169件中 11 - 20件表示
  • マーク・テシェイラ

    マーク・テシェイラから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ヤンキースはこのシーズンの開幕戦をオリオールズの本拠地球場オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズで行うことになっており、ヤンキース入団を選んだテシェイラに対してボルチモアのファンは辛辣な野次を浴びせた。テシェイラは4月の1か月間を打率.200で終える不振に陥る。この時点で出塁率は.367と高く、勝負を避けられる傾向にあった。しかし5月に入ってアレックス・ロドリゲスが故障から復帰し4番打者となると、3番打者のテシェイラが勝負を避けられることはなくなり、同時に打撃も復調。最終的には39本塁打・122打点で本塁打王・打点王の二冠を獲得した。また守備面でもテシェイラの広い守備範囲によって、二塁手ロビンソン・カノが二塁寄りに、遊撃手デレク・ジーターが三塁寄りに、それぞれ動けるようになり、結果としてヤンキースの内野守備が向上することとなった。MVP投票ではジョー・マウアーに次ぐ2位であった。ヤンキースはこの年、新加入のテシェイラやCC・サバシアらの活躍もあり、ワールドシリーズを制覇。[[ファイル:CC Sabathia Mark Teixeira World Series parade 2009.jpg|thumb|ヤンキースの優勝パレード(左はCC・サバシア)]]テシェイラも自身初の世界一となった。マーク・テシェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・カブレラ

    ミゲル・カブレラから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    3月22日に、タイガースと8年総額1億5230万ドルで契約を延長。契約総額ではアレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、マニー・ラミレスに次ぐ高給選手となった。平均年俸ではロドリゲス、ヨハン・サンタナ、ラミレスに次ぐ4位である。シーズン序盤は三塁手として出場を続けていたが、あまりにもエラーが多く、開幕1か月もたたないうちに一塁手のカルロス・ギーエンとコンバートされた。打撃では、4月から6月まで3か月連続で長打率が4割台だったが、7月にプレイヤー・オブ・ザ・マンスに選出されて以降、3ヶ月連続で6割台の長打率を記録。4年ぶりに打率が.300を下回ったものの、自己最多となる37本塁打・127打点を記録。本塁打王争いのライバルであったアレックス・ロドリゲスやカルロス・クエンティンらが故障したこともあって、自身初の打撃タイトルである本塁打王を獲得した。30本台でのアメリカンリーグ最多本塁打は、1989年のフレッド・マグリフ以来19年ぶり。ミゲル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1961年に2代目のワシントン・セネタースとして発足。1972年にテキサス州アーリントンに移転し、テキサス・レンジャーズと改称した。現チーム名は地元テキサス州に今も存在し、北米最古の公安組織として知られるテキサス・レンジャーにちなんで命名された。発足当初から弱小球団としてその歩みを続け、初の地区優勝が創設から36年目(1996年)と、1990年代後半に3度の地区優勝を果たした時期を除いて、ポストシーズンには縁遠く下位に低迷することが多い。1989年から1993年までノーラン・ライアン、2001年から2003年までアレックス・ロドリゲスといったスター選手も在籍したがいずれも優勝には縁がなかった。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • エバン・ロンゴリア

    エバン・ロンゴリアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1985年10月7日にカリフォルニア州ダウニーで生まれる。子供のころ憧れていた選手はアレックス・ロドリゲスだった。高校はセントジョン・ボスコ高等学校へ、大学はリオ・ホンドコミュニティーカレッジへ進学した。1年生の時に素質が開花し、2年生からはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校へ特待生として編入。トロイ・トゥロウィツキーが遊撃手にいたため三塁手へコンバートした。にはMVPを獲得。エバン・ロンゴリア フレッシュアイペディアより)

  • エドガー・マルティネス

    エドガー・マルティネスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    以降は、ケン・グリフィー・ジュニア、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲスらと共に、他球団から怖れられる驚異的なクリーンナップの一角を担った。1996年8月にマリナーズ史上4人目となる通算1000本安打を達成。は開幕から自己最長の17試合連続安打を記録し、オールスターゲームではグレッグ・マダックスから本塁打を放った。アベレージと出塁を持ち味とし、まで4年連続で打率3割・100打点・100四球を記録した。エドガー・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は4月に1本塁打しか放てなかったため、ファンやメディアから長打力欠乏の批判を受け、ステロイド使用をうわさされた。7月、8月の2か月連続で10本塁打を記録するなど復調し、シーズン通算で36本塁打はアレックス・ロドリゲスと共にチーム最多タイとなり、121打点はチーム最多となった。MVPの投票ではブラディミール・ゲレーロに次ぐ自己最高の2位にランクした。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    クライアントには多くの有名メジャーリーガーがおり、アレックス・ロドリゲス、ノマー・ガルシアパーラ、グレッグ・マダックスらが含まれる。契約代行に際してボラスは締結した年俸の5%の手数料を取っている。高額な請求を出す事で既に有名となっているボラスは自身の名前が選手のマーケティングで表面上に出るのを避けるために別会社、インパクト・マーケティングを設立している。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • メルビン・アップトン・ジュニア

    メルビン・アップトン・ジュニアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    在学時の成績は、56試合に出場して打率.645(45四球に対して三振数はわずかに4)、24本塁打、83打点、68盗塁(盗塁死0)。は全米高校2ndチームに(当時は内野手として)選抜され、翌は同代表チームに選抜される。同年6月4日、タンパベイ・デビルレイズから1巡目(全体2位)でMLBドラフト指名を受け、この時は「いずれバリー・ラーキンやデレク・ジーター、アレックス・ロドリゲスと並び称されるであろう」との高評を得た。しかし、アップトンが高額を希望したため交渉は難航。結局、9月16日に460万ドルで契約成立となったが、既にシーズンは閉幕を迎えており、プロ・デビューは翌年春に持ち越しとなった。メルビン・アップトン・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のメジャーリーグベースボール

    2007年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が地元での対カンザスシティ・ロイヤルズ戦で今季36号ホームランを放ち、通算500号ホームランを達成。32歳8日での500号達成は、ジミー・フォックス(ボストン・レッドソックスなど)の持つ32歳338日を抜く史上最年少記録。2007年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・ハミルトン

    ジョシュ・ハミルトンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1999年のMLBドラフト1巡目(全体1位)でタンパベイ・デビルレイズから外野手として指名され、契約金は396万ドルで入団。高校生野手としてのドラフト全米1位指名はアレックス・ロドリゲス以来だった。ジョシュ・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

169件中 11 - 20件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード