169件中 41 - 50件表示
  • カルロス・ギーエン

    カルロス・ギーエンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にテキサス・レンジャーズへ移籍したアレックス・ロドリゲスの後釜に抜擢、遊撃手としてレギュラー定着を果たすが、十分な活躍には至らなかった。カルロス・ギーエン フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アメリカ合衆国とドミニカ共和国の二重国籍であるアレックス・ロドリゲスが同国代表を辞退後、アメリカ合衆国代表入りした事で物議を醸した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表 フレッシュアイペディアより)

  • ダコタ・ハウス

    ダコタ・ハウスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    なお、ダコタ・ハウスの役員会による入居審査基準は、ニューヨークで最も厳しいとされ、単に資産や収入が多いだけでは入居できない。今までにビリー・ジョエル、シェール、メラニー・グリフィス、マドンナ、カーリー・サイモン、アレックス・ロドリゲス、ジャド・アパトー、ティア・レオーニなどが入居を拒否されている。また、20年近くすでに入居者であった黒人の投資家がもう一戸を買い足そうとししたところ、役員会に拒否されたため、人種差別的であるとして訴訟を起こした。ダコタ・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • メルキー・メイサ

    メルキー・メイサから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にはAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースに昇格した。9月10日にセプテンバーコールアップにより自身初のメジャー昇格を成し遂げた。9月22日のオークランド・アスレチックス戦における延長14回裏、9-9の同点のまま迎えた延長14回裏、9番のエリック・チャベスが一塁に出塁し、代走にメイサが起用され、メジャーデビューを果たした。1番のデレク・ジーターが送りバントし、メイサは二塁へ。好調を維持していた2番のイチローが敬遠され、3番のアレックス・ロドリゲスがセンター前へヒットを打ち、ヤンキースの劇的なサヨナラ勝ちになると思われた。しかし、メイサが三塁を踏み忘れてオーバーランしてしまい、それに気づいたメイサは慌てて三塁に戻った。アウトにこそならなかったが自身メジャー初得点の機会を失い、更にはサヨナラのホームインを逸したことになる。その後、ロビンソン・カノのピッチャーゴロでメイサは本塁でフォースアウトとなり、苦いメジャーデビュー戦となったが、その後エドゥアルド・ヌニェスのボールを相手一塁手がファンブルし、イチローのホームインでヤンキースが勝利。「戦犯」にはならずに済んだ。10月1日に再び出場機会が周りアンドリュー・ベイリーから初安打・初打点を記録した。同年の出場はこれと10月3日の合計3回であった。メルキー・メイサ フレッシュアイペディアより)

  • レイソン・セプティモ

    レイソン・セプティモから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    7月28日、メジャーに昇格し、翌29日にはニューヨーク・ヤンキース戦の9回に登板すると、アレックス・ロドリゲスとロビンソン・カノから三振を奪った。レイソン・セプティモ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のメジャーリーグベースボール

    2010年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    8月4日、アレックス・ロドリゲス(NYY)がトロント・ブルージェイズ戦で史上7人目の通算600本塁打を達成。35歳と8日での達成は史上最年少。2010年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ブロンソン・サルディーニャ

    ブロンソン・サルディーニャから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ホノルルのカメハメハ高校時代からアレックス・ロドリゲスがあこがれの選手だった。高校卒業時の、ヤンキースからドラフト1巡目(全体34番目)で指名され契約。当初はマイナーリーグで遊撃手・三塁手をしていたがエラーが多くライトにコンバートされた。ブロンソン・サルディーニャ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のメジャーリーグベースボール

    2008年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    9月3日 - タンパベイ・レイズ対ニューヨーク・ヤンキース戦で9回2死二塁でのアレックス・ロドリゲスの左翼ポール際での一度は本塁打とされた判定で、メジャーリーグ史上初のビデオ判定が適用されるが、判定は覆らず本塁打と確認された。2008年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ダリエル・イノホサ

    ダリエル・イノホサから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    4月29日にメジャー昇格を果たし、5月3日のニューヨーク・ヤンキース戦で8回一死から5番手としてメジャーデビュー。先頭のアレックス・ロドリゲスを三振に仕留め、3四死球を出しながらも1.2回を無失点で切り抜けた。翌4日にマイナー・オプションでAAA級ポータケットに降格し、その後は昇格がないまま7月10日にDFAとなった。ダリエル・イノホサ フレッシュアイペディアより)

  • タコマ・レイニアーズ

    タコマ・レイニアーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、シアトル・マリナーズと提携し、現在の「タコマ・レイニアーズ」に改名。チーム名は以前シアトルに存在した同名のチームから由来する。この年はまだ若手だったアレックス・ロドリゲスがプレーした。タコマ・レイニアーズ フレッシュアイペディアより)

169件中 41 - 50件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手