128件中 41 - 50件表示
  • ボブ・デービッドソン

    ボブ・デービッドソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    同年3月16日に行われたメキシコ - アメリカ戦の2回表のアメリカの攻撃、無死一塁でバーノン・ウェルズが左翼方向に飛球を打ち上げた。左翼手が走り込みながらウォーニングトラック前で捕球し、中継の遊撃手へ、遊撃手から一塁手へ送球された。一塁走者のアレックス・ロドリゲスは左翼手の捕球時、二塁付近におり、そこから一塁にスライディングしながら帰塁した。遊撃手はアウトを確信しガッツポーズをしていたが、一塁塁審のデービッドソンはこれをセーフと判定した。このプレイについては、「リプレイのビデオによるとロドリゲスの帰塁よりも一塁手の触球が早かったように見える。判定はアウトではないのか」という意見もある。ボブ・デービッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アメリカ合衆国とドミニカ共和国の二重国籍であるアレックス・ロドリゲスが同国代表を辞退後、米国代表入りした事で物議を醸した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスは大会直前に怪我が発覚し、辞退。2009 ワールド・ベースボール・クラシック・ドミニカ共和国代表 フレッシュアイペディアより)

  • マグリオ・オルドニェス

    マグリオ・オルドニェスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    過去タイガースでこの年のオルドニェスを上回る打撃成績を残したのは1961年のノーム・キャッシュだけであるが、その年のアリーグMVPは61本塁打を放ったニューヨーク・ヤンキースのロジャー・マリスに与えられた。皮肉にも2007年のアリーグMVPもまたヤンキースのアレックス・ロドリゲスが受賞した。マグリオ・オルドニェス フレッシュアイペディアより)

  • ダグ・ミントケイビッチ

    ダグ・ミントケイビッチから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    8歳 - 9歳頃まではアイスホッケーばかりしていたが、オハイオ州からフロリダ州へ引っ越した後は本人曰く「アイスホッケーをする場所がなかった」ので野球に打ち込む。同州マイアミのWestminster Christian High School ではアレックス・ロドリゲスとチームメイトになる。2人は親友となり、ロドリゲスがミントケイビッチの家に来て庭で一緒に練習したこともあったという。フロリダ州立大学に進学後、にドラフト5巡目(全体128位)でミネソタ・ツインズから指名され入団する。ダグ・ミントケイビッチ フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ヒューズ

    フィル・ヒューズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    最初はルーキーリーグのガルフコースト・リーグで投げた。翌年の2005年にはシングルAの2球団で投げ、防御率2.19、9勝1敗の成績を残した。あまりにも突出した能力を持っていたため、満塁にされての投球が全くなかった。入団2年目の2006年には春季キャンプでメジャーに合流。アレックス・ロドリゲスなどの主力を相手にフリー打撃に登板し、非常に大きな印象を残している。フィル・ヒューズ フレッシュアイペディアより)

  • バック・マルティネス

    バック・マルティネスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にコーチやマイナーでの監督などを経験せずにブルージェイズの監督に就任し、80勝82敗で3位。しかしは開幕から20勝33敗と大きく負け越し、シーズン途中で解任された。のワールド・ベースボール・クラシックではアメリカ代表チームの監督を務めた。現役・監督時代を通じて背番号13を付けていたが、WBCではアレックス・ロドリゲスに13を譲り、自身は31を付けた。バック・マルティネス フレッシュアイペディアより)

  • ウィンストン・アブレイユ

    ウィンストン・アブレイユから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    翌2006年のシーズン、トリプルAで自己最高の数字を残していたアブレイユは、8月1日に遂にメジャー初昇格を果たす。そして8月6日、ホームでのニューヨーク・ヤンキース戦で初めてメジャーのマウンドに立った。この時点で29歳、マイナーでの通算登板数は294試合にも上っていた。初めての対戦打者はアレックス・ロドリゲスで、見逃し三振に打ち取った。この年は最初の4試合で6.1回を無失点に抑えるなど力投していたが、その後の3登板で10失点(自責点9)を喫するなど、シーズンでは防御率10.13に終わった。ウィンストン・アブレイユ フレッシュアイペディアより)

  • カール・マイケルズ

    カール・マイケルズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    初戦のカナダ戦では2イニングを無失点と好投するも、アメリカ戦では序盤にデレク・リー、アレックス・ロドリゲスに本塁打を浴び、敗戦投手となってしまった。カール・マイケルズ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・ベキオナチ

    マルコス・ベキオナチから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    16歳の時にMLBのニューヨーク・ヤンキースと契約。「アレックス・ロドリゲスの後継者」と評価されていた。からまでヤンキース傘下2Aでプレー。3Aでの出場はなかった。マルコス・ベキオナチ フレッシュアイペディアより)

128件中 41 - 50件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード