128件中 31 - 40件表示
  • Arod

    Arodから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    Arod フレッシュアイペディアより)

  • A・ロッド

    A・ロッドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    A・ロッド フレッシュアイペディアより)

  • Aロッド

    Aロッドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    Aロッド フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・ドライフォート

    ダレン・ドライフォートから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1990年のMLBドラフトでニューヨーク・メッツから11巡目で指名されたが、契約せずにウィチタ州立大学へ進学。にゴールデンスパイク賞を受賞し、同年6月に行われたドラフトでロサンゼルス・ドジャースからアレックス・ロドリゲスに次ぐ全体2位で指名され入団。ベースボール・アメリカ誌の1994年版の有望株ランキングでドライフォートは、ドジャース傘下で最高の評価を受けた。ダレン・ドライフォート フレッシュアイペディアより)

  • ギル・メッシュ

    ギル・メッシュから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    高校卒業時の6月4日、シアトル・マリナーズからドラフト1巡目(全体22番目)で指名され入団し、7月6日に20歳でメジャーデビュー。マリナーズの球団史上アレックス・ロドリゲスの18歳に次ぐ2番目の若さでのデビューとなった。1年目は16試合に登板し、8勝4敗、防御率4.73という成績を残した。ギル・メッシュ フレッシュアイペディアより)

  • デイブ・ニーハウス

    デイブ・ニーハウスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    マリナーズ在籍の頃のアレックス・ロドリゲスに、"A-Rod"のニックネームをつけたのもニーハウスである。デイブ・ニーハウス フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース / 三塁手):両親がドミニカ共和国人で、自身はアメリカ合衆国で生まれたため、両国それぞれの出場資格を満たしている。前回大会には米国代表として出場したが、今大会はドミニカ共和国代表を選択。2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    初回、イチローに先頭打者本塁打を打たれるなど3点のリードを許すアメリカだが、6回にデレク・リーの2ランで同点に追いつく。9回にアレックス・ロドリゲスが藤川球児からサヨナラタイムリーを放ち、日本に辛勝した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・ベインズ

    ハロルド・ベインズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    指名打者としての出場試合1,652はメジャーリーグ記録である。メジャー歴代50位(終了時点)の通算384本塁打を打っているが、シーズン30本塁打を打ったことのない選手の中では歴代2位である。通算1,628打点はメジャー歴代26位だが、22シーズンずっとア・リーグのチーム所属だったため、ア・リーグ歴代に限定すると第11位である(順位はいずれも2006年終了時点)。ただし、7月末時点ですでにフランク・トーマスに抜かれており、順調なら1 - 2年内にマニー・ラミレス、アレックス・ロドリゲスも追い抜く。ハロルド・ベインズ フレッシュアイペディアより)

  • ロニー・ベリアード

    ロニー・ベリアードから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アメリカ出身ながら、2006年のワールド・ベースボール・クラシックでは、ドミニカ代表として出場しているが、これはアレックス・ロドリゲスなどと同じく、ドミニカ系アメリカ人だからである。ロニー・ベリアード フレッシュアイペディアより)

128件中 31 - 40件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード