイスホッケーをする場所がなかった」ので野球に打ち込む。同州マイアミのWestminster Christian High School ではアレックス・ロドリゲスとチームメイトになる。2人は親友となり、ロドリゲスがミントケイビッチの家に来て庭で一緒に練習したこともあったという。フロリダ州立大学に進学後、にMLBドラフトでミネソタ・ツインズから5巡目(全体128位)指名され、入団する。ダグ・ミントケイビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・フォックス

    ジミー・フォックスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    生み出された534本塁打は歴代14位。30代半ば以降アルコールに溺れなければベーブ・ルースの通算本塁打記録を抜いていたとも言われる。実際、2007年8月4日にアレックス・ロドリゲスに抜かれるまで通算500本塁打の史上最年少記録を持っていた。ジミー・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・アローヨ

    ブロンソン・アローヨから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にメジャーで先発ローテーションに定着し、自身初の2桁勝利(10勝)を挙げた。7月24日に投球をアレックス・ロドリゲスに当てて乱闘騒ぎになるなど、この年は両リーグ最多の20個の死球を与えてしまった。この因縁もあって、10月19日のリーグチャンピオンシップシリーズ第6戦、ロドリゲスが打った投手ゴロでアローヨがロドリゲスにタッチしようとすると、ロドリゲスはそのグラブを手で払いのけ、ボールが転々とする間に三塁ランナーのデレク・ジーターがホームインしたように思えたが、直後に守備妨害が宣告され、ロドリゲスはアウトになった。第3戦ではアローヨから場外ホームランを打っていたロドリゲスがイライラして起こしたプレーだと思われる。その後のレッドソックスにとって86年ぶりとなるワールドシリーズ優勝にも貢献した。ブロンソン・アローヨ フレッシュアイペディアより)

  • J.P.アレンシビア

    J.P.アレンシビアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    フロリダ州マイアミでキューバ移民3世として生まれる。かつてアレックス・ロドリゲスを輩出したでは、ロドリゲスに並ぶ同校史上最多の通算17本塁打を記録したほか、バスケットボール、アメリカンフットボールでも活躍。のMLBドラフト14巡目(全体513位)でシアトル・マリナーズから指名を受けたが、入団せずにテネシー大学へ進学した。J.P.アレンシビア フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    初回、イチローに先頭打者本塁打を打たれるなど3点のリードを許すアメリカだが、6回にデレク・リーの2ランで同点に追いつく。8回には一時犠牲フライで勝ち越しと思われたがアウトと判定し点を許さなかった。9回にアレックス・ロドリゲスが藤川球児からサヨナラタイムリーを放ち、日本に辛勝した。疑わしい判定が勝利に導いた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レスター (左投手)

    ジョン・レスター (左投手)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    シーズン終了後にアレックス・ロドリゲスとのトレードでマニー・ラミレスとともにテキサス・レンジャーズへ放出されそうになるも、トレードは破談に終わる。ジョン・レスター (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • ドラベース ドラえもん超野球外伝

    ドラベース ドラえもん超野球外伝から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ポジションは遊撃手。アレックス・ロドリゲスがモデル。ドラベース ドラえもん超野球外伝 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・トーマス

    フランク・トーマスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ストライキ明けのは3年連続でオールスターゲームに選出され、前年に続いて先発出場し4回に本塁打を放った。2年連続で全試合出場を果たし、40本塁打・111打点を記録した。は7月11日に左足の疲労骨折で自身初の故障者リスト入りし、連続試合出場が346で途切れたが、アレックス・ロドリゲスに次ぐリーグ2位の打率.349・40本塁打・134打点を記録。は打率.347で自身初の首位打者を獲得。35本塁打・125打点を記録し、7年連続で打率3割・20本塁打・100打点・100得点・100四球を達成し、テッド・ウィリアムズがからにかけて(兵役による3年間の中断を挟む)マークした6年連続のMLB記録を更新した。は29本塁打・109得点・109打点・110四球を記録したが、打率が.265と自己最低に終わった。プライベートでは離婚もあった。フランク・トーマス フレッシュアイペディアより)

  • ブライス・ハーパー

    ブライス・ハーパーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲス、ケン・グリフィー・ジュニアといった高卒全体1位指名のスター選手と比較される逸材である。身長6フィート3インチ(約191cm)・体重215ポンド(約98kg)という恵まれた体格を持ち、左打席から鋭いスイングを繰り出す。アマチュア時代のポジションは主に捕手であり、三塁手や遊撃手を務めることもあった。プロ入り後は打撃と強肩をより生かすために、外野手にコンバートされることになった。ブライス・ハーパー フレッシュアイペディアより)

169件中 91 - 100件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手