169件中 21 - 30件表示
  • 2017年のメジャーリーグベースボール

    2017年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ロサンゼルス・エンゼルスのマイク・トラウトがデトロイト・タイガース戦で通算150盗塁を達成し、史上最年少となる25歳280日で150本塁打・150盗塁を達成(従来の記録はアレックス・ロドリゲスの26歳54日)。2017年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2002年にセオ・エプスタインが史上最年少となる28歳でGMに就任し、2003年のアメリカンリーグチャンピオンシップ敗退後、積極的な戦力補強を進めた。ヤンキースとのチャンピオンシップ第7戦における継投ミスを問われ、グレイディ・リトル監督が解雇され、元フィラデルフィア・フィリーズ監督のテリー・フランコーナ監督が就任する。アリゾナ・ダイヤモンドバックスからトレードでカート・シリング投手を獲得し、フリーエージェントでオークランド・アスレチックスのクローザーだったキース・フォーク投手を獲得する。また、マニー・ラミレス外野手を放出し、テキサス・レンジャーズのアレックス・ロドリゲス遊撃手を獲得する計画も進んでいたが、このトレードは選手会の反発を受け、不成立に終わる(その後ヤンキースがロドリゲスをアルフォンソ・ソリアーノ二塁手らとの交換で獲得した。)。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンソ・ソリアーノ

    アルフォンソ・ソリアーノから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、リーグ1位となる128得点、209安打、41盗塁を記録し、球団新記録となる打数696、157三振を記録した。本塁打が39と40本塁打に1本足りず40-40クラブ入りを逃した。MVP投票ではミゲル・テハダ、アレックス・ロドリゲスに次ぐ3位に入った。アルフォンソ・ソリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • ケン・グリフィー・ジュニア

    ケン・グリフィー・ジュニアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    いたずらっ子のようなルックスと気さくな性格で地元シアトルでは絶大な人気を誇る。ホワイトソックス在籍中の2008年後半にESPNが実施した「マリナーズの歴史上で最も偉大な選手は誰?」というアンケート調査においては、2位のエドガー・マルティネス、3位のイチロー、4位のアレックス・ロドリゲス、5位のランディ・ジョンソンらに圧倒的な差を付けて1位に選出された。マリナーズの球団社長は、グリフィーの引退の際、「セーフコ・フィールドはグリフィーが建てた家だ。彼は真の意味でこの球団の魂であり、彼の貢献がなければこの球場やチームそのものが存在しなかったのではないか」と語っている。ケン・グリフィー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • マイク・トラウト

    マイク・トラウトから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    4月17日のヒューストン・アストロズ戦でロベルト・ヘルナンデスから通算100本塁打を記録し、史上最年少となる23歳253日で100本塁打・100盗塁を達成した(従来の記録はアレックス・ロドリゲスの23歳309日)。前半戦を打率.312、26本塁打、55打点、OPS1.019という好成績により7月14日に行われたオールスターゲームに4年連続で出場し、ナ・リーグの先発のザック・グレインキーから先頭打者本塁打を放ち、3打数1安打(本塁打1本)で2年連続のMVPを獲得し、史上初の二年連続のMVPを受賞した選手となった。後半戦は、8月の月間成績が打率.218、1本塁打、7打点と絶不調の時期が影響して前半戦に比べやや打撃成績が落ちたが、9月17日の対ミネソタ・ツインズ戦にて3打数2安打2本塁打5打点の結果を残し、この日の2本塁打でシーズン38号として前年の自己記録 (36本) を更新。そして同月9月22日の対ヒューストン・アストロズ戦で本塁打を記録したが、これはトラウトにとって2015年シーズン40本目のアーチであり、自身初のシーズン40本塁打以上となった。チームは最終戦のテキサス・レンジャーズ戦で敗戦し、自身二度目のポストシーズン進出は叶わなかった。シーズン成績は打率.299と3割を超えることができなかったが、出塁率は.402とリーグ2位の高出塁率を記録して本塁打も41本と数を昨年よりも増やした。打点に関しては敬遠数14というリーグ3位タイの数字の他、勝負されない場面が多かったため90打点にとどまった。実際にトラウトがチャンスに弱かったために打点が伸びなかったわけではないという事は、得点圏で.352・OPS1.201と非常によく打ち、30四球に対して26三振に留めている事からも裏付けられる。マイク・トラウト フレッシュアイペディアより)

  • A-ROD

    A-RODから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A-ROD フレッシュアイペディアより)

  • A-rod

    A-rodから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A-rod フレッシュアイペディアより)

  • Arod

    Arodから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    Arod フレッシュアイペディアより)

  • A・ロッド

    A・ロッドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A・ロッド フレッシュアイペディアより)

  • Aロッド

    Aロッドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    Aロッド フレッシュアイペディアより)

169件中 21 - 30件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手