111件中 61 - 70件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たウィンターリーグ

    生まれ故郷のアメリカ合衆国と、両親の故郷ドミニカ共和国の二重国籍保持者であり、英語とスペイン語のバイリンガルである。「『俺はドミニカ人だ!』と、声を大にして言いたい」と語っており、ドミニカ人であることを誇りに思っている。幼少時にドミニカ共和国のサントドミンゴに3年間滞在した経験があり、メジャーに昇格する前はドミニカ共和国のウィンターリーグにも参加していた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たテストステロン

    2月7日、スポーツ・イラストレーテッドは2003年の薬物検査で104人の選手が陽性反応を示し、そのうちロドリゲスはステロイド剤の一種であるテストステロンとプリモボランの陽性反応を示したと報じた。ステロイド剤の使用はルールブックへの記載こそ無かったものの、1991年以降医者の指示のない限りは使用を禁止することが通達されていた上、アメリカ国内での流通も法律上禁止されていた。当時は匿名と罰則なしを条件に検査が実施されたため、メジャーリーグ機構はこの件について一切コメント出来ないとした。2008年4月1日に出版されたホセ・カンセコの暴露本第2弾『ビンディケーテッド』でもステロイド使用者としてマグリオ・オルドニェス、ロジャー・クレメンスと共に名前を挙げられていた。ロドリゲスも当初この件についてはノーコメントを貫いていたが、2月9日にESPNが行った単独インタビューでロドリゲスはテキサス・レンジャーズ時代の2001年から2003年にかけてステロイド剤を使用していたことを認め、謝罪した。史上最高額の契約に見合う力を証明しなくてはならないという重圧を感じていたという(翌年の2004年にはテストの時期を事前に選手会のCOOであるマット・オルザから知らされていたとも言われている)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た暴露話

    2月7日、スポーツ・イラストレーテッドは2003年の薬物検査で104人の選手が陽性反応を示し、そのうちロドリゲスはステロイド剤の一種であるテストステロンとプリモボランの陽性反応を示したと報じた。ステロイド剤の使用はルールブックへの記載こそ無かったものの、1991年以降医者の指示のない限りは使用を禁止することが通達されていた上、アメリカ国内での流通も法律上禁止されていた。当時は匿名と罰則なしを条件に検査が実施されたため、メジャーリーグ機構はこの件について一切コメント出来ないとした。2008年4月1日に出版されたホセ・カンセコの暴露本第2弾『ビンディケーテッド』でもステロイド使用者としてマグリオ・オルドニェス、ロジャー・クレメンスと共に名前を挙げられていた。ロドリゲスも当初この件についてはノーコメントを貫いていたが、2月9日にESPNが行った単独インタビューでロドリゲスはテキサス・レンジャーズ時代の2001年から2003年にかけてステロイド剤を使用していたことを認め、謝罪した。史上最高額の契約に見合う力を証明しなくてはならないという重圧を感じていたという(翌年の2004年にはテストの時期を事前に選手会のCOOであるマット・オルザから知らされていたとも言われている)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たESPN

    2月7日、スポーツ・イラストレーテッドは2003年の薬物検査で104人の選手が陽性反応を示し、そのうちロドリゲスはステロイド剤の一種であるテストステロンとプリモボランの陽性反応を示したと報じた。ステロイド剤の使用はルールブックへの記載こそ無かったものの、1991年以降医者の指示のない限りは使用を禁止することが通達されていた上、アメリカ国内での流通も法律上禁止されていた。当時は匿名と罰則なしを条件に検査が実施されたため、メジャーリーグ機構はこの件について一切コメント出来ないとした。2008年4月1日に出版されたホセ・カンセコの暴露本第2弾『ビンディケーテッド』でもステロイド使用者としてマグリオ・オルドニェス、ロジャー・クレメンスと共に名前を挙げられていた。ロドリゲスも当初この件についてはノーコメントを貫いていたが、2月9日にESPNが行った単独インタビューでロドリゲスはテキサス・レンジャーズ時代の2001年から2003年にかけてステロイド剤を使用していたことを認め、謝罪した。史上最高額の契約に見合う力を証明しなくてはならないという重圧を感じていたという(翌年の2004年にはテストの時期を事前に選手会のCOOであるマット・オルザから知らされていたとも言われている)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た遊撃手

    には、打率3割、打点100以上に加えて、メジャー史上3人目の40本塁打40盗塁を達成(シーズン40本塁打は遊撃手として史上3人目)し、メジャー屈指の5ツールプレイヤーに成長した。トップクラスのスラッガーでありながら守備負担の大きい遊撃手を守るという、新しいスタイルを確立した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たメジャーリーグベースボール

    はシーズン途中に右太ももを痛めて20試合以上欠場したが、11年連続35本塁打以上を記録。9月3日のタンパベイ・レイズ戦では、ロドリゲスがレフトポール際に放った打球にメジャーリーグ史上初めてビデオ判定が適用された(判定は本塁打)。年末には2009年に行われるWBCにはドミニカ代表として出場すると表明した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のアメリカ合衆国代表に選出された。シーズンでは30歳にして通算2000本安打を達成したが、シーズンでは7年ぶりに年間塁打数が300を切るなど不調で、自己ワーストとなる24失策を記録するなど攻守ともに精彩を欠いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック

    開幕前の3月に開催された第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のアメリカ合衆国代表に選出された。シーズンでは30歳にして通算2000本安打を達成したが、シーズンでは7年ぶりに年間塁打数が300を切るなど不調で、自己ワーストとなる24失策を記録するなど攻守ともに精彩を欠いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアメリカ合衆国

    アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez、本名:アレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス(Alexander Emmanuel Rodriguez、1975年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区出身の元プロ野球選手。愛称はA-Rod(エイ・ロッド)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たブルックリン区

    アレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez、本名:アレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス(Alexander Emmanuel Rodriguez、1975年7月27日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区出身の元プロ野球選手。愛称はA-Rod(エイ・ロッド)。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

111件中 61 - 70件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード