128件中 51 - 60件表示
  • ケイト・ハドソン

    ケイト・ハドソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    クリス・ロビンソンと離婚前に『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』で共演した俳優のオーウェン・ウィルソンと交際を始め、2007年5月に破局(その後オーウェンの自殺未遂となる)。2007年には俳優ダックス・シェパードと、2008年には再びオーウェン・ウィルソンや自転車レース選手のランス・アームストロングらと浮名を流した 。2009年5月に野球選手のアレックス・ロドリゲスと交際を始めたが、同年12月に破局。ケイト・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ギーエン

    カルロス・ギーエンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にテキサス・レンジャーズへ移籍したアレックス・ロドリゲスの後釜に抜擢、遊撃手としてレギュラー定着を果たすが、十分な活躍には至らなかった。カルロス・ギーエン フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド・ヌニェス

    エドゥアルド・ヌニェスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    はスプリングトレーニングでラミロ・ペーニャとの競争に勝利し、内野のユーティリティーとして初の開幕ロースター入りを果たす。シーズンでは、アレックス・ロドリゲスとデレク・ジーターのバックアップを中心に、112試合に出場した。エドゥアルド・ヌニェス フレッシュアイペディアより)

  • シルバースラッガー賞

    シルバースラッガー賞から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    73本塁打のシーズン最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズは、外野手として史上最多の12回のシルバースラッガー賞を受賞している。それに次ぐ受賞回数は、捕手のマイク・ピアッツァと、三塁手のアレックス・ロドリゲスの10回である。ロドリゲスは、遊撃手として7回、三塁手として3回の計10回である。ポジション別の最多受賞回数は、三塁手がウェイド・ボッグスの8回、遊撃手はバリー・ラーキンの9回、二塁手はライン・サンドバーグの7回、投手はマイク・ハンプトンの5回、一塁手はトッド・ヘルトンの4回、指名打者はデビッド・オルティーズの5回である。シルバースラッガー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のMLBオールスターゲーム

    2007年のMLBオールスターゲームから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ファン投票は4月27日から6月28日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月1日に発表された。総投票数は約1,850万票だった。最多得票は、ナショナルリーグがケン・グリフィー・ジュニア(レッズ)、アメリカンリーグがアレックス・ロドリゲス(ヤンキース)。地元ジャイアンツからは、バリー・ボンズがただ一人選ばれた。結果は以下の通り。2007年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のMLBオールスターゲーム

    2008年のMLBオールスターゲームから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ファン投票は4月29日から7月2日まで大リーグ公式サイトなどで行われ、結果は7月6日に発表された。最多得票は、ナショナルリーグが3,889,602票を獲得したチェイス・アトリー(PHI)、アメリカンリーグが3,934,518票を獲得したアレックス・ロドリゲス(NYY)。デビッド・オルティーズとアルフォンソ・ソリアーノは怪我を理由に出場を辞退している。2008年のMLBオールスターゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ダコタ・ハウス

    ダコタ・ハウスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    なお、ダコタ・ハウスの役員会による入居審査基準は、ニューヨークで最も厳しいとされ、単に資産や収入が多いだけでは入居できない。今までにビリー・ジョエル、シェール、メラニー・グリフィス、マドンナ、カーリー・サイモン、アレックス・ロドリゲス、ジャド・アパトー、ティア・レオーニなどが入居を拒否されている。また、20年近くすでに入居者であった黒人の投資家がもう一戸を買い足そうとししたところ、役員会に拒否されたため、人種差別的であるとして訴訟を起こした。ダコタ・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 300-300クラブ

    300-300クラブから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2010年終了までに通算300本塁打は129人、300盗塁は158人が記録している。それでも両方達成したのは7人しかいない。1969年4月8日、ウィリー・メイズは通算300個目の盗塁を決め、すでに300本塁打は記録していたため、最初の達成者となった。最近では2010年8月9日にアレックス・ロドリゲスが達成している。300-300クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・スタインブレナー

    ジョージ・スタインブレナーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1992年に資格停止期間が明けるとオーナー職に復帰。1994年のストライキの結果、選手の年俸が高騰すると再び札束攻勢を仕掛け、1996年と1998年?2000年の合計4回のワールド・チャンピオンを手にした。その後もFAでジェイソン・ジオンビ、トレードでアレックス・ロドリゲス、ランディ・ジョンソン(現在はダイヤモンドバックスに再移籍し、引退している)らを獲得し、金満補強を続けるが、ワールドシリーズの出場も2001年、2003年にとどまり、補強により目覚ましい成果をあげることはできなかった。その一方、スタインブレナーがオーナー資格停止中であった1990年?92年にチームが若手育成に方針を切り替えた際に入団・成長したデレク・ジーター、アンディ・ペティット、ホルヘ・ポサダ、マリアーノ・リベラ、バーニー・ウイリアムスらの選手の方が長年にわたって活躍し、チームに覇権をもたらしたと言え、1996年、98年、99年、2000年の4回のワールド・シリーズ制覇についても、スタインブレナーが一時的ではあるがオーナー職を離れていたからこそ可能となったという見方もある。ジョージ・スタインブレナー フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・カイロ

    ミゲル・カイロから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    オフにFAとなり、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍。当初は内野のユーティリティープレイヤーとして期待される。しかし、正三塁手として考えられていたアーロン・ブーンが、トレーニングとして禁止されていたバスケットボールで左膝靭帯断裂の重傷を負い、開幕どころかシーズン中のプレーすら危ぶまれる緊急事態となった。そのため、カイロは三塁手としてプレーすると予想されていた。しかし、テキサス・レンジャーズが、史上最高年俸選手でメジャー屈指のスラッガーであるアレックス・ロドリゲスを放出したがっていることを知ったヤンキースは、アルフォンソ・ソリアーノとの交換でロドリゲスを獲得。ロドリゲスはチームの象徴であるデレク・ジーターと同じ遊撃手であったため、どちらかが二塁手もしくは三塁手にコンバートされると考えられていたが、結局、ロドリゲスが三塁手にコンバートされた。ミゲル・カイロ フレッシュアイペディアより)

128件中 51 - 60件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード