128件中 21 - 30件表示
  • バリー・ボンズ

    バリー・ボンズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1996年シーズン、ボンズは42本塁打、40盗塁を記録し、ナショナルリーグ初、当時メジャーリーグ史上2人目の40本塁打40盗塁を達成した。他の達成者には、ホセ・カンセコ(1988年に達成)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)がいる。父ボビーは1973年に39本塁打、43盗塁を記録するも本塁打が1本及ばなかった。また打率.308と129打点、151四球を記録、四球数は当時のナリーグ記録であった。さらにこの年、4月27日のフロリダ・マーリンズ戦でジョン・バーケットから通算300号、301号となる本塁打を放ち、ウィリー・メイズ、アンドレ・ドーソン、父であるボビー・ボンズに次ぐ当時史上4人目となる通算300本塁打300盗塁も記録するなど充実したシーズンを送ったものの、MVP投票では5位に終わった。バリー・ボンズ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・シェフィールド

    ゲイリー・シェフィールドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は4月に1本塁打しか放てなかったため、ファンやメディアから長打力欠乏の批判を受け、ステロイド使用をうわさされた。7月、8月の2か月連続で10本塁打を記録するなど復調し、シーズン通算で36本塁打はアレックス・ロドリゲスと共にチーム最多タイとなり、121打点はチーム最多となった。MVPの投票ではブラディミール・ゲレーロに次ぐ自己最高の2位にランクした。ゲイリー・シェフィールド フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・カブレラ

    ミゲル・カブレラから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2003年のワールドシリーズ優勝以降、主力選手を多く放出して年俸総額の削減を図っていたマーリンズは2007年12月4日、主砲のカブレラとエースのドントレル・ウィリスを若手6選手とのトレードでタイガースへ放出した。3月22日に、タイガースと8年総額1億5,230万ドルで契約を延長。契約総額ではアレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、マニー・ラミレスに次ぐ高給選手となった。平均年俸ではロドリゲス、ヨハン・サンタナ、ラミレスに次ぐ4位である。ミゲル・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • マニー・ラミレス

    マニー・ラミレスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    FAの超目玉であるラミレスが示した希望額は8年1億6000万ドルという破格の金額であった。また、長くプレーしたいと思っていたラミレスは、将来的にDHになることを考えていたためア・リーグのチームを希望していた。これに対しヤンキースを始め複数の球団が獲得の意思を示したが、最終的には、ラミレス自身がプレーしたいインディアンスと、ラミレスの希望額の満額を唯一提示したレッドソックスに絞られた。インディアンスは球団の方針として、一人の選手に対してチームの合計サラリーの29%を超える年俸は支払わないことを決めていた為その範囲で支払える満額をオファーしていたが、ラミレスの希望額には及んでいなかった。結局、悩みぬいた末にラミレスはレッドソックスを選択、会見でレッドソックスのユニフォームに袖を通すと「ヤンキースが勝つのはもう見飽きた」とコメントし、打倒ヤンキースを誓う。これ程のラミレスの契約はアレックス・ロドリゲスの10年2億5200万ドルに次ぐ大型契約であった。マニー・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • A-Rod

    A-Rodから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A-Rod フレッシュアイペディアより)

  • A-ROD

    A-RODから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A-ROD フレッシュアイペディアより)

  • A-rod

    A-rodから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A-rod フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・サルディーニャ

    ブロンソン・サルディーニャから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ホノルルのカメハメハ高校時代からアレックス・ロドリゲスがあこがれの選手だった。高校卒業時の、ヤンキースからドラフト1巡目(全体34番目)で指名され契約。当初はマイナーリーグで遊撃手・三塁手をしていたがエラーが多くライトにコンバートされた。ブロンソン・サルディーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ダン・ウィルソン

    ダン・ウィルソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、ニューヨーク・メッツにドラフト26巡目で指名されるが、ミネソタ大学在学中だったウィルソンはそれを蹴り、、シンシナティ・レッズにドラフト1巡目(全体で7番目の評価)で入団、9月7日にメジャーデビューを果たした。のシーズン終了後、ブレット・ブーンとエリック・ハンソンとの交換トレードでボビー・アヤラと共にシアトル・マリナーズに移籍した。4月11日に1試合3本のホームランを記録し、その年のオールスターには当時のチームメイトであったケン・グリフィー・ジュニア、エドガー・マルティネス、ジェイ・ビューナー、アレックス・ロドリゲス、ランディ・ジョンソンと共に選出された。長年、マリナーズの正捕手をつとめ、に引退した。通算犠打数85と、捕手としてのシーズン打率.295はマリナーズの球団記録である。ダン・ウィルソン フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ブーン

    アーロン・ブーンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    しかし翌2004年2月、ヤンキースとの契約に違反してバスケットボールをして遊んでいる最中、左膝の靭帯を断裂して即刻解雇された(その後ヤンキースはテキサス・レンジャーズからアレックス・ロドリゲスを獲得することになる。もしもアーロン・ブーンがバスケットをしていなければ、アレックス・ロドリゲスのヤンキース入団はなかったとも言われる。)。アーロン・ブーン フレッシュアイペディアより)

128件中 21 - 30件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード