101件中 31 - 40件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアンソニー・ガレア

    2009年末には、ヒト成長ホルモン(HGH)の違法所持で逮捕されたカナダ人医師アンソニー・ガレアの治療を受けていたことが判明し、再び薬物スキャンダルの渦中に晒されることになった。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たマーサ・スチュワート

    2003年12月にアシュトン・カッチャーが進行役を務めるドッキリ番組『パンクト』で「優勝できないチームに所属する負け犬」と一般人から罵られるシチュエーションのいたずらを仕掛けられたが、放映承諾書のサインを拒み、収録テープも破棄させた。2007年2月には自著の絵本の販売促進活動として出演する予定だった番組の質問に対して事前に制限を加えようとしたが、局のニュース方針に反することから局側が制限の具体的内容を問い合わせたところ、ロドリゲス側は回答をせず、当日になって突然に出演キャンセルを代理人経由で申し入れた。その後よりニュース性の薄い娯楽番組2本に出演したが、そのひとつマーサ・スチュワートが司会を務めるショー番組では和やかな雰囲気で皮肉を言われるという屈辱を受けている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たミゲル・テハダ

    恵まれた大柄な体格と鋭敏な反射神経を誇り、守備範囲は広い。遊撃手としてはデレク・ジーターやノマー・ガルシアパーラ、ミゲル・テハダが華やかな動きをするのに対して、より伝統的で基本に忠実な動きをする遊撃手だと評され、打球がホームプレートから離れたその瞬間に動き出し、非常に滑らかな動きの守備をした。thumb|サードの守備に就くロドリゲスヤンキース移籍後はデレク・ジーターが遊撃手として絶対的存在があったため三塁手に転向し、三塁線側からかなり離れて守る。ファウルフライ捕球やバント処理など、三塁手特有の細かいプレーの際にミスがまま見られ、三塁手としては未だゴールドグラブに選出されたことが無い。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たキース・ヘルナンデス

    1975年7月27日、ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。父親はビクター、母親はローデスで両親は靴屋を営んでいた。兄妹にジョセフとスージーがいる。4歳のときに家族はドミニカ共和国のサントドミンゴに移住。父親はそこでドミニカ共和国のマイナーリーグでキャッチャーをしており、息子のアレックスを度々試合に招いた。父親は薬局を営んだが、最終的にはフロリダのマイアミに落ち着く。アレックスが8歳のときに両親は離婚。母親が女手一つで2つの仕事を掛け持ちし、アレックスを育てた。この頃から野球をやる傍ら、メジャーリーグに興味を持ち始める。お気に入りの選手はデール・マーフィーとキース・ヘルナンデス、それにカル・リプケン・ジュニアだった。自身がメジャーリーグにデビューしてからしばらく付けていた背番号3は、デール・マーフィーの背番号に因み、ポジションの遊撃手はカル・リプケン・ジュニアに因むものである。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たマーク・マグワイア

    2007年は、アメリカンリーグ最速記録となる開幕15試合で12本塁打(30打点)に到達。8月4日、メジャー史上最年少(32歳8日、それまでの記録はジミー・フォックスの32歳338日)、出場試合数では史上3番目の早さ(1855戦目、最速記録はマーク・マグワイアの1639戦目)でメジャー史上22人目の通算500本塁打を達成した。シーズンを通して好不調の波はあったものの、3度目の50本塁打以上、自己最高の156打点を記録し、二冠王に輝いた。2007年10月28日、ヤンキースとの残り3年の契約オプションを行使しない事を表明し、正式にフリーエージェントとなった。その後、10年総額2億7,500万ドル(約309億円)、出来高払いを含めると3億ドル(約330億円)の契約で残留した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たスコット・ボラス

    2000年、FA権を取得。紆余曲折の末、テキサス・レンジャーズが10年総額2億5,200万ドルという空前の条件でロドリゲスを獲得する。これは当時のスポーツ界で最高の年俸でもあった。既にロドリゲスはメジャーでも屈指のプレイヤーに数えられ、かつ最高の将来性を持つ存在であったが、この超長期契約とあまりの高額ぶりは、野球界を超えて大きな話題を呼んだ(代理人は辣腕で知られるスコット・ボラス)。古巣マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの試合では、大ブーイングとともに札束の玩具をばらまかれるといった手荒い歓迎がしばらく続いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たジミー・フォックス

    2007年は、アメリカンリーグ最速記録となる開幕15試合で12本塁打(30打点)に到達。8月4日、メジャー史上最年少(32歳8日、それまでの記録はジミー・フォックスの32歳338日)、出場試合数では史上3番目の早さ(1855戦目、最速記録はマーク・マグワイアの1639戦目)でメジャー史上22人目の通算500本塁打を達成した。シーズンを通して好不調の波はあったものの、3度目の50本塁打以上、自己最高の156打点を記録し、二冠王に輝いた。2007年10月28日、ヤンキースとの残り3年の契約オプションを行使しない事を表明し、正式にフリーエージェントとなった。その後、10年総額2億7,500万ドル(約309億円)、出来高払いを含めると3億ドル(約330億円)の契約で残留した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たベーブ・ルース

    マリナーズとレンジャーズでは遊撃手を務めていたが、ヤンキースにおいてはキャプテンであるデレク・ジーターの守備位置であったため、移籍に伴い三塁手にコンバートされた。それまでつけていた背番号3は、ヤンキースではベーブ・ルースの永久欠番でつけることが許されず、変更を余儀なくされ、NFLマイアミ・ドルフィンズの往年の選手ダン・マリーノにならって13番を選択した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たケン・グリフィー・ジュニア

    ケン・グリフィー・ジュニアが1999年オフにマリナーズを去ったとき、ロドリゲスは「これで我々は長打を打ちながら負けるというチームではなくなった。このチームは観戦していて面白くなるだろう」とコメントした。その言葉通り、翌シーズンはチームをワイルドカードでプレーオフに導くが、皮肉なことにロドリゲス自身が去ったその翌シーズンの2001年にチームはさらに成績を伸ばしてMLB史上最高の勝率で(162戦116勝)地区優勝を果たした。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たハンク・ブレイロック

    2003年オフにヤンキースへ移籍した直後にESPNのインタビューで、3年前のレンジャーズへの移籍について、「事前に『アレックス、このチームは君と24人の子供たちになるだろう』と教えられていれば自分はレンジャーズには行かなかった」とコメントした。これに対して、レンジャーズの選手たちはチーム内で「The Cooler(士気を削ぐ者)」というあだ名をロドリゲスにつけ、最も親しかったマイケル・ヤングでさえ、ロドリゲスが去ったあとチームの結束力が向上したと認めるコメントをした。また、2005年のスプリングトレーニングの走塁練習では、三塁手ハンク・ブレイロックが、2004年のプレーオフでのロドリゲスの守備妨害を真似したが、これは皮肉とも考えられる。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード