111件中 11 - 20件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たイチロー

    2001年からシアトル・マリナーズに加入したイチローとは2012年7月まで同じチームでプレーしたことはないが、一緒にNBA観戦に行ったり、アメリカで発売されたイチローの本に推薦文を寄せた経験もある。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たリンキン・パーク

    入場時にかける曲はリンキン・パーク&ジェイ・Zの『Numb/Encore』であり、理由はジェイ・Zが親友のうちの一人であるためだという。ジェイ・Zを通じて、(ジェイ・Zの妻)ビヨンセとも交流がある。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たマーク・テシェイラ

    は、2014年に受けた全試合出場停止処分からの復帰シーズンとなった。年々指名打者としての出場の割合が増えていたが、このシーズンは開幕からほとんど守備に就かない指名打者としての出場である。6月1日のレッドソックス戦で田沢純一から本塁打記録4位のウィリー・メイズに並ぶ660号を放った。ヤンキースとはメイズの記録(正確には歴代の本塁打記録)に並んだ際にボーナスの支払いや関連するプロモーションを行うという契約を結んでいたが、キャッシュマンGMは「球団には権利はあるが義務ない」と話している。7日には単独4位となる661号をホームの試合で放った。13日のオリオールズ戦でMLB史上3人目の2000打点を本塁打で達成した。6月19日、39歳で迎えた通算2631試合目、ヤンキースタジアムで行われた対デトロイト・タイガース戦の1回にジャスティン・バーランダーから本塁打で、MLB史上29人目となる通算3000本安打を達成した(本塁打での達成はウェイド・ボッグス、デレク・ジーターに続いて3人目)。過去に3000安打、600本塁打を達成したのはハンク・アーロンとウィリー・メイズのみであった。また、MLBドラフト全体1位指名選手の3000本安打達成は史上初だった。しかし、過去の度重なる薬物問題の影響から厳しい見方もあり、地元紙のニューヨーク・ポストとニューヨーク・デイリーニューズはともにロドリゲスのカラー写真付きで大きく取り上げるも、見出しには「tainted(汚れた、汚染された、腐敗したなどの意)」、「MR.3000(ミスター3000)」のゼロ3つの中に注射器やアスタリスクをあしらい、皮肉交じりに報じた。このように多大なバッシングを受けながらシーズンを送ったが、大きな故障なく1年を過ごし、実に7シーズンぶり(2014年を除く)の150試合以上となる151試合に出場。打率は.250ながら、チームトップの33本塁打を放ってブライアン・マッキャンに次ぐ同2位の86打点を記録、通算での2000得点も達成。同じく30本塁打以上を放ったマーク・テシェイラが戦線離脱する中、主砲の1人として打線の牽引の一役を担った。一アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たキャメロン・ディアス

    マイアミで出会った一般女性(Cynthia Scurtis)と2002年に結婚。2004年11月に長女、2008年4月に次女がマイアミで誕生したものの、2008年9月に離婚した。離婚前には マドンナとの交際が噂され、離婚後にはハリウッド女優のケイト・ハドソンやキャメロン・ディアスとオープンに交際するなどプレイボーイとして知られる。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たバリー・ボンズ

    thumb|ロドリゲスの打撃フォームジーターやイチローらが両手でバットを振りぬくのに対し、右投げ右打ちだが、ミートしてから右手がバットを離すタイミングが非常に速い。このため左手一本でボールを飛ばしているように見える。NHKでMLBの解説を行っている新井宏昌はこのロドリゲスの打撃フォームを高く評価している。打球は内野フライのような急角度で上昇し、勢いを失わずにそのままスタンドインするような弾道を描く。バリー・ボンズにはバットスピードでは劣るものの、生来のパワーはボンズ以上とも言われ、フィールドのあらゆるところに打球を運ぶことができる。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た新井宏昌

    thumb|ロドリゲスの打撃フォームジーターやイチローらが両手でバットを振りぬくのに対し、右投げ右打ちだが、ミートしてから右手がバットを離すタイミングが非常に速い。このため左手一本でボールを飛ばしているように見える。NHKでMLBの解説を行っている新井宏昌はこのロドリゲスの打撃フォームを高く評価している。打球は内野フライのような急角度で上昇し、勢いを失わずにそのままスタンドインするような弾道を描く。バリー・ボンズにはバットスピードでは劣るものの、生来のパワーはボンズ以上とも言われ、フィールドのあらゆるところに打球を運ぶことができる。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たケイト・ハドソン

