128件中 11 - 20件表示
  • ジョシュ・ハミルトン

    ジョシュ・ハミルトンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1999年にドラフト1巡目(全米1位)でタンパベイ・デビルレイズに外野手として指名され、契約金は396万ドルで入団。高校生野手としてのドラフト全米1位指名はアレックス・ロドリゲス以来だった。にはUSAトゥデイ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞を受賞。ジョシュ・ハミルトン フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    クライアントには多くの有名メジャーリーガーがおり、アレックス・ロドリゲス、ノマー・ガルシアパーラ、グレッグ・マダックスらが含まれる。契約代行に際してボラスは締結した年俸の5%の手数料を取っている。高額な請求を出す事で既に有名となっているボラスは自身の名前が選手のマーケティングで表面上に出るのを避けるために別会社、インパクト・マーケティングを設立している。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手が地元での対ロイヤルズ戦で今季36号ホームランを放ち、通算500号ホームランを達成。32歳8日での500号達成は、ジミー・フォックス(レッドソックスなど)の持つ32歳338日を抜く史上最年少記録。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • ケン・グリフィー・ジュニア

    ケン・グリフィー・ジュニアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    いたずらっ子のようなルックスと気さくな性格で地元シアトルでは絶大な人気を誇る。ホワイトソックス在籍中の2008年後半にESPNが実施した「マリナーズの歴史上で最も偉大な選手は誰?」というアンケート調査においては、2位のエドガー・マルティネス、3位のイチロー、4位のアレックス・ロドリゲス、5位のランディ・ジョンソンらに圧倒的な差を付けて1位に選出された。マリナーズのアームストロング球団社長は、グリフィーの引退の際、「セーフコ・フィールドはグリフィーが建てた家だ。彼は真の意味でこの球団の魂であり、彼の貢献がなければこの球場やチームそのものが存在しなかったのではないか」と語っている。ケン・グリフィー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・ヤンキース

    ニューヨーク・ヤンキースから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    左からデレク・ジーター、ロビンソン・カノー、アレックス・ロドリゲス、ジェイソン・ジアンビ、ランディ・ジョンソン、ホルヘ・ポサダ]]ニューヨーク・ヤンキース フレッシュアイペディアより)

  • メルキー・メイサ

    メルキー・メイサから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    そんなメイサがはじめてメジャーリーグでの出場機会が得られたのは9月22日のオークランド・アスレチックス戦における延長14回裏でのことであった。試合は13回表にアスレチックスが一挙4得点したが、13回裏にイチロー、アレックス・ロドリゲス、ロビンソン・カノの三連打で無死満塁、そこからワイルドピッチとエドゥアルド・ヌニェスの犠牲フライ、更にはラウル・イバニェスの2点本塁打で同点に追いついていた。メルキー・メイサ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・テシェイラ

    マーク・テシェイラから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ヤンキースはこのシーズンの開幕戦をオリオールズの本拠地球場オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズで行うことになっており、ヤンキース入団を選んだテシェイラに対してボルチモアのファンは辛辣な野次を浴びせた。テシェイラは4月の1か月間を打率.200で終える不振に陥る。この時点で出塁率は.367と高く、勝負を避けられる傾向にあった。しかし5月に入ってアレックス・ロドリゲスが故障から復帰し4番打者となると、3番打者のテシェイラが勝負を避けられることはなくなり、同時に打撃も復調。最終的には39本塁打・122打点で本塁打王・打点王の二冠を獲得した。また守備面でもテシェイラの広い守備範囲によって、二塁手ロビンソン・カノが二塁寄りに、遊撃手デレク・ジーターが三塁寄りに、それぞれ動けるようになり、結果としてヤンキースの内野守備が向上することとなった。ヤンキースはこの年、新加入のテシェイラやCC・サバシアらの活躍もあり、ワールドシリーズを制覇。[[ファイル:CC Sabathia Mark Teixeira World Series parade 2009.jpg|thumb|ヤンキースの優勝パレード(左はCC・サバシア)]]テシェイラも自身初の世界一となった。マーク・テシェイラ フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンソ・ソリアーノ

    アルフォンソ・ソリアーノから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、リーグ1位となる128得点、209安打、41盗塁を記録し、球団新記録となる打数696、157三振を記録した。本塁打が39と40本塁打に1本足りず40-40クラブ入りを逃した。MVP投票ではミゲル・テハダ、アレックス・ロドリゲスに次ぐ3位に入った。アルフォンソ・ソリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ア・リーグ屈指の名門チームだが、ベーブ・ルースに呪いをかけられたようだとして、いつしかベーブ・ルースの愛称「バンビーノ」から「バンビーノの呪い」(w:Curse of the Bambino)と呼ばれるようになった。86年もの長きに及んだこの「呪い」も2004年のワールドシリーズ制覇により解かれることとなった。2005年シーズン開幕戦、ヤンキースタジアムで「バンビーノの呪いは解けたのではなく、86年に一度しか優勝できなくなるものだ」と皮肉り、ヤンキースファンによって“2004+86=2090”(次の優勝は2090年以後だ)と書かれたプラカードが見受けられた。しかし、3年後の2007年にナ・リーグ優勝チームのコロラド・ロッキーズと対戦し、4連勝でワールドシリーズを制覇したことから、「バンビーノの呪い」が完全にとかれた事を証明する形となった。対するボストンはヤンキースが球界最高年俸のアレックス・ロドリゲスを擁してワールドシリーズを全く制覇できないことから「Aロッドの呪い」として揶揄する。(しかし2009年にワールドチャンピオンになり、ロドリゲス自身も大活躍した貢献により、この呪いが解けた。)ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1961年に2代目のワシントン・セネタースとして発足。1972年にテキサス州アーリントンに移転し、テキサス・レンジャーズと改称した。現チーム名は地元テキサス州に今も存在し、北米最古の公安組織として知られるテキサス・レンジャーにちなんで命名された。発足当初から弱小球団としてその歩みを続け、初の地区優勝が創設から36年目(1996年)と、1990年代後半に3度の地区優勝を果たした時期を除いて、ポストシーズンには縁遠く下位に低迷することが多い。1989年から1993年までノーラン・ライアン、2001年から2003年までアレックス・ロドリゲスといったスター選手も在籍したがいずれも優勝には縁がなかった。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

128件中 11 - 20件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード