128件中 61 - 70件表示
  • ホアキン・アリアス

    ホアキン・アリアスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスとのトレードでアルフォンソ・ソリアーノとともにテキサス・レンジャーズに移籍。9月13日、メジャーデビュー。は右肩の故障で、シーズンの殆どをDL入りのままで過ごす。、メジャー再昇格。ホアキン・アリアス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レスター (左投手)

    ジョン・レスター (左投手)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にドラフト2巡目(全米57番目)でボストン・レッドソックスから指名を受け、プロ入り。シーズン終了後にアレックス・ロドリゲスとのトレードでマニー・ラミレスとともにテキサス・レンジャーズへ放出されそうになるも、トレードは破談に終わる。6月10日に本拠地フェンウェイ・パークでのレンジャーズ戦で先発してメジャーデビュー。その試合では勝敗はつかなかったものの、4.1回を投げて5安打を浴び、自責点3。その後は先発ローテーションに入って2か月の間に7勝を記録。ジョン・レスター (左投手) フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・カスティーヨ

    ルイス・カスティーヨから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は打撃で復活の兆しを見せたが守備の衰えは隠せず、6月12日にはヤンキースとのサブウェイシリーズで、1点リードの9回裏二死1,2塁からアレックス・ロドリゲスが打ち上げたセカンドフライを落球して逆転サヨナラ負けを喫し、話題となる。守備防御点は-12、UZRは自己ワーストの-11.2だった。ルイス・カスティーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ボール (野球)

    ボール (野球)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    メジャーリーグでは、特に注目度の高い打撃記録の更新が迫ってきた際に、リーグ機構が特別にシリアルナンバーやホログラムシールのついた試合球を用意する。これは記録達成時に使用されたボールを特定する印をつけることで、オークション等へ贋物が出回ることを防止するための処置である。これまでシリアルナンバー付のボールが使用された例としては、バリー・ボンズの通算本塁打記録達成時、アレックス・ロドリゲスの最年少500本塁打達成時(いずれも2007年)、イチローのシーズン最多安打記録達成時(2004年)などがある。ボール (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 500本塁打クラブ

    500本塁打クラブから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    最年少 アレックス・ロドリゲス(32歳8日)500本塁打クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。中継ぎとして4試合に登板し(4回1/3を投げて自責点1)日本チームの優勝に貢献。アメリカ戦では窮地の場面でアレックス・ロドリゲスを三振に取ると、ボブ・デービッドソンによるタッチアップの誤審があった次の回という苦しい場面でデレク・リー、ジョニー・デイモンから三振を奪うなど完璧な投球を披露した。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・オズワルト

    ロイ・オズワルトから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    春にアレックス・ロドリゲスのステロイド使用が発覚した際、自らは一切薬物の力には頼っていないことを強調した上で、ロドリゲスを含む薬物使用者を厳しく批判している。薬物使用の疑いが強い元同僚のロジャー・クレメンスなどについて「もし本当に薬物を使っていたことが立証された場合は、全ての記録およびアワード受賞歴は抹消すべき」と話し、同じく薬物を使用していたとされる通算最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズに対しても「自分の中では記録保持者はハンク・アーロンのまま」と語っている。ロイ・オズワルト フレッシュアイペディアより)

  • エリック・チャベス

    エリック・チャベスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2月23日、ニューヨーク・ヤンキースと1年総額90万ドルで再契約に合意し、残留した。シーズンでは主に内野のバックアップとして113試合に出場。アレックス・ロドリゲスの離脱中にはスタメン起用されることもあった。オフにFAに。エリック・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ヤング (内野手)

    マイケル・ヤング (内野手)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、開幕はAAA級オクラホマ・レッドホークスで迎えたが、5月25日にメジャー再昇格し、5月27日にメジャー契約を結ぶ。二塁手として102試合に出場。6月11日にはメジャー初本塁打を放った。9月11日にはMLB屈指の左腕投手バリー・ジト(アスレチックス)の完封を阻む本塁打を放った。年間で11本塁打・49打点・9犠打・長打率.402・守備率.984を記録し、チーム新人王に選ばれた。は156試合に出場し、メジャーに定着した。終了後にアレックス・ロドリゲスとのトレードで守備位置の重複するアルフォンソ・ソリアーノが移籍。二塁での守備はゴールドグラブ賞級だったが、「チームにとってベストなこと」とヤングはバック・ショーウォルター監督に遊撃手へのコンバートを直訴した。マイケル・ヤング (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • ジム・トーミ

    ジム・トーミから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    通算本塁打数は史上7位、現役ではアレックス・ロドリゲスに次ぐ2位(2012年終了時)。ジム・トーミ フレッシュアイペディアより)

128件中 61 - 70件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード