111件中 41 - 50件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たウィリー・メイズ

    は、2014年に受けた全試合出場停止処分からの復帰シーズンとなった。年々指名打者としての出場の割合が増えていたが、このシーズンは開幕からほとんど守備に就かない指名打者としての出場である。6月1日のレッドソックス戦で田沢純一から本塁打記録4位のウィリー・メイズに並ぶ660号を放った。ヤンキースとはメイズの記録(正確には歴代の本塁打記録)に並んだ際にボーナスの支払いや関連するプロモーションを行うという契約を結んでいたが、キャッシュマンGMは「球団には権利はあるが義務ない」と話している。7日には単独4位となる661号をホームの試合で放った。13日のオリオールズ戦でMLB史上3人目の2000打点を本塁打で達成した。6月19日、39歳で迎えた通算2631試合目、ヤンキースタジアムで行われた対デトロイト・タイガース戦の1回にジャスティン・バーランダーから本塁打で、MLB史上29人目となる通算3000本安打を達成した(本塁打での達成はウェイド・ボッグス、デレク・ジーターに続いて3人目)。過去に3000安打、600本塁打を達成したのはハンク・アーロンとウィリー・メイズのみであった。また、MLBドラフト全体1位指名選手の3000本安打達成は史上初だった。しかし、過去の度重なる薬物問題の影響から厳しい見方もあり、地元紙のニューヨーク・ポストとニューヨーク・デイリーニューズはともにロドリゲスのカラー写真付きで大きく取り上げるも、見出しには「tainted(汚れた、汚染された、腐敗したなどの意)」、「MR.3000(ミスター3000)」のゼロ3つの中に注射器やアスタリスクをあしらい、皮肉交じりに報じた。このように多大なバッシングを受けながらシーズンを送ったが、大きな故障なく1年を過ごし、実に7シーズンぶり(2014年を除く)の150試合以上となる151試合に出場。打率は.250ながら、チームトップの33本塁打を放ってブライアン・マッキャンに次ぐ同2位の86打点を記録、通算での2000得点も達成。同じく30本塁打以上を放ったマーク・テシェイラが戦線離脱する中、主砲の1人として打線の牽引の一役を担った。一アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たマグリオ・オルドニェス

    2月7日、スポーツ・イラストレーテッドは2003年の薬物検査で104人の選手が陽性反応を示し、そのうちロドリゲスはステロイド剤の一種であるテストステロンとプリモボランの陽性反応を示したと報じた。ステロイド剤の使用はルールブックへの記載こそ無かったものの、1991年以降医者の指示のない限りは使用を禁止することが通達されていた上、アメリカ国内での流通も法律上禁止されていた。当時は匿名と罰則なしを条件に検査が実施されたため、メジャーリーグ機構はこの件について一切コメント出来ないとした。2008年4月1日に出版されたホセ・カンセコの暴露本第2弾『ビンディケーテッド』でもステロイド使用者としてマグリオ・オルドニェス、ロジャー・クレメンスと共に名前を挙げられていた。ロドリゲスも当初この件についてはノーコメントを貫いていたが、2月9日にESPNが行った単独インタビューでロドリゲスはテキサス・レンジャーズ時代の2001年から2003年にかけてステロイド剤を使用していたことを認め、謝罪した。史上最高額の契約に見合う力を証明しなくてはならないという重圧を感じていたという(翌年の2004年にはテストの時期を事前に選手会のCOOであるマット・オルザから知らされていたとも言われている)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアンソニー・ガレア

    2009年末にはヒト成長ホルモン(HGH)の違法所持で逮捕されたカナダ人医師アンソニー・ガレアの治療を受けていたことが判明し、再び薬物スキャンダルの渦中に晒されることになった。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たミゲル・テハダ

    恵まれた大柄な体格と鋭敏な反射神経を誇り、守備範囲は広い。遊撃手としてはデレク・ジーターやノマー・ガルシアパーラ、ミゲル・テハダが華やかな動きをするのに対して、より伝統的で基本に忠実な動きをする遊撃手だと評され、打球がホームプレートから離れたその瞬間に動き出し、非常に滑らかな動きの守備をした。thumb|サードの守備に就くロドリゲスヤンキース移籍後はデレク・ジーターが遊撃手を守っていたため三塁手に転向し、三塁線側から離れて守る。三塁手としてのゴールドグラブ受賞経験はない。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たスコット・ボラス

    1月26日にテキサス・レンジャーズと総額2億5200万ドルの10年契約に合意。これは当時のスポーツ界で最高の年俸でもあった。既にロドリゲスはメジャーでも屈指のプレイヤーに数えられ、かつ最高の将来性を持つ存在であったが、この超長期契約とあまりの高額ぶりは、野球界を超えて大きな話題を呼んだ(代理人は辣腕で知られるスコット・ボラス)。古巣マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの試合では、大ブーイングとともに札束の玩具をばらまかれるといった手荒い歓迎がしばらく続いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たブライアン・マッキャン

    は、2014年に受けた全試合出場停止処分からの復帰シーズンとなった。年々指名打者としての出場の割合が増えていたが、このシーズンは開幕からほとんど守備に就かない指名打者としての出場である。6月1日のレッドソックス戦で田沢純一から本塁打記録4位のウィリー・メイズに並ぶ660号を放った。ヤンキースとはメイズの記録(正確には歴代の本塁打記録)に並んだ際にボーナスの支払いや関連するプロモーションを行うという契約を結んでいたが、キャッシュマンGMは「球団には権利はあるが義務ない」と話している。7日には単独4位となる661号をホームの試合で放った。13日のオリオールズ戦でMLB史上3人目の2000打点を本塁打で達成した。6月19日、39歳で迎えた通算2631試合目、ヤンキースタジアムで行われた対デトロイト・タイガース戦の1回にジャスティン・バーランダーから本塁打で、MLB史上29人目となる通算3000本安打を達成した(本塁打での達成はウェイド・ボッグス、デレク・ジーターに続いて3人目)。過去に3000安打、600本塁打を達成したのはハンク・アーロンとウィリー・メイズのみであった。また、MLBドラフト全体1位指名選手の3000本安打達成は史上初だった。しかし、過去の度重なる薬物問題の影響から厳しい見方もあり、地元紙のニューヨーク・ポストとニューヨーク・デイリーニューズはともにロドリゲスのカラー写真付きで大きく取り上げるも、見出しには「tainted(汚れた、汚染された、腐敗したなどの意)」、「MR.3000(ミスター3000)」のゼロ3つの中に注射器やアスタリスクをあしらい、皮肉交じりに報じた。このように多大なバッシングを受けながらシーズンを送ったが、大きな故障なく1年を過ごし、実に7シーズンぶり(2014年を除く)の150試合以上となる151試合に出場。打率は.250ながら、チームトップの33本塁打を放ってブライアン・マッキャンに次ぐ同2位の86打点を記録、通算での2000得点も達成。同じく30本塁打以上を放ったマーク・テシェイラが戦線離脱する中、主砲の1人として打線の牽引の一役を担った。一アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たベーブ・ルース

    2月16日にレンジャーズが1億7900万ドルのうち6700万ドルの年俸を負担することを条件に、アルフォンソ・ソリアーノ、後日発表選手とのトレードでニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。マリナーズとレンジャーズでは遊撃手を務めていたが、ヤンキースにおいてはキャプテンであるデレク・ジーターの守備位置であったため、移籍に伴い三塁手にコンバートされた。それまでつけていた背番号3は、ヤンキースではベーブ・ルースの永久欠番でつけることが許されず、変更を余儀なくされ、NFLマイアミ・ドルフィンズの往年の選手ダン・マリーノにならって13番を選択した。ヤンキース初年となった2004年は36本塁打、106打点という一定の数字を残したが、期待されていた内容としては物足りないとされた。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、ゴロを打って1塁へ走る際、自身をタッチアウトにしようとした投手ブロンソン・アローヨのグラブをはたき、守備妨害でアウトになった。このプレーは波紋を呼び、試合後に「子供じみたプレー」とバッシングを受けた。同シリーズは3連勝後に4連敗という最悪の形で落としている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    には打率.316、41本塁打、132打点を残し、自身初となる100四球を記録した。10月30日にFAとなった。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たシルバースラッガー賞

    シルバースラッガー賞 10回:1996年、1998年 - 2003年(遊撃手部門)、2005年、2007年、2008年(三塁手部門)アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たロサンゼルス・ドジャース

    フロリダの高校時代、当時ロサンゼルス・ドジャースの監督トミー・ラソーダと出会い、卒業したらドジャースに入団したいと云う希望があった。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

111件中 41 - 50件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード