101件中 61 - 70件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たヒト成長ホルモン

    は股関節の手術により少なくとも前半戦を欠場することになった。1月29日には、ヒト成長ホルモン、テストステロンなどを様々な禁止薬物をマイアミの自称医師から購入していたことが報じられた。明らかになった資料によると、薬物の代金は2009年から医師の口座に振り込まれており、2012年まで継続して支払われていた。ロドリゲスは即座に専属広報を通して報道を否定する声明を出したが、もはや彼を信用する者は皆無で、メディアやファンから「今すぐ引退するべき」という激しいバッシングを受けた。全国紙USAトゥデイは「ロドリゲスはタイ・カッブ、バリー・ボンズを超えてメジャーリーグ史上最悪の嫌われ者になった」と述べた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たメジャーリーグベースボール

    アレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス(Alexander Emmanuel Rodriguez, 1975年7月27日 - )は、MLBニューヨーク・ヤンキースに所属するプロ野球選手(三塁手、遊撃手)。愛称はA-Rod(エイ・ロッド)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た三塁手

    アレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス(Alexander Emmanuel Rodriguez, 1975年7月27日 - )は、MLBニューヨーク・ヤンキースに所属するプロ野球選手(三塁手、遊撃手)。愛称はA-Rod(エイ・ロッド)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たドミニカ共和国

    1975年7月27日、ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。父親はビクター、母親はローデスで両親は靴屋を営んでいた。兄妹にジョセフとスージーがいる。4歳のときに家族はドミニカ共和国のサントドミンゴに移住。父親はそこでドミニカ共和国のマイナーリーグでキャッチャーをしており、息子のアレックスを度々試合に招いた。父親は薬局を営んだが、最終的にはフロリダのマイアミに落ち着く。アレックスが8歳のときに両親は離婚。母親が女手一つで2つの仕事を掛け持ちし、アレックスを育てた。この頃から野球をやる傍ら、メジャーリーグに興味を持ち始める。お気に入りの選手はデール・マーフィーとキース・ヘルナンデス、それにカル・リプケン・ジュニアだった。自身がメジャーリーグにデビューしてからしばらく付けていた背番号3は、デール・マーフィーの背番号に因み、ポジションの遊撃手はカル・リプケン・ジュニアに因むものである。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た500本塁打クラブ

    2007年は、アメリカンリーグ最速記録となる開幕15試合で12本塁打(30打点)に到達。8月4日、メジャー史上最年少(32歳8日、それまでの記録はジミー・フォックスの32歳338日)、出場試合数では史上3番目の早さ(1855戦目、最速記録はマーク・マグワイアの1639戦目)でメジャー史上22人目の通算500本塁打を達成した。シーズンを通して好不調の波はあったものの、3度目の50本塁打以上、自己最高の156打点を記録し、二冠王に輝いた。2007年10月28日、ヤンキースとの残り3年の契約オプションを行使しない事を表明し、正式にフリーエージェントとなった。その後、10年総額2億7,500万ドル(約309億円)、出来高払いを含めると3億ドル(約330億円)の契約で残留した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たタンパベイ・レイズ

    2008年、シーズン途中に右太ももを痛めて20試合以上欠場したが、11年連続35本塁打以上を記録。9月3日のタンパベイ・レイズ戦では、ロドリゲスがレフトポール際に放った打球にメジャーリーグ史上初めてビデオ判定が適用された(判定は本塁打)。年末には2009年に行われるWBCにはドミニカ代表として出場すると表明した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    2006 ワールド・ベースボール・クラシックでは当初ドミニカ代表として参加することを表明しながら参加自体をとりやめ、その後再びアメリカ代表として参加することを大会メンバー発表直前に自身のホームページを通じて明らかにしたため、ホワイトソックス監督のオジー・ギーエンから「最初のドミニカ代表の表明は、ヒスパニックの人々の歓心を得るための偽善行為だ」と非難された(後にギーエンは謝罪した)。その年のスプリングトレーニングでは、記者とのインタビューや会話で意識して粗野な言い回しを使うなど通常とは全く別のイメージを演出し、「本来の彼はなんなのだ、彼に人格の核はあるのか」と番記者たちを唖然とさせた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアナボリックステロイド

    2月7日に2003年の薬物検査でステロイド剤の陽性反応を示したと報じられ、2月9日にそのことを認めた。その後、WBCドミニカ代表の合宿に合流したが、直後に右臀部の故障が判明。WBC出場を取りやめ、緊急手術を受けた。リハビリを経て、5月8日のボルティモア・オリオールズ戦で復帰した。その復帰戦の第1打席で初球本塁打を放ち、現地のYESネットワークの実況は「A fairy tale swing」(おとぎ話のようなスイング)と表現した。10月4日、レギュラーシーズン最終戦となる対タンパベイ・レイズ戦で6回無死1、2塁から逆転3ランを放つと、この回2度目の打席で満塁本塁打を放ち、1イニング7打点のアメリカンリーグ新記録を達成した。この日の2本塁打、7打点で30本塁打、100打点に到達し、12年連続の「30本、100打点」はメジャーリーグタイ記録で、通算13度目はメジャーリーグ新記録となった。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たセーフコ・フィールド

    2000年、FA権を取得。紆余曲折の末、テキサス・レンジャーズが10年総額2億5,200万ドルという空前の条件でロドリゲスを獲得する。これは当時のスポーツ界で最高の年俸でもあった。既にロドリゲスはメジャーでも屈指のプレイヤーに数えられ、かつ最高の将来性を持つ存在であったが、この超長期契約とあまりの高額ぶりは、野球界を超えて大きな話題を呼んだ(代理人は辣腕で知られるスコット・ボラス)。古巣マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの試合では、大ブーイングとともに札束の玩具をばらまかれるといった手荒い歓迎がしばらく続いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た5ツールプレイヤー

    1998年には、打率3割、打点100以上に加えて、メジャー史上3人目の40本塁打40盗塁を達成(シーズン40本塁打は遊撃手として史上3人目)し、メジャー屈指の5ツールプレイヤーに成長した。トップクラスのスラッガーでありながら守備負担の大きい遊撃手を守るという、新しいスタイルを確立した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード