169件中 51 - 60件表示
  • 野球の不文律

    野球の不文律から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2010年4月29日、ニューヨーク・ヤンキース対オークランド・アスレチックス戦において、一塁走者であったヤンキースのアレックス・ロドリゲスは味方打者が左翼線上に放った安打性の飛球を見て三塁まで進んだが、ファウルと判定されたため一塁に戻った。この際ロドリゲスがマウンドを横切ったため、投手のダラス・ブレイデンは激高しイニング終了後ロドリゲスに厳しく文句を言い、グラブをベンチに叩きつけた。野球の不文律 フレッシュアイペディアより)

  • ルイビルスラッガー

    ルイビルスラッガーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    創業120年以上を誇り、ローリングスと並ぶ老舗野球用品メーカーである。特にバットにおいて力を入れており、かつてのベーブ・ルースをはじめアメリカ野球殿堂入りの野手の80%が同社のバットを使用していたなどメジャーリーグでは圧倒的シェアを占めており、現在においてもデレク・ジーター、アレックス・ロドリゲスを筆頭に60%の選手が使用している。ルイビルスラッガー フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のメジャーリーグベースボール

    2004年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2月16日 - ニューヨーク・ヤンキースはテキサス・レンジャーズからアレックス・ロドリゲスをアルフォンソ・ソリアーノらとのトレードで獲得2004年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・ベキオナチ

    マルコス・ベキオナチから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    16歳の時にMLBのニューヨーク・ヤンキースと契約。「アレックス・ロドリゲスの後継者」と評価されていた。からまでヤンキース傘下2Aでプレー。3Aでの出場はなかった。マルコス・ベキオナチ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のメジャーリーグベースボール

    2012年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    4月13日、アレックス・ロドリゲス(NYY)がLAA戦で歴代6位のケン・グリフィー・ジュニアに並ぶ通算630本目の本塁打を放った。4月20日のBOS戦には歴代単独6位となる通算631本目の本塁打を放った。2012年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ハロルド・ベインズ

    ハロルド・ベインズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    指名打者としての出場試合1,652はメジャーリーグ記録である。メジャー歴代50位(終了時点)の通算384本塁打を打っているが、シーズン30本塁打を打ったことのない選手の中では歴代2位である。通算1,628打点はメジャー歴代26位だが、22シーズンずっとア・リーグのチーム所属だったため、ア・リーグ歴代に限定すると第11位である(順位はいずれも2006年終了時点)。ただし、7月末時点ですでにフランク・トーマスに抜かれており、順調なら1 - 2年内にマニー・ラミレス、アレックス・ロドリゲスも追い抜く。ハロルド・ベインズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・スタインブレナー

    ジョージ・スタインブレナーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    に資格停止期間が明けるとオーナー職に復帰。からにかけての232日間に及ぶ長期ストライキの結果、選手の年俸が高騰すると再び札束攻勢を仕掛け、1996年と・・の合計4回のワールド・チャンピオンを手にした。その後もFAでジェイソン・ジオンビ、トレードでアレックス・ロドリゲス、ランディ・ジョンソンらを獲得し、金満補強を続けるが、ワールドシリーズの出場も、にとどまり、補強により目覚ましい成果をあげることはできなかった。その一方、スタインブレナーがオーナー資格停止中であった1990年?92年にチームが若手育成に方針を切り替えた際に入団・成長したデレク・ジーター、アンディ・ペティット、ホルヘ・ポサダ、マリアーノ・リベラ、バーニー・ウイリアムスらの選手の方が長年にわたって活躍し、チームに覇権をもたらしたと言え、1996年、98年、99年、2000年の4回のワールド・シリーズ制覇についても、スタインブレナーが一時的ではあるがオーナー職を離れていたからこそ可能となったという見方もある。ジョージ・スタインブレナー フレッシュアイペディアより)

  • パット・ギリック

    パット・ギリックから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にシアトル・マリナーズのGMに就任。2000年と翌にマリナーズはプレーオフに進出した。2001年のシーズン116勝はのシカゴ・カブスと並び、MLBの歴代最多記録となっている。ケン・グリフィー・ジュニアやアレックス・ロドリゲスをフリーエージェント(FA)で放出する一方で、イチロー、ブレット・ブーンらを獲得した。にGMを退任すると、マリナーズは投打の主力選手の成績が落ち込み、翌から3年連続で地区最下位に沈んだ。パット・ギリック フレッシュアイペディアより)

  • ケイト・ハドソン

    ケイト・ハドソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    クリス・ロビンソンと離婚前に『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』で共演した俳優のオーウェン・ウィルソンと交際を始め、2007年5月に破局(その後オーウェンの自殺未遂となる)。2007年には俳優ダックス・シェパードと、2008年には再びオーウェン・ウィルソンや自転車レース選手のランス・アームストロングらと浮名を流した 。2009年5月に野球選手のアレックス・ロドリゲスと交際を始めたが、同年12月に破局。ケイト・ハドソン フレッシュアイペディアより)

  • シアトル・マリナーズ

    シアトル・マリナーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    1993年にルー・ピネラが監督に就任すると、1995年に初の地区優勝。また1997年にも2度目の地区優勝を果たす。しかし、いずれの年もプレーオフで敗退を喫し、リーグ優勝を逃した。この間、ケン・グリフィー・ジュニア、エドガー・マルティネス、ランディ・ジョンソン、アレックス・ロドリゲスらが主力として活躍。その後、FAやトレードなどで地区優勝時に活躍した主力選手の大半がチームを去ったが、にはワイルドカードでプレーオフに進出、には年間116勝のMLBタイ記録を樹立して地区優勝を果たしている。しかしながら、2000年、2001年はいずれもリーグチャンピオンシップシリーズでニューヨーク・ヤンキースに敗れる。計4度に渡ってリーグ優勝、ワールドシリーズ進出を逃している。また、この間にジョン・オルルド、佐々木主浩、イチロー、ブレット・ブーンらが加入し、主力として活躍。その後、2002年のシーズン終了をもって、ルー・ピネラが監督を退任した。シアトル・マリナーズ フレッシュアイペディアより)

169件中 51 - 60件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手