101件中 11 - 20件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たホセ・カンセコ

    同年4月には、新たな暴露本が発売され、高校時代から恒常的にステロイド剤やヒト成長ホルモン剤を摂取してきたという疑惑が持ち上がっている。ロドリゲス本人は、この件についてのコメントを拒否している。また、ホセ・カンセコは、マリナーズ時代のロドリゲスにステロイドについて相談され、入手先を紹介したことを明かしている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアシュトン・カッチャー

    2003年12月にアシュトン・カッチャーが進行役を務めるドッキリ番組『パンクト』で「優勝できないチームに所属する負け犬」と一般人から罵られるシチュエーションのいたずらを仕掛けられたが、放映承諾書のサインを拒み、収録テープも破棄させた。2007年2月には自著の絵本の販売促進活動として出演する予定だった番組の質問に対して事前に制限を加えようとしたが、局のニュース方針に反することから局側が制限の具体的内容を問い合わせたところ、ロドリゲス側は回答をせず、当日になって突然に出演キャンセルを代理人経由で申し入れた。その後よりニュース性の薄い娯楽番組2本に出演したが、そのひとつマーサ・スチュワートが司会を務めるショー番組では和やかな雰囲気で皮肉を言われるという屈辱を受けている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たミゲール・カブレラ

    8月4日、35歳と8日で通算600本塁打を達成。同じくヤンキースに所属していたベーブ・ルースの持つ最年少記録(36歳196日)を1歳以上も更新した。シーズンの成績は、本塁打こそ2年連続で30であったが、打点125はデトロイト・タイガースのミゲール・カブレラに次ぐリーグ2位の数字であった。また、本塁打30と打点100をいずれもクリアした事で、13年連続「30本塁打・100打点」のメジャーリーグ新記録を生み出し、自身の持つ記録を14度まで伸ばした。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たロジャー・クレメンス

    尊敬する選手として、ヤンキースの同僚であったロジャー・クレメンスを挙げている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たジェイ・Z

    入場時にかける曲はリンキン・パーク&ジェイ・Zの『Numb/Encore』であり、理由はジェイ・Zが親友のうちの一人であるためだという。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たノマー・ガルシアパーラ

    恵まれた大柄な体格と鋭敏な反射神経を誇り、守備範囲は広い。遊撃手としてはデレク・ジーターやノマー・ガルシアパーラ、ミゲル・テハダが華やかな動きをするのに対して、より伝統的で基本に忠実な動きをする遊撃手だと評され、打球がホームプレートから離れたその瞬間に動き出し、非常に滑らかな動きの守備をした。thumb|サードの守備に就くロドリゲスヤンキース移籍後はデレク・ジーターが遊撃手として絶対的存在があったため三塁手に転向し、三塁線側からかなり離れて守る。ファウルフライ捕球やバント処理など、三塁手特有の細かいプレーの際にミスがまま見られ、三塁手としては未だゴールドグラブに選出されたことが無い。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たトミー・ラソーダ

    フロリダの高校時代、当時ロサンゼルス・ドジャースの監督トミー・ラソーダと出会い、卒業したらドジャースに入団したいと云う希望があった。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たデトロイト・タイガース

    1996年に、36本塁打、123打点、21歳と史上3番目の若さで首位打者、球団記録となる打率.358、141得点、215安打、54二塁打を記録し、めきめきと頭角を現していった。1997年にも打率.300、23本塁打、84打点の好成績を収め、同年6月5日のタイガース戦ではサイクル安打を達成した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たテストステロン

    は股関節の手術により少なくとも前半戦を欠場することになった。1月29日には、ヒト成長ホルモン、テストステロンなどを様々な禁止薬物をマイアミの自称医師から購入していたことが報じられた。明らかになった資料によると、薬物の代金は2009年から医師の口座に振り込まれており、2012年まで継続して支払われていた。ロドリゲスは即座に専属広報を通して報道を否定する声明を出したが、もはや彼を信用する者は皆無で、メディアやファンから「今すぐ引退するべき」という激しいバッシングを受けた。全国紙USAトゥデイは「ロドリゲスはタイ・カッブ、バリー・ボンズを超えてメジャーリーグ史上最悪の嫌われ者になった」と述べた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たジョー・トーリ

    エラーや三振を量産して激しいブーイングを浴びた2006年には、一時的に調子が上向いた8月半ばに「チームに故障者が続出したためこれまで隠してきたが、実は自分も本来なら故障者リスト入りするほどの怪我を押し隠して出場し続けていたんだ。」と公表したが、翌日、具体的にどこをどう故障したのか問われると答えられず「怪我を言い訳にはしたくない」と口をつぐんだ。監督も怪我については知らなかったとコメントしたため、「ロドリゲスは精神に異常をきたしたのか」との記事まで出た。彼のイメージに拘る性癖はプレイにも影響を及ぼし、ジョー・トーリ監督はしばしば「彼は打席で自分を印象づけようとし過ぎる」と懸念を抱いていた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

101件中 11 - 20件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード