169件中 61 - 70件表示
  • 2013年のメジャーリーグベースボール

    2013年のメジャーリーグベースボールから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    8月5日 - メジャーリーグ機構はバイオジェネシス・スキャンダルによって発覚した薬物規定違反でニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスに2014年シーズン終了までの出場停止処分、以下の12名の選手に50試合出場停止処分を下した。テキサス・レンジャースのネルソン・クルーズ、デトロイト・タイガースのジョニー・ペラルタ、サンディエゴ・パドレスのエバース・カブレラとファウティノ・デロスサントス、ニューヨーク・ヤンキースのフランシスコ・セルベーリとフェルナンド・マルティネス、フィラデルフィア・フィリーズのアントニオ・バスタルド、シアトル・マリナーズのヘスス・モンテロ、ヒューストン・アストロズのセルジオ・エスカローナ、ニューヨーク・メッツのジョーダニー・バルデスピンとシーザー・プエロ、とフリーエージェントのジョーダン・ノルベルト。A・ロドリゲス以外の12名は処分を受け入れるとしており、A・ロドリゲスは処分を不服として異議申し立ての方針を示しているA・ロドリゲスに対する出場停止処分は同月8日からとなるが、異議申し立てをしてる間は出場可能が認められ、A・ロドリゲスは5日の対シカゴ・ホワイトソックス戦で今季初出場し、4打数1安打2013年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

    2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    レンジャーズは1回にハミルトンの3ラン本塁打で先制。4回にはマイケル・ヤングが適時打を放ち5‐0。対するヤンキースは7回にカノのソロ本塁打で1得点、8回にはアレックス・ロドリゲス、カノの適時打で5‐5の同点。そしてマーカス・テイムズが追加点を挙げて勝ち越した。ヤンキース投手陣は5回以降、チェンバレン - モズリー - ウッド - リベラの継投でレンジャーズを無得点に抑えた。2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の野球

    1998年の野球から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    9月19日 - シアトル・マリナーズのアレックス・ロドリゲスがメジャーリーグ史上3人目の「40-40」(40本塁打40盗塁)を達成。1998年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • シルバースラッガー賞

    シルバースラッガー賞から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    73本塁打のシーズン最多本塁打記録保持者のバリー・ボンズは、外野手として史上最多の12回のシルバースラッガー賞を受賞している。それに次ぐ受賞回数は、捕手のマイク・ピアッツァと、三塁手のアレックス・ロドリゲスの10回である。ロドリゲスは、遊撃手として7回、三塁手として3回の計10回である。ポジション別の最多受賞回数は、三塁手がウェイド・ボッグスの8回、遊撃手はバリー・ラーキンの9回、二塁手はライン・サンドバーグの7回、投手はマイク・ハンプトンの5回、一塁手はトッド・ヘルトンの4回、指名打者はデビッド・オルティーズの5回である。シルバースラッガー賞 フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・ドライフォート

    ダレン・ドライフォートから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    にゴールデンスパイク賞を受賞し、同年6月に行われたドラフトでロサンゼルス・ドジャースからアレックス・ロドリゲスに次ぐ全体2位で指名され入団。ベースボール・アメリカ誌の1994年版の有望株ランキングでドライフォートは、ドジャース傘下で最高の評価を受けた。ダレン・ドライフォート フレッシュアイペディアより)

  • タニヨン・スターツ

    タニヨン・スターツから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2004年5月15日にブライアン・マイローとのトレードでヤンキースへ移籍した。7月24日の主にアレックス・ロドリゲスとジェイソン・バリテックが乱闘を起こしたボストン・レッドソックス戦では、スターツは、ゲーブ・キャプラー、デビッド・オルティーズ、トロット・ニクソンにもみくちゃにされ、耳を負傷し流血した。タニヨン・スターツ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・ベンチュラ

    ロビン・ベンチュラから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    通算満塁本塁打18本は、ルー・ゲーリッグ(23本)、アレックス・ロドリゲス(までに22本)、マニー・ラミレス(21本)、エディ・マレー(19本)に次いで史上5位。先述の1999年のNLCSでの「Grand Slam Single」の他にも、下記のようなエピソードがある。ロビン・ベンチュラ フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ヤング (内野手)

    マイケル・ヤング (内野手)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、開幕はAAA級オクラホマ・レッドホークスで迎えたが、5月25日にメジャー再昇格し、5月27日にメジャー契約を結ぶ。二塁手として102試合に出場。6月11日にはメジャー初本塁打を放った。9月11日にはMLB屈指の左腕投手バリー・ジト(アスレチックス)の完封を阻む本塁打を放った。年間で11本塁打・49打点・9犠打・長打率.402・守備率.984を記録し、チーム新人王に選ばれた。は156試合に出場し、メジャーに定着した。終了後にアレックス・ロドリゲスとのトレードで守備位置の重複するアルフォンソ・ソリアーノが移籍。二塁での守備はゴールドグラブ賞級だったが、「チームにとってベストなこと」とヤングはバック・ショーウォルター監督に遊撃手へのコンバートを直訴した。マイケル・ヤング (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ドーソン

    アンドレ・ドーソンから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    愛称は「ホーク」。ドーソンが記録した400本塁打・300盗塁はウィリー・メイズ、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲスを含めメジャー史上4人しか達成していない。アンドレ・ドーソン フレッシュアイペディアより)

  • マーロン・バード

    マーロン・バードから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    3月18日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。4月3日にメジャー契約を結び、開幕25人枠入りした。6月1日、成長ホルモンを放出するの陽性反応を示し、2度目の薬物規定違反で162試合の出場停止処分となったことが発表された。162試合出場停止処分となったのはアレックス・ロドリゲス(2013年)、ヘンリー・メヒア(2015年)に続き3人目となる。出場停止処分の影響もあって34試合の出場に留まり、打率.270・5本塁打・19打点・OPS0.778という成績だった。守備はライトを21試合・レフトを14試合守り、計無失策・DRS + 1と堅実だった。オフの11月3日にFAとなった。マーロン・バード フレッシュアイペディアより)

169件中 61 - 70件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手