169件中 81 - 90件表示
  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲス(ニューヨーク・ヤンキース / 三塁手):両親がドミニカ共和国人で、自身はアメリカ合衆国で生まれたため、両国それぞれの出場資格を満たしている。前回大会には米国代表として出場したが、今大会はドミニカ共和国代表を選択。2009 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • チェイス・ヘッドリー

    チェイス・ヘッドリーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    、出場停止が解除されたアレックス・ロドリゲスが戦列に復帰したが、主に指名打者を務めた為、サードのレギュラーはヘッドリーが務めた。この年のレギュラーシーズンでは156試合に出場したが、打率.259・11本塁打・62打点・OPS.693という成績に終わった。この年の守備自己ワースト且つ同年のリーグワースト3位となる23失策を犯し、DRSも2011年以来のマイナスに終わった。チェイス・ヘッドリー フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ラフィー

    アーロン・ラフィーから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    2011年8月19日にウェイバー公示を経てニューヨーク・ヤンキースに獲得され、翌日のツインズ戦で移籍後初登板した。その翌日にアレックス・ロドリゲスが復帰するためDFAとなったが、9月のロースター枠拡大にあたり、再昇格してリリーフを務めた。アーロン・ラフィー フレッシュアイペディアより)

  • 300-300クラブ

    300-300クラブから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    内野手の達成者はアレックス・ロドリゲスのみである。300-300クラブ フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ローウェル

    マイク・ローウェルから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    シーズン終了後にローウェルはFAとなった。このとき、レギュラーシーズンでMVPを受賞した同じ三塁手のアレックス・ロドリゲスもFAとなっていた。しかしボストンでは、ロドリゲスの獲得は見送ってローウェルと再契約すべきだ、という声が大きかった。ローウェルのもとにはフィリーズやドジャースから4年総額5500万ドルから6000万ドル規模のオファーが来ていたというが、ローウェルはレッドソックスと3年総額3,750万ドルで新たに契約し残留した。マイク・ローウェル フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・ポサダ

    ホルヘ・ポサダから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    には自己最多となる30本塁打・101打点を記録し、MVPの投票ではアレックス・ロドリゲス、カルロス・デルガドに次ぐ3位。ホルヘ・ポサダ フレッシュアイペディアより)

  • ノマー・ガルシアパーラ

    ノマー・ガルシアパーラから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    は打率.372を記録して2年連続で首位打者となり、20敬遠もリーグ最多だった。この頃のガルシアパーラは、アレックス・ロドリゲス(マリナーズ→レンジャーズ→ニューヨーク・ヤンキース)やデレク・ジーター(ヤンキース)とともに、実力・若さ・容貌を兼ね備えたスター遊撃手として人気を集めた。ノマー・ガルシアパーラ フレッシュアイペディアより)

  • 満塁

    満塁から見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    通算最多満塁本塁打 - 24本、アレックス・ロドリゲス満塁 フレッシュアイペディアより)

  • マグリオ・オルドニェス

    マグリオ・オルドニェスから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    過去タイガースでこの年のオルドニェスを上回る打撃成績を残したのは1961年のノーム・キャッシュだけであるが、その年のアリーグMVPは61本塁打を放ったニューヨーク・ヤンキースのロジャー・マリスに与えられた。皮肉にも2007年のアリーグMVPもまたヤンキースのアレックス・ロドリゲスが受賞した。マグリオ・オルドニェス フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・デンプスター

    ライアン・デンプスターから見たアレックス・ロドリゲスアレックス・ロドリゲス

    普段は温厚で人柄が良く、カブス時代には名アナウンサーのハリー・ケリーの物真似を披露するなどムードメーカーの一面を持つ。また、チャリティ活動にも熱心で、2006年と2008年にはロベルト・クレメンテ賞の候補にノミネートされた。その一方で人一倍正義感が強く、2013年8月18日のニューヨーク・ヤンキース戦で、メジャーリーグベースボールのドーピング問題の渦中にあったアレックス・ロドリゲスに薬物使用に対する私的な激憤からか、故意に150kmの速球をぶつけ、両チーム入り乱れての乱闘に発展させた事がある(この際、ヤンキース監督のジョー・ジラルディが退場処分となった)。8月20日、MLBから5試合の出場停止と罰金の処分が下された。ライアン・デンプスター フレッシュアイペディアより)

169件中 81 - 90件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード

  • 米オリオールズ傘下2A

  • チームにとってプラスになる

  • 彼はチームで最高の選手ではないかもしれないが、世界に与える影響を考えれば球界で最も重要な選手