前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たデレク・ジーター

    マリナーズとレンジャーズでは遊撃手を務めていたが、ヤンキースにおいてはキャプテンであるデレク・ジーターの守備位置であったため、移籍に伴い三塁手にコンバートされた。それまでつけていた背番号3は、ヤンキースではベーブ・ルースの永久欠番でつけることが許されず、変更を余儀なくされ、NFLマイアミ・ドルフィンズの往年の選手ダン・マリーノにならって13番を選択した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たバリー・ボンズ

    は股関節の手術により少なくとも前半戦を欠場することになった。1月29日には、ヒト成長ホルモン、テストステロンなどを様々な禁止薬物をマイアミの自称医師から購入していたことが報じられた。明らかになった資料によると、薬物の代金は2009年から医師の口座に振り込まれており、2012年まで継続して支払われていた。ロドリゲスは即座に専属広報を通して報道を否定する声明を出したが、もはや彼を信用する者は皆無で、メディアやファンから「今すぐ引退するべき」という激しいバッシングを受けた。全国紙USAトゥデイは「ロドリゲスはタイ・カッブ、バリー・ボンズを超えてメジャーリーグ史上最悪の嫌われ者になった」と述べた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たテキサス・レンジャーズ

    2000年、FA権を取得。紆余曲折の末、テキサス・レンジャーズが10年総額2億5,200万ドルという空前の条件でロドリゲスを獲得する。これは当時のスポーツ界で最高の年俸でもあった。既にロドリゲスはメジャーでも屈指のプレイヤーに数えられ、かつ最高の将来性を持つ存在であったが、この超長期契約とあまりの高額ぶりは、野球界を超えて大きな話題を呼んだ(代理人は辣腕で知られるスコット・ボラス)。古巣マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの試合では、大ブーイングとともに札束の玩具をばらまかれるといった手荒い歓迎がしばらく続いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たシアトル・マリナーズ

    ケン・グリフィー・ジュニアが1999年オフにマリナーズを去ったとき、ロドリゲスは「これで我々は長打を打ちながら負けるというチームではなくなった。このチームは観戦していて面白くなるだろう」とコメントした。その言葉通り、翌シーズンはチームをワイルドカードでプレーオフに導くが、皮肉なことにロドリゲス自身が去ったその翌シーズンの2001年にチームはさらに成績を伸ばしてMLB史上最高の勝率で(162戦116勝)地区優勝を果たした。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たニューヨーク・ヤンキース

    アレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス(Alexander Emmanuel Rodriguez, 1975年7月27日 - )は、MLBニューヨーク・ヤンキースに所属するプロ野球選手(三塁手、遊撃手)。愛称はA-Rod(エイ・ロッド)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た佐々木主浩

    シアトル・マリナーズ時代、同僚の佐々木主浩と非常に親しく、クラブハウスで2人で話し込む仲であったという。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たバーニー・ウィリアムズ

    テキサス・レンジャーズと10年で2億5,200万ドルというスポーツ史上最高額契約を結んだ2000年オフの12月に、ESPNラジオのインタビューで今後誰がこの巨額契約記録を破ると思うかと聞かれ、「2億5,200万ドルは自分のように若くしてこれだけの才能があればこそのものであり、破るのは難しいだろう。デレクのような者でも無理だ。自分ほどのパワーも守備力もないからだ。彼は1億8,000万ドルだろう、いや1億5,000万ドルか」とデレク・ジーターの名に言及した。これについてその後ジーターとは電話でわだかまりを解いた。しかし翌年3月にエスクワイア誌に「ヤンキースはジーターが牽引しているわけではない。彼は2番打者という気楽な立場だ。3番や4番を打つ打者とは違う。ヤンキースと勝負するとき、バーニー・ウィリアムズやポール・オニールはマークするけど、誰も「デレクに気をつけろ」とは言わない。彼は警戒されていないのさ」というコメントが掲載されると、大勢の記者がスプリング・トレーニング中のジーターのところへ押しかけた。ジーターは「今夜アレックスに話を聞く。君たちには明日答える」と即答を避け、翌日許したと記者たちに答えた。その後ロドリゲスは記者に対してジーターを過度に褒め上げ、ジーターの契約額については10年契約ではなく5年か6年のつもりで言ったのだと釈明し、本心を言っているというよりも自分のイメージ回復に努めているように見えるとの記事も書かれた。2007年のスプリングトレーニングでアレックスは、ジーターとの関係について、今でもチームメートとしては全く問題ないものの、当時ほどの仲ではないと語っている。 アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たイチロー

    2001年からシアトル・マリナーズに加入したイチローとは2012年7月まで同じチームでプレーしたことはないが、一緒にNBA観戦に行ったり、アメリカで発売されたイチローの本に推薦文を寄せた経験もある。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たリンキン・パーク

    入場時にかける曲はリンキン・パーク&ジェイ・Zの『Numb/Encore』であり、理由はジェイ・Zが親友のうちの一人であるためだという。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアルフォンソ・ソリアーノ

    レンジャーズの3年間に残した成績は文句のつけようのないもので、2001年にリーグ1位の52本塁打、133得点、393塁打、2002年にメジャー1位の57本塁打、142打点、2003年にリーグ1位の本塁打、長打率を記録した。2003年4月には、27歳149日で史上最年少で300本塁打を達成、史上2人目の最下位チームからのMVP獲得をするなど、ロドリゲス個人は活躍を見せた。しかし、チームは3年連続の地区最下位となり、その高額年俸がチーム再建の足かせとなってしまった。自身も勝てるチームへの移籍を望んでいたため、2004年2月15日にレンジャーズが1億7,900万ドルのうち6,700万ドルの年俸を負担することを条件に、ヤンキースへトレードされた(交換相手はアルフォンソ・ソリアーノ二塁手など)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード