169件中 131 - 140件表示
  • ミゲル・テハダ

    ミゲル・テハダから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、メジャーの遊撃手としてはアレックス・ロドリゲスに次ぐ30本塁打、115打点を記録し、遊撃手としての球団記録を更新。チームは8年ぶりの地区優勝でポストシーズンへ進出したがヤンキースに2勝3敗で敗退。ミゲル・テハダ フレッシュアイペディアより)

  • ルー・ゲーリッグ

    ルー・ゲーリッグから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    通算満塁本塁打23本 - 2013年にアレックス・ロドリゲスによって更新。ルー・ゲーリッグ フレッシュアイペディアより)

  • アダム・ダン

    アダム・ダンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は、開幕から不振でこの年、引退説を地元紙などで報じられダン本人が引退を考えているというようなことを報じられている。しかし、ダン本人は「馬鹿なことを言うなお前ら。俺はまだやるぞお前ら」と引退説を否定し、来季もプレーすると宣言している。シーズン当初はなかなか2割台に打率がのらず、6月頃からようやく調子を取り戻し始めたものの、一度も月間打率.281を超えた月がなかった。シーズン通算ではリーグワーストの.219に終わったものの、本塁打はリーグ4位となる34を記録した。この年、開幕戦で2三振を記録し、12年連続開幕戦三振のMLB新記録。そして、通算三振数がアレックス・ロドリゲスを抜いて歴代単独4位に浮上した。現役通算最多三振数だったジム・トーミが引退したため、通算三振数が現役選手最多となる。5月22日のRソックス戦から5月30日のカブス戦にかけては、7試合連続マルチ三振のメジャー歴代2位タイの記録を作った。さらにタイ記録で並んでいた通算月間打率1割台(月間90打席以上)回数を4月、5月(9月も72打席だが.153)の低打率のため歴代最多を13回に更新した。故障と不振で149試合の出場ながらシーズン通算でリーグワースト3位となる189三振を記録。5度目のシーズン180三振以上は、ライアン・ハワード、マーク・ レイノルズを上回り史上初の記録となった。新記録となる5度目の190三振のかかった最終戦は、監督の温情などで欠場している。また、この年もHOT ZONEでど真ん中のみ.355と高打率であった。アダム・ダン フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ジーター

    デレク・ジーターから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1996年から2003年までの間、年間平均で約111もの三振を喫しており、2番打者としては比較的多かった。ただし、当時としては2番・遊撃というポジションでジーターほどの攻撃力を見せる選手はほとんどいなかった。1990年代後半には、アレックス・ロドリゲス、ノマー・ガルシアパーラと共に3大遊撃手と称された。2009年からは1番打者としての起用が主になった。デレク・ジーター フレッシュアイペディアより)

  • イバン・ロドリゲス

    イバン・ロドリゲスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    には91試合を出場した時点で打率.347・27本塁打・83打点と前年を上回る成績を残していたが、7月24日のエンゼルス戦で、盗塁を刺そうとした際に右手親指を打者のバットに当ててしまい、故障者リスト入りでシーズンを終えることとなった。2001年にはアレックス・ロドリゲスがチームに加入し(I-Rodという愛称は、同じくロドリゲスという姓であるアレックスの愛称A-Rodと共にこの頃つけられた)、リーグ優勝への期待が高まったが、逆にチームは低迷。イバン・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • 2016年のワールドシリーズ

    2016年のワールドシリーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アメリカ合衆国におけるテレビ中継はFOXが放送した。実況はジョー・バックが、解説はジョン・スモルツが、フィールドリポートはケン・ローゼンタールとトム・バードゥッチが、それぞれ務めた。FOXは過去2年の中継では解説者にハロルド・レイノルズとバードゥッチのふたりを起用していたが、今回はバードゥッチをフィールドレポートに配置転換し、元選手の解説者としてレイノルズに代えてスモルツを起用した。スモルツは前年のシリーズにおいて、アメリカ合衆国外向け英語放送の解説を担当していた。また試合前にはケビン・バークハート進行のコーナーがあり、フランク・トーマスやピート・ローズ、アレックス・ロドリゲスらが出演して試合の見所などを語った。FOXがスポンサー企業に販売したCM放送枠の価格は、30秒あたり56万5000ドルと推定されている。2016年のワールドシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハンリー・ラミレス

    ハンリー・ラミレスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    デビュー当時には「アレックス・ロドリゲスに次いでメジャーで2番目のオールラウンドプレイヤー」との声もあった、屈指の万能選手。守備面では2006年26失策・2007年24失策と荒さが残るものの、守備範囲の広さや強肩も持ち合わせている。ハンリー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • ウィンストン・アブレイユ

    ウィンストン・アブレイユから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    のシーズン、トリプルAで自己最高の数字を残していたアブレイユは、8月1日に遂にメジャー初昇格を果たす。そして8月6日、ホームでのニューヨーク・ヤンキース戦で初めてメジャーのマウンドに立った。この時点で29歳、マイナーでの通算登板数は294試合にも上っていた。初めての対戦打者はアレックス・ロドリゲスで、見逃し三振に打ち取った。この年は最初の4試合で6.1回を無失点に抑えるなど力投していたが、その後の3登板で10失点(自責点9)を喫するなど、シーズンでは防御率10.13に終わった。ウィンストン・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • トリー・ウィルソン

    トリー・ウィルソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2012年、MLB のスーパースター選手、アレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース)と交際中。トリー・ウィルソン フレッシュアイペディアより)

  • MLBドラフト全体1位指名選手

    MLBドラフト全体1位指名選手から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    シーズンMVPに選出されたのはジェフ・バロウズとケン・グリフィー・ジュニアとチッパー・ジョーンズとアレックス・ロドリゲスとジョシュ・ハミルトンとジョー・マウアー、ブライス・ハーパーの7選手で、サイ・ヤング賞を受賞したのはデビッド・プライスのみである。MLBドラフト全体1位指名選手 フレッシュアイペディアより)

169件中 131 - 140件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手