    マイアミで出会った一般女性(Cynthia Scurtis)と2002年に結婚。2004年11月に長女、2008年4月に次女がマイアミで誕生したものの、2008年9月に離婚した。離婚前には マドンナとの交際が噂され、離婚後にはハリウッド女優のケイト・ハドソンやキャメロン・ディアスとオープンに交際するなどプレイボーイとして知られる。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たノマー・ガルシアパーラ

    恵まれた大柄な体格と鋭敏な反射神経を誇り、守備範囲は広い。遊撃手としてはデレク・ジーターやノマー・ガルシアパーラ、ミゲル・テハダが華やかな動きをするのに対して、より伝統的で基本に忠実な動きをする遊撃手だと評され、打球がホームプレートから離れたその瞬間に動き出し、非常に滑らかな動きの守備をした。thumb|サードの守備に就くロドリゲスヤンキース移籍後はデレク・ジーターが遊撃手を守っていたため三塁手に転向し、三塁線側から離れて守る。三塁手としてのゴールドグラブ受賞経験はない。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たジャスティン・バーランダー

    は、2014年に受けた全試合出場停止処分からの復帰シーズンとなった。年々指名打者としての出場の割合が増えていたが、このシーズンは開幕からほとんど守備に就かない指名打者としての出場である。6月1日のレッドソックス戦で田沢純一から本塁打記録4位のウィリー・メイズに並ぶ660号を放った。ヤンキースとはメイズの記録(正確には歴代の本塁打記録)に並んだ際にボーナスの支払いや関連するプロモーションを行うという契約を結んでいたが、キャッシュマンGMは「球団には権利はあるが義務ない」と話している。7日には単独4位となる661号をホームの試合で放った。13日のオリオールズ戦でMLB史上3人目の2000打点を本塁打で達成した。6月19日、39歳で迎えた通算2631試合目、ヤンキースタジアムで行われた対デトロイト・タイガース戦の1回にジャスティン・バーランダーから本塁打で、MLB史上29人目となる通算3000本安打を達成した(本塁打での達成はウェイド・ボッグス、デレク・ジーターに続いて3人目)。過去に3000安打、600本塁打を達成したのはハンク・アーロンとウィリー・メイズのみであった。また、MLBドラフト全体1位指名選手の3000本安打達成は史上初だった。しかし、過去の度重なる薬物問題の影響から厳しい見方もあり、地元紙のニューヨーク・ポストとニューヨーク・デイリーニューズはともにロドリゲスのカラー写真付きで大きく取り上げるも、見出しには「tainted(汚れた、汚染された、腐敗したなどの意)」、「MR.3000(ミスター3000)」のゼロ3つの中に注射器やアスタリスクをあしらい、皮肉交じりに報じた。このように多大なバッシングを受けながらシーズンを送ったが、大きな故障なく1年を過ごし、実に7シーズンぶり(2014年を除く)の150試合以上となる151試合に出場。打率は.250ながら、チームトップの33本塁打を放ってブライアン・マッキャンに次ぐ同2位の86打点を記録、通算での2000得点も達成。同じく30本塁打以上を放ったマーク・テシェイラが戦線離脱する中、主砲の1人として打線の牽引の一役を担った。一アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たシアトル・マリナーズ

    、マイアミ大学への入学書へサインをしていたが、シアトル・マリナーズにドラフト1位(全体1位)で指名され、契約を結びプロ入りを果たした。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード