101件中 81 - 90件表示
  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た野球ドミニカ共和国代表

    ワールド・ベースボール・クラシックにはアメリカ合衆国・ドミニカ共和国の双方で出場資格があり、第1回大会にはドミニカ代表として参加すると見られていたが、一旦は「アメリカ、ドミニカのどちらの名も傷つけたくない」として出場辞退を表明。その後、紆余曲折を経て、結局アメリカ代表として出場した。生まれ育った土地であるアメリカにも強い愛着があり、アメリカの一市民であることを優先させたという。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たビデオ判定

    2008年、シーズン途中に右太ももを痛めて20試合以上欠場したが、11年連続35本塁打以上を記録。9月3日のタンパベイ・レイズ戦では、ロドリゲスがレフトポール際に放った打球にメジャーリーグ史上初めてビデオ判定が適用された(判定は本塁打)。年末には2009年に行われるWBCにはドミニカ代表として出場すると表明した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たドッキリ

    2003年12月にアシュトン・カッチャーが進行役を務めるドッキリ番組『パンクト』で「優勝できないチームに所属する負け犬」と一般人から罵られるシチュエーションのいたずらを仕掛けられたが、放映承諾書のサインを拒み、収録テープも破棄させた。2007年2月には自著の絵本の販売促進活動として出演する予定だった番組の質問に対して事前に制限を加えようとしたが、局のニュース方針に反することから局側が制限の具体的内容を問い合わせたところ、ロドリゲス側は回答をせず、当日になって突然に出演キャンセルを代理人経由で申し入れた。その後よりニュース性の薄い娯楽番組2本に出演したが、そのひとつマーサ・スチュワートが司会を務めるショー番組では和やかな雰囲気で皮肉を言われるという屈辱を受けている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たアメリカンリーグ

    アメリカンリーグ年間MVP 3回:2003年、2005年、2007年アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たブルックリン区

    1975年7月27日、ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。父親はビクター、母親はローデスで両親は靴屋を営んでいた。兄妹にジョセフとスージーがいる。4歳のときに家族はドミニカ共和国のサントドミンゴに移住。父親はそこでドミニカ共和国のマイナーリーグでキャッチャーをしており、息子のアレックスを度々試合に招いた。父親は薬局を営んだが、最終的にはフロリダのマイアミに落ち着く。アレックスが8歳のときに両親は離婚。母親が女手一つで2つの仕事を掛け持ちし、アレックスを育てた。この頃から野球をやる傍ら、メジャーリーグに興味を持ち始める。お気に入りの選手はデール・マーフィーとキース・ヘルナンデス、それにカル・リプケン・ジュニアだった。自身がメジャーリーグにデビューしてからしばらく付けていた背番号3は、デール・マーフィーの背番号に因み、ポジションの遊撃手はカル・リプケン・ジュニアに因むものである。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たサイクル安打

    1996年に、36本塁打、123打点、21歳と史上3番目の若さで首位打者、球団記録となる打率.358、141得点、215安打、54二塁打を記録し、めきめきと頭角を現していった。1997年にも打率.300、23本塁打、84打点の好成績を収め、同年6月5日のタイガース戦ではサイクル安打を達成した。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たニューヨーク

    1975年7月27日、ニューヨーク市ブルックリン区に生まれる。父親はビクター、母親はローデスで両親は靴屋を営んでいた。兄妹にジョセフとスージーがいる。4歳のときに家族はドミニカ共和国のサントドミンゴに移住。父親はそこでドミニカ共和国のマイナーリーグでキャッチャーをしており、息子のアレックスを度々試合に招いた。父親は薬局を営んだが、最終的にはフロリダのマイアミに落ち着く。アレックスが8歳のときに両親は離婚。母親が女手一つで2つの仕事を掛け持ちし、アレックスを育てた。この頃から野球をやる傍ら、メジャーリーグに興味を持ち始める。お気に入りの選手はデール・マーフィーとキース・ヘルナンデス、それにカル・リプケン・ジュニアだった。自身がメジャーリーグにデビューしてからしばらく付けていた背番号3は、デール・マーフィーの背番号に因み、ポジションの遊撃手はカル・リプケン・ジュニアに因むものである。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たパンクト

    2003年12月にアシュトン・カッチャーが進行役を務めるドッキリ番組『パンクト』で「優勝できないチームに所属する負け犬」と一般人から罵られるシチュエーションのいたずらを仕掛けられたが、放映承諾書のサインを拒み、収録テープも破棄させた。2007年2月には自著の絵本の販売促進活動として出演する予定だった番組の質問に対して事前に制限を加えようとしたが、局のニュース方針に反することから局側が制限の具体的内容を問い合わせたところ、ロドリゲス側は回答をせず、当日になって突然に出演キャンセルを代理人経由で申し入れた。その後よりニュース性の薄い娯楽番組2本に出演したが、そのひとつマーサ・スチュワートが司会を務めるショー番組では和やかな雰囲気で皮肉を言われるという屈辱を受けている。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た二重国籍

    生まれ故郷のアメリカ合衆国と、両親の故郷ドミニカ共和国の二重国籍保持者であり、英語とスペイン語のバイリンガルである。「『俺はドミニカ人だ!』と、声を大にして言いたい」と語っており、ドミニカ人であることを誇りに思っている。幼少時にドミニカ共和国のサントドミンゴに3年間滞在した経験があり、メジャーに昇格する前はドミニカ共和国のウィンターリーグにも参加していた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見た50本塁打クラブ

    年間50本塁打選手の盗塁数(タイ記録) 24:2007年アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示

「アレックス・ロドリゲス」のニューストピックワード