128件中 81 - 90件表示
  • オマー・ビスケル

    オマー・ビスケルから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスが全米1位指名された直後の12月20日にトレードでクリーブランド・インディアンスへ移籍。若手の成長で全盛期を迎えつつあったインディアンスにあって、打っては貴重な繋ぎ役として、守ってはロベルト・アロマー( - 在籍)とともに二遊間を形成した。オマー・ビスケル フレッシュアイペディアより)

  • トム・ブレイディ

    トム・ブレイディから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスとは友人関係にあり、ブレイディがヤンキースの帽子をかぶったことでボストンを騒がせたこともある。またサッカー選手のデイビッド・ベッカムとも親交がある。トム・ブレイディ フレッシュアイペディアより)

  • マニー・マチャド

    マニー・マチャドから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    走攻守三拍子揃った大型遊撃手として、ドラフト時からアレックス・ロドリゲスと比較されたほどの超有望株である。ただし、メジャー昇格後はJ.J.ハーディとの兼ね合いから三塁を守っている。マニー・マチャド フレッシュアイペディアより)

  • A.J.ピアジンスキー

    A.J.ピアジンスキーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    非常にアクの強い性格の持ち主として知られる。6月に米雑誌が現役選手100人を対象に行った「最も嫌われている選手」のアンケートでは34%の得票を集め、2位のアレックス・ロドリゲス(10%)に大差を付けて1位になった。選出理由には「メジャー5年未満の選手を何も知らない田舎者のように扱う」ことが挙げられた。また、相手打者を挑発するトラッシュ・トークや、審判を欺くプレーでも悪名高い。2011年9月にスポーツ・イラストレイテッド誌が現役選手215人を対象に行なった「最も卑劣な選手」のアンケートでも29%の得票で1位になっている。A.J.ピアジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • オーランド・ヘルナンデス

    オーランド・ヘルナンデスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    86?90マイル(約138?145km)のツーシームとフォーシーム、カーブ、スライダー、チェンジアップが持ち球であるが、晩年は怪我の影響でスピードは落ちている。どの球種でもストライクを取れる制球力を持っている。打ち気の打者には大きなカーブを使ったり、腕の角度を変えたりして翻弄する。まれに50マイル(約80km)の山なりの球も投げる(多田野数人がアレックス・ロドリゲスを超スローボールで打ち取った際もどよめく球場の中で1人だけ不敵な笑みを見せている)。守備力は高く5番目の内野手とも言われる。オーランド・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ローウェル

    マイク・ローウェルから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    シーズン終了後にローウェルはFAとなった。このとき、レギュラーシーズンでMVPを受賞した同じ三塁手のアレックス・ロドリゲスもFAとなっていた。しかしボストンでは、ロドリゲスの獲得は見送ってローウェルと再契約すべきだ、という声が大きかった。ローウェルのもとにはフィリーズやドジャースから4年総額5500万ドルから6000万ドル規模のオファーが来ていたというが、ローウェルはレッドソックスと3年総額3,750万ドルで新たに契約し残留した。マイク・ローウェル フレッシュアイペディアより)

  • J.P.アレンシビア

    J.P.アレンシビアから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    フロリダ州マイアミでキューバ移民3世として生まれる。かつてアレックス・ロドリゲスを輩出したウェストミンスター・クリスチャン高校では、ロドリゲスに並ぶ同校史上最多の通算17本塁打を記録したほか、バスケットボール、アメリカンフットボールでも活躍。2004年のMLBドラフトでシアトル・マリナーズから14巡目指名を受けたが、入団せずにテネシー大学へ進学。2007年のMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから1巡目(全体21位)で指名され、132万7000ドルの契約金で入団。1年目は1A-級のオーバーン・ダブルデイズで63試合に出場した。J.P.アレンシビア フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・フォックス

    ジミー・フォックスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    フォックスのパワーは天下無双で、アスレチックス時代のチームメイトのモー・バーグはフォックスを「人類史上最強の二頭筋をもった男」と評し、フォックスを最大の天敵と恐れたレフティ・ゴメスは「あいつは髪の毛まで筋肉でできている」と嘆いた。ゴメスは、フォックスを打席に迎えたとき捕手のサインに首を振り続けたことがある。捕手に「何が投げたいんだ」と聞かれると、「投げられる球が無いんだ」と答えたという。生み出された534本塁打は歴代14位。30代半ば以降アルコールに溺れなければベーブ・ルースの通算本塁打記録を抜いていたとも言われる。実際、通算500本塁打の史上最年少記録を持っていた。(この記録は2007年8月4日、アレックス・ロドリゲスが更新した。)ジミー・フォックス フレッシュアイペディアより)

  • 堂林翔太

    堂林翔太から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    球団からは三塁手及び遊撃手として育成されている。背番号は、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスのような選手になって欲しいという期待から「13」を与えられた。堂林翔太 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ロング (野球)

    ケビン・ロング (野球)から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、ヤンキースの打撃コーチに就任。同年度のチーム攻撃陣を、得点・打率・本塁打・安打数など、打撃部門のほとんどでMLB1位に導いた。特にホルヘ・ポサダとアレックス・ロドリゲスを前年度の不調から見事復活させた手腕は高く評価された。ケビン・ロング (野球) フレッシュアイペディアより)

128件中 81 - 90件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード