169件中 101 - 110件表示
  • コーディ・ランサム

    コーディ・ランサムから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスが右臀部の手術で開幕が間に合わないため、三塁手で自身初の開幕スタメンを果たした。しかし、4月25日自身も四頭筋を故障しDL入りとなった。8月5日にDFAとなり、同月7日に放出された。しかし、その3日後の10日にヤンキースとマイナー契約を結んだ。内野のユーティリティーとして重宝された。11月9日にFAとなった。コーディ・ランサム フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・デルガド

    カルロス・デルガドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は3年ぶりに打率3割を上回る打率.302、リーグ2位の42本塁打、リーグ1位、球団新記録となる145打点を記録した。9月25日のタンパベイ・デビルレイズ戦では1回にスリーランを放ち、通算300本塁打を達成するとさらに4・6・8回にもソロ本塁打を打ち、大リーグ史上15人目となる1試合4本塁打を達成した。MVPの投票ではアレックス・ロドリゲスに次ぐ2位に入った。カルロス・デルガド フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球選手

    プロ野球選手から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    メジャーリーグの選手は厳しい環境下でプレーしており、成績が伴わなければ契約が更新されず直ちに自由契約、シーズン途中でマイナーリーグに降格、故障で成績が上がらない間にトレードで代わりの選手が入ったら戦力外通告などは日常茶飯事である。またマイナーリーグとメジャーリーグには選手の待遇に大きな差があり、両者の違いを指してマイナーリーグを「ハンバーガー・リーグ」、メジャーリーグを「ステーキ・リーグ」と呼ぶ事もある。ただし選手にとって厳しい面ばかりではなく、逆に球団がどうしても手放したくない貴重な選手と思えば年俸は天井知らずであるし、期待されている選手の獲得合戦の際には数億ドル(数百億円)という大金が動く。アレックス・ロドリゲスは2007年10月にニューヨーク・ヤンキースと10年総額2億7500万ドル、出来高も含めると3億ドルの大型契約を結んだ。選手側も少しでも良い条件を引き出すために、球団と契約交渉を行うための代理人(エージェント)を置くことがある。プロ野球選手 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・デービッドソン

    ボブ・デービッドソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    同年3月16日に行われたメキシコ - アメリカ戦の2回表のアメリカの攻撃、無死一塁でバーノン・ウェルズが左翼方向に飛球を打ち上げた。左翼手が走り込みながらウォーニングトラック前で捕球し、中継の遊撃手へ、遊撃手から一塁手へ送球された。一塁走者のアレックス・ロドリゲスは左翼手の捕球時、二塁付近におり、そこから一塁にスライディングしながら帰塁した。遊撃手はアウトを確信しガッツポーズをしていたが、一塁塁審のデービッドソンはこれをセーフと判定した。このプレイについては、「リプレイのビデオによるとロドリゲスの帰塁よりも一塁手の触球が早かったように見える。判定はアウトではないのか」という意見もある。ボブ・デービッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ブラウン (外野手)

    ライアン・ブラウン (外野手)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1月、バイオジェネシス・スキャンダルが発覚し、フロリダ州マイアミのアンチエイジングクリニックを経営する自称医師のアンソニー・ボッシュから禁止薬物の提供を受けていたと報じられた。ブラウンは「異議申立ての際に、専門家に助言を貰うために相談しただけ」と釈明したが、「そのような重大な問題なら、なぜチームドクターを介さず、無資格の人物に相談したのか」という追求を受け、逆に疑惑を深める結果になってしまった。その後、ボッシュの手書きメモにアレックス・ロドリゲス、メルキー・カブレラ、フランシスコ・セルベーリと共にブラウンの名前が発見され、支払った代金と思われる記述が見つかった。7月22日にこれまで否定していたクリニックからの禁止薬物購入について認めて謝罪し、本来の処分2回目100試合から短縮された、シーズン残り65試合の出場停止処分を受け入れた。2011年にMVPを受賞していたが、その時2位だったマット・ケンプから「MVPは剥奪されるべきだ」と批判された。ライアン・ブラウン (外野手) フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・カイロ

    ミゲル・カイロから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    オフにFAとなり、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍。当初は内野のユーティリティープレイヤーとして期待される。しかし、正三塁手として考えられていたアーロン・ブーンが、トレーニングとして禁止されていたバスケットボールで左膝靭帯断裂の重傷を負い、開幕どころかシーズン中のプレーすら危ぶまれる緊急事態となった。そのため、カイロは三塁手としてプレーすると予想されていた。しかし、テキサス・レンジャーズが、史上最高年俸選手でメジャー屈指のスラッガーであるアレックス・ロドリゲスを放出したがっていることを知ったヤンキースは、アルフォンソ・ソリアーノとの交換でロドリゲスを獲得。ロドリゲスはチームの象徴であるデレク・ジーターと同じ遊撃手であったため、どちらかが二塁手もしくは三塁手にコンバートされると考えられていたが、結局、ロドリゲスが三塁手にコンバートされた。ミゲル・カイロ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のMLBオールスターゲーム

    2007年のMLBオールスターゲームから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ファン投票は4月27日から6月28日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月1日に発表された。総投票数は約1,850万票だった。最多得票は、ナショナルリーグがケン・グリフィー・ジュニア(レッズ)、アメリカンリーグがアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)。地元ジャイアンツからは、バリー・ボンズがただ一人選ばれた。結果は以下の通り。2007年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ファン投票は4月29日から7月2日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月6日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが3,889,602票を獲得したチェイス・アトリー(PHI)、アメリカンリーグが3,934,518票を獲得したアレックス・ロドリゲス(NYY)。デビッド・オルティーズとアルフォンソ・ソリアーノは怪我を理由に出場を辞退している。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・カスティーヨ

    ルイス・カスティーヨから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は打撃で復活の兆しを見せたが守備の衰えは隠せず、6月12日にはヤンキースとのサブウェイシリーズで、1点リードの9回裏二死1,2塁からアレックス・ロドリゲスが打ち上げたセカンドフライを落球して逆転サヨナラ負けを喫し、話題となる。守備防御点は-12、UZRは自己ワーストの-11.2だった。ルイス・カスティーヨ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・チャベス

    エリック・チャベスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2月23日にヤンキースと90万ドルの1年契約で再契約に合意。シーズンでは主に内野のバックアップとして113試合に出場。アレックス・ロドリゲスの離脱中にはスタメン起用されることもあった。オフの10月29日にFAとなった。エリック・チャベス フレッシュアイペディアより)

169件中 101 - 110件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手