169件中 111 - 120件表示
  • サム・ダイソン

    サム・ダイソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    はA+級ダニーデン・ブルージェイズでプロデビュー。A+級ダニーデンでは6試合に登板し、5月にAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツへ昇格。7月5日にブルージェイズとメジャー契約を結び、同日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの7回表2死から登板し、0.1回を無安打無失点に抑えた。2度目の登板となった7月17日のニューヨーク・ヤンキース戦では、3点ビハインドの7回裏から登板。先頭打者から4連続安打を打たれ、四球を挟み、6人目のアレックス・ロドリゲスは二塁ゴロで1死を取ったが、合計3失点を喫し途中降板した。7月19日にAA級ニューハンプシャーへ降格。結局この年は2試合の登板にとどまり、防御率40.50だった。サム・ダイソン フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ヘルナンデス

    オーランド・ヘルナンデスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    投げる際に、左足の膝を肩に届くほど高く上げる独特のフォームが特徴。平均89mph(約143km/h)の速球とカーブ、スライダー、チェンジアップが持ち球であるが、晩年は怪我の影響で球速は落ちていった。どの球種でもストライクを取れる制球力を持ち、打ち気の打者には大きなカーブを使ったり、腕の角度を変えたりして翻弄した。まれに50mph(約80km/h)の山なりの球も投げる(多田野数人がアレックス・ロドリゲスを超スローボールで打ち取った際もどよめく球場の中で1人だけ不敵な笑みを見せている)。守備力は高く、5番目の内野手とも言われていた。オーランド・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • ユリオルキス・ガンボア

    ユリオルキス・ガンボアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2013年1月、ガンボアが生活の拠点にしているマイアミにある「バイオジェネシス」というアンチエイジングのクリニックで、ガンボアが同クリニックからHGH、インスリン様成長因子1(IGF-1)、テストステロン入りクリームなどの禁止ドーピング薬物を購入した際のやり取りが書かれた文書が見つかったことが報じられる。同時にMLBのアレックス・ロドリゲスやライアン・ブラウンなどの有名選手も同クリニックから禁止ドーピング薬物を購入していたことが報じられ、バイオジェネシス・スキャンダルとして大きな注目を集めることになる。その後、MLBは報道があった選手を徹底調査し出場停止などの処分を下した。しかしボクシングにはMLBのような統一機関が存在しないためガンボアを追跡調査する手段がなく、ガンボアが一切調査されることなく試合に出場していることをYahooやスポーツイラストレイテッドの記者は問題であると指摘した。ユリオルキス・ガンボア フレッシュアイペディアより)

  • カール・ヤストレムスキー

    カール・ヤストレムスキーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    40歳を越えても懸命なトレーニングを行うなどして、現役生活は1983年まで、実働23年に及んだ。オールスター出場18回を記録。左翼手としての守備も高く評価され、ゴールドグラブ賞にも7回選出されている。通算成績は3308試合出場(史上2位)、3419安打(史上6位)、452本塁打、1844打点、打率.285、1845四球(史上6位)。引退した1983年当時では、アメリカン・リーグの在籍のみで3000本安打と400本塁打を記録した唯一の選手となる(2017年現在ではカル・リプケンとアレックス・ロドリゲスもこの記録を達成している)。通算安打数のベスト10の選手の中で、1シーズン200安打を1度も達成したことがないのは彼のみである。カール・ヤストレムスキー フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・オズワルト

    ロイ・オズワルトから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    春にアレックス・ロドリゲスのステロイド使用が発覚した際、自らは一切薬物の力には頼っていないことを強調した上で、ロドリゲスを含む薬物使用者を厳しく批判している。薬物使用の疑いが強い元同僚のロジャー・クレメンスなどについて「もし本当に薬物を使っていたことが立証された場合は、全ての記録およびアワード受賞歴は抹消すべき」と話し、同じく薬物を使用しているとされる通算最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズに対しても「自分の中では記録保持者はハンク・アーロンのまま」と語っている。ロイ・オズワルト フレッシュアイペディアより)

  • シェリー・ダンカン

    シェリー・ダンカンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2007年7月20日のタンパベイ・デビルレイズ戦に指名打者としてメジャーデビュー。初安打・初打点を記録すると、翌日の試合では初本塁打、翌々日には2本塁打を放つ。昇格後10試合で5本塁打と、当時通算500号本塁打を前に金縛り状態にあったアレックス・ロドリゲスを尻目にチームを救う活躍をみせた。シェリー・ダンカン フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ロジャース

    アーロン・ロジャースから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アーロン・ロジャース(Aaron Charles Rodgers、1983年12月2日 - )はカリフォルニア州チコ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLのグリーンベイ・パッカーズに所属している。ポジションはQB。あだ名は名がアーロン("A"aron)、ロジャース("Rod"gers)であることからA-Rodである。チームメイトが名付けた。MLBで活躍したアレックス・ロドリゲスと同じあだ名である。2005年のNFLドラフト1巡目全体24番目にグリーンベイ・パッカーズに指名された。カリフォルニア大学時代には数多くの記録を作っており被インターセプト率は1.43%だった。2011年の第45回スーパーボウルでは3本のタッチダウンパスを投げてMVPを獲得した。アーロン・ロジャース フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグベースボールのドーピング問題

    メジャーリーグベースボールのドーピング問題から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2005年3月17日から開かれたステロイド疑惑に関する合衆国下院公聴会には、カンセコ、マグワイア、パルメイロ、カート・シリング、アレックス・ロドリゲス、サミー・ソーサらも召喚された。カンセコは1980年?90年代に自身がステロイドを使用していた事を認めた。パルメイロやソーサが自身の薬物使用を否定した一方で、マグワイアは自身の使用に関する質問に対する返答を拒んだりするなど不審な答弁が目立ち、実質的に黙秘権を行使した。なお、パルメイロは同年8月1日にドーピング検査で陽性となり、10日間の出場停止処分を受けた。パルメイロはなおも意図的な使用は否定し、考えられる原因の一つとして「ミゲル・テハダから受け取ったビタミン剤にステロイドが混入していた」と説明した。そして8月30日を最後に現役を引退した。メジャーリーグベースボールのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・マウアー

    ジョー・マウアーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    限りでツインズとの契約が切れるため去就が注目されていたが、3月21日にツインズと2018年までの8年総額1億8400万ドルで契約を延長した。総額ではアレックス・ロドリゲス(2008年の10年総額2億7500万ドル、2001年の10年総額2億5200万ドル)、デレク・ジーター(10年総額1億8900万ドル)に次ぐ史上4位の大型契約となる。なお、年平均2300万ドルはCC・サバシアと並んで歴代3位タイである。また、捕手としてマイク・ピアッツァが1999年にメッツと結んだ7年総額9100万ドルを大きく上回る最大の契約となり、このためにギネス世界記録に認定された。シーズンでは、テキサス・レンジャーズのジョシュ・ハミルトンがシーズン通じて.350を超える高打率を維持し続けた為、自身4度目の首位打者はならなかったが、リーグ3位となる打率.327を記録し、3年連続で.320以上の打率を記録した。一方、本塁打は9本に減少した。ジョー・マウアー フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ロング (野球)

    ケビン・ロング (野球)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    11月1日にヤンキースの打撃コーチに就任。度のチーム攻撃陣を、得点・打率・本塁打・安打数など、打撃部門のほとんどでMLB1位に導いた。特にホルヘ・ポサダとアレックス・ロドリゲスを前年度の不調から見事復活させた手腕は高く評価された。ケビン・ロング (野球) フレッシュアイペディアより)

169件中 111 - 120件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手