128件中 91 - 100件表示
  • エイドリアン・ゴンザレス

    エイドリアン・ゴンザレスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    初め、ベースボール・アメリカ誌の高校生有望株ランキングでゴンザレスは100人中26位にランクインされ、その後打率.645・13本塁打・34打点を記録したことで注目されるようになる。同年のドラフトでは、1巡目全体1位でフロリダ・マーリンズがゴンザレスを指名。過去に高校生野手で全体1位指名を受けた選手には、ケン・グリフィー・ジュニアやチッパー・ジョーンズ、アレックス・ロドリゲスなど後のMVP受賞経験者が並んでおり、当時からゴンザレスがどれほどの高評価を得ていたかがわかる。ゴンザレスは「マネーの心配は一切しなかった。1巡目の、それもトップで指名されたのだから、それだけで十分だった」とマーリンズから提示された条件は度外視し、指名から1日後の6月6日に契約金300万ドルで入団を決めた。エイドリアン・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2月15日 - ニューヨーク・ヤンキースはテキサス・レンジャーズからアレックス・ロドリゲスをアルフォンソ・ソリアーノらとの大型トレードで獲得。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • キャメロン・ディアス

    キャメロン・ディアスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    過去にマット・ディロンやジャレッド・レトとの交際歴がある。2006年まで歌手のジャスティン・ティンバーレイクと交際していたが2007年1月、「ロマンチックな関係を終えた」と破局を発表した。一説によれば、ジャスティンが自身の曲のPV内で女優のスカーレット・ヨハンソンと恋人を演じ、それを見たキャメロンが嫉妬し、破局。その後イギリス人モデルのポール・スカルフォーと交際し、ロンドンで物件を探していたことから一時は結婚かといわれていたが、結局破局に至った。その後メジャーリーガーでニューヨーク・ヤンキースの主砲であるアレックス・ロドリゲスと交際中と報道されたが同年9月の時点で別れている。キャメロン・ディアス フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ判定

    ビデオ判定から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2008年9月3日、トロピカーナ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズ対ニューヨーク・ヤンキース戦で、初めてビデオ判定が適用された。6-3とヤンキースのリードで迎えた9回表二死二塁、アレックス・ロドリゲスがトロイ・パーシバルから放った左翼ポール上部への打球を三塁塁審ブライアン・ランジが本塁打とコール。レイズのジョー・マドン監督が抗議し、二塁塁審を務めていたチャーリー・レリフォード主任審判員がビデオ判定の適用を決めた。違う角度からの複数の映像を検証した結果、打球がポールの内側を通ったことを確認。判定は覆らず本塁打となった。中断時間は2分15秒だった。なお、アレックス・ロドリゲスはこの本塁打で通算549本塁打となり歴代単独12位に浮上した。ビデオ判定 フレッシュアイペディアより)

  • 田澤純一

    田澤純一から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    8月7日、ウェーバー公示となったジョン・スモルツに代わってメジャー初昇格。同日のニューヨーク・ヤンキース戦、延長14回0-0の場面でプルペンに残っていた最後の投手(8番手)としてメジャー初登板。最初に対戦した松井秀喜は中直に打ち取ったが、15回にアレックス・ロドリゲスにサヨナラ本塁打を打たれ敗戦投手となった。松坂大輔ら先発投手に故障者が相次いでいたこともあり、同月11日のデトロイト・タイガース戦でメジャー初先発。5回4安打3失点(自責1)に抑えてメジャー初勝利を挙げ、23歳66日での先発勝利は日本人メジャーリーガー最年少記録となった。同月22日にはヤンキース戦に先発し、6回無失点で2勝目をあげた。しかし、メジャー4度目の先発となった27日のシカゴ・ホワイトソックス戦で9失点と打ち込まれ、30日にロースター枠の都合でマイナー降格。9月1日にセプテンバーコールアップで再昇格したが、4日のホワイトソックス戦でリリーフ登板した際に股関節を痛め、60日故障者リストに掲載されてシーズンを終えた。シーズン通算で登板6試合(うち先発が4)、2勝3敗で防御率7.46、WHIP2.05という成績であった。田澤純一 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    7月27日 - アレックス・ロドリゲス、メジャーリーガー1975年 フレッシュアイペディアより)

  • フォートマイヤーズ

    フォートマイヤーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    シティ・オブ・パームズ・パークで行われた最も記念すべき試合は2004年3月7日のものである。これは前年10月にあったレッドソックスとニューヨーク・ヤンキースとの試合以来初めての対戦であり、10月の試合ではアーロン・ブーンがホームランを打ってレッドソックスのプレイオフを勝ち抜く望みを打ち砕いたものだった。2004年の試合ではブーンに替わったアレックス・ロドリゲス三塁手がヤンキースにとってオフシーズンの注目を浴びた獲得選手だったが、7,304人の観衆から激しいブーイングを受けた。フォートマイヤーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハンリー・ラミレス

    ハンリー・ラミレスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスに次いでメジャーで2番目のオールラウンドプレイヤー」との声もある、屈指の万能選手。守備面では2006年26失策・2007年24失策と荒さが残るものの、守備範囲の広さや強肩も持ち合わせている。打撃・走塁面ではメジャートップクラスの成績を残している。ハンリー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ブラウン (外野手)

    ライアン・ブラウン (外野手)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2月、フロリダ州マイアミのアンチエイジングクリニックを経営する自称医師のアンソニー・ボッシュから禁止薬物を提供を受けていたと報じられた。ブラウンは「異議申立ての際に、専門家に助言を貰うために相談しただけ」と釈明したが、「そのような重大な問題なら、なぜチームドクターを介さず、無資格の人物に相談したのか」という追求を受け、逆に疑惑を深める結果になってしまった。その後、ボッシュの手書きメモにアレックス・ロドリゲス、メルキー・カブレラ、フランシスコ・セルベーリと共にブラウンの名前が発見され、支払った代金と思われる記述を見つかった。ライアン・ブラウン (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    7月8日、アレックス・ロドリゲスがメジャーデビューを果たした。7月12日、ランディ・ジョンソンが2年連続2度目、ケン・グリフィー・ジュニアが5年連続5度目となるMLBオールスターゲーム選出を果たした。シーズン終了後、ケン・グリフィー・ジュニアが球団史上初となる最多本塁打のタイトルを獲得し、5年連続5度目となるゴールドグラブ賞と2年連続3度目となるシルバースラッガー賞を同時受賞した。また、ランディ・ジョンソンが3年連続3度目となる最多奪三振のタイトルを獲得した。この年は49勝63敗という成績でシーズンを終えた。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

128件中 91 - 100件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード