101件中 21 - 30件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    2000年、FA権を取得。紆余曲折の末、テキサス・レンジャーズが10年総額2億5,200万ドルという空前の条件でロドリゲスを獲得する。これは当時のスポーツ界で最高の年俸でもあった。既にロドリゲスはメジャーでも屈指のプレイヤーに数えられ、かつ最高の将来性を持つ存在であったが、この超長期契約とあまりの高額ぶりは、野球界を超えて大きな話題を呼んだ(代理人は辣腕で知られるスコット・ボラス)。古巣マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの試合では、大ブーイングとともに札束の玩具をばらまかれるといった手荒い歓迎がしばらく続いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たワールド・ベースボール・クラシック

    2008年、シーズン途中に右太ももを痛めて20試合以上欠場したが、11年連続35本塁打以上を記録。9月3日のタンパベイ・レイズ戦では、ロドリゲスがレフトポール際に放った打球にメジャーリーグ史上初めてビデオ判定が適用された(判定は本塁打)。年末には2009年に行われるWBCにはドミニカ代表として出場すると表明した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たマイアミ

    は股関節の手術により少なくとも前半戦を欠場することになった。1月29日には、ヒト成長ホルモン、テストステロンなどを様々な禁止薬物をマイアミの自称医師から購入していたことが報じられた。明らかになった資料によると、薬物の代金は2009年から医師の口座に振り込まれており、2012年まで継続して支払われていた。ロドリゲスは即座に専属広報を通して報道を否定する声明を出したが、もはや彼を信用する者は皆無で、メディアやファンから「今すぐ引退するべき」という激しいバッシングを受けた。全国紙USAトゥデイは「ロドリゲスはタイ・カッブ、バリー・ボンズを超えてメジャーリーグ史上最悪の嫌われ者になった」と述べた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たプレーオフ

    ケン・グリフィー・ジュニアが1999年オフにマリナーズを去ったとき、ロドリゲスは「これで我々は長打を打ちながら負けるというチームではなくなった。このチームは観戦していて面白くなるだろう」とコメントした。その言葉通り、翌シーズンはチームをワイルドカードでプレーオフに導くが、皮肉なことにロドリゲス自身が去ったその翌シーズンの2001年にチームはさらに成績を伸ばしてMLB史上最高の勝率で(162戦116勝)地区優勝を果たした。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たESPN

    テキサス・レンジャーズと10年で2億5,200万ドルというスポーツ史上最高額契約を結んだ2000年オフの12月に、ESPNラジオのインタビューで今後誰がこの巨額契約記録を破ると思うかと聞かれ、「2億5,200万ドルは自分のように若くしてこれだけの才能があればこそのものであり、破るのは難しいだろう。デレクのような者でも無理だ。自分ほどのパワーも守備力もないからだ。彼は1億8,000万ドルだろう、いや1億5,000万ドルか」とデレク・ジーターの名に言及した。これについてその後ジーターとは電話でわだかまりを解いた。しかし翌年3月にエスクワイア誌に「ヤンキースはジーターが牽引しているわけではない。彼は2番打者という気楽な立場だ。3番や4番を打つ打者とは違う。ヤンキースと勝負するとき、バーニー・ウィリアムズやポール・オニールはマークするけど、誰も「デレクに気をつけろ」とは言わない。彼は警戒されていないのさ」というコメントが掲載されると、大勢の記者がスプリング・トレーニング中のジーターのところへ押しかけた。ジーターは「今夜アレックスに話を聞く。君たちには明日答える」と即答を避け、翌日許したと記者たちに答えた。その後ロドリゲスは記者に対してジーターを過度に褒め上げ、ジーターの契約額については10年契約ではなく5年か6年のつもりで言ったのだと釈明し、本心を言っているというよりも自分のイメージ回復に努めているように見えるとの記事も書かれた。2007年のスプリングトレーニングでアレックスは、ジーターとの関係について、今でもチームメートとしては全く問題ないものの、当時ほどの仲ではないと語っている。 アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たカル・リプケン

    1975年7月27日、ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。父親はビクター、母親はローデスで両親は靴屋を営んでいた。兄妹にジョセフとスージーがいる。4歳のときに家族はドミニカ共和国のサントドミンゴに移住。父親はそこでドミニカ共和国のマイナーリーグでキャッチャーをしており、息子のアレックスを度々試合に招いた。父親は薬局を営んだが、最終的にはフロリダのマイアミに落ち着く。アレックスが8歳のときに両親は離婚。母親が女手一つで2つの仕事を掛け持ちし、アレックスを育てた。この頃から野球をやる傍ら、メジャーリーグに興味を持ち始める。お気に入りの選手はデール・マーフィーとキース・ヘルナンデス、それにカル・リプケン・ジュニアだった。自身がメジャーリーグにデビューしてからしばらく付けていた背番号3は、デール・マーフィーの背番号に因み、ポジションの遊撃手はカル・リプケン・ジュニアに因むものである。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たオジー・ギーエン

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックでは当初ドミニカ代表として参加することを表明しながら参加自体をとりやめ、その後再びアメリカ代表として参加することを大会メンバー発表直前に自身のホームページを通じて明らかにしたため、ホワイトソックス監督のオジー・ギーエンから「最初のドミニカ代表の表明は、ヒスパニックの人々の歓心を得るための偽善行為だ」と非難された(後にギーエンは謝罪した)。その年のスプリングトレーニングでは、記者とのインタビューや会話で意識して粗野な言い回しを使うなど通常とは全く別のイメージを演出し、「本来の彼はなんなのだ、彼に人格の核はあるのか」と番記者たちを唖然とさせた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たタイ・カッブ

    は股関節の手術により少なくとも前半戦を欠場することになった。1月29日には、ヒト成長ホルモン、テストステロンなどを様々な禁止薬物をマイアミの自称医師から購入していたことが報じられた。明らかになった資料によると、薬物の代金は2009年から医師の口座に振り込まれており、2012年まで継続して支払われていた。ロドリゲスは即座に専属広報を通して報道を否定する声明を出したが、もはや彼を信用する者は皆無で、メディアやファンから「今すぐ引退するべき」という激しいバッシングを受けた。全国紙USAトゥデイは「ロドリゲスはタイ・カッブ、バリー・ボンズを超えてメジャーリーグ史上最悪の嫌われ者になった」と述べた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たジョー・ディマジオ

    2005年6月、メジャーリーグ史上初めて20代で通算400本塁打を達成。最終的にシーズン48本塁打を放ち、4度目の本塁打王とともに2度目のMVPを獲得。ヤンキースでの本塁打王はレジー・ジャクソン以来25年ぶりであった。また、ヤンキース右打者のシーズン最多本塁打数ジョー・ディマジオの46本を68年ぶりに更新した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たブロンソン・アローヨ

    ヤンキース初年となった2004年は36本塁打、106打点という一定の数字を残したが、期待されていた内容としては物足りないとされた。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、ゴロを打って1塁へ走る際、自身をタッチアウトにしようとした投手ブロンソン・アローヨのグラブをはたき、守備妨害でアウトになった。このプレーは波紋を呼び、試合後に「子供じみたプレー」とバッシングを受けた。同シリーズは3連勝後に4連敗という最悪の形で落としている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード