71件中 31 - 40件表示
  • アレッサンドロ

    アレッサンドロから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロ(1974年 - ) - イタリアのサッカー選手。同国代表FW。アレッサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • ガエターノ・シレア

    ガエターノ・シレアから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    イタリア史上屈指のリベロ。ユヴェントスやイタリア代表では、ゴールキーパーのディノ・ゾフとともに鉄壁の守備陣を築き、ユヴェントスのUEFAチャンピオンズカップ優勝や7度のスクデット獲得、アッズーリのスペインW杯優勝の原動力となった。ユヴェントスでの公式戦出場552試合は、2008年にアレッサンドロ・デル・ピエロによって破られるまでのクラブ記録だった。イタリア代表においては、フランコ・バレージを抑えて長年レギュラーとして活躍した。ガエターノ・シレア フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決

    サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2006 FIFAワールドカップ準決勝において、ドイツとイタリアはドルトムントのヴェストファーレンシュタディオンにて試合を行った。7月4日に行われた試合には65,000人の観衆が詰めかけた。ファビオ・グロッソとアレッサンドロ・デル・ピエロのゴールによりイタリアはドイツを延長戦の末に下して決勝に駒を進め、この大会で優勝を飾った。アンドレア・ピルロはこの試合の最優秀選手に輝いた。ドイツはこれまでヴェストファーレンシュタディオンにおいて敗れたことがなかったが、これが初めての敗戦となった。サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ディ・ナターレ

    アントニオ・ディ・ナターレから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    イタリア代表ではジョバンニ・トラパットーニ監督時代の2002年11月20日の親善試合・トルコ戦でデビュー。2004年2月11日のチェコとの親善試合で代表初得点を挙げた。「背番号10」を背負った経験もあるが、同じポジションにアレッサンドロ・デル・ピエロが君臨していたため構想から外れ、EURO2004のメンバーからは落選した。監督がマルチェロ・リッピに変わると招集される事すら稀となり、W杯ドイツ大会のメンバーにも入れなかった。アントニオ・ディ・ナターレ フレッシュアイペディアより)

  • ピントゥリッキオ

    ピントゥリッキオから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    イタリア出身のサッカー選手・アレッサンドロ・デル・ピエロはその美しくも繊細で芸術的なプレーから、しばしばピントゥリッキオに例えられ賞賛されている。ピントゥリッキオ フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ

    ジエゴ・リバス・ダ・クーニャから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    背番号10に愛着を持っているが、ユヴェントスでは10番はチームの顔でありキャプテンであるアレッサンドロ・デル・ピエロがつけていたため、28番を選択した。これは2+8=10であることと、自身の誕生日が2月28日であることに由来する。なお、ブレーメンとヴォルフスブルクでは10番を背負っている。ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ジョビンコ

    セバスティアン・ジョビンコから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    「イタリアの至宝」と呼ばれ、あのマルチェロ・リッピも賞賛も惜しまない高い戦術理解度とピルロにも匹敵するフリーキックを持つと言われ、ゾフはファンタジーの面ではデル・ピエロを超えると言っている。セバスティアン・ジョビンコ フレッシュアイペディアより)

  • 東口順昭

    東口順昭から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2012年はリハビリからのスタートとなったが、4月4日に行われたナビスコ杯予選リーグ第2節の清水エスパルス戦で約7ヶ月ぶりに先発復帰を果たした。また、7月21日に行われた東日本大震災復興支援 2012JリーグスペシャルマッチのJリーグ選抜メンバーに選出。前半45分間に出場し、Jリーグ TEAM AS ONEの元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロと対戦した。チームが得点力不足で苦しむ中でも安定した守りで鼓舞していたが、10月13日のザスパ草津U-23とのトレーニングマッチで負傷。右ひざ前十字靭帯再断裂ならびに内側側副靭帯損傷で全治8ヶ月となり、2年連続での長期離脱となってしまった。東口順昭 フレッシュアイペディアより)

  • エンツォ・フランチェスコリ

    エンツォ・フランチェスコリから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    リーベル・プレートで過ごした3年半でアペルトゥーラ・クラウスーラ合わせて4度リーグ優勝し、2度目の得点王に輝いた。1995年には再び南米年間最優秀選手賞に選ばれ、1996年にはコパ・リベルタドーレス優勝を果たした。トヨタカップのために来日し、ジネディーヌ・ジダンやアレッサンドロ・デル・ピエロらを擁したユベントス(イタリア)と対戦したが、0-1で敗戦した。1999年8月1日には幼少期からの憧れのクラブであったペニャロールとの引退試合が行われ、8万人の観客に加えてウルグアイのフリオ・マリア・サンギネッティ大統領やアルゼンチンのカルロス・メネム大統領も駆け付けた。エンツォ・フランチェスコリ フレッシュアイペディアより)

  • ニイ・ランプティ

    ニイ・ランプティから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    初めて国際デビューを果たしたのは15歳の頃、1989 FIFA U-16世界選手権だった。彼を世界的な有名選手にしたのは1991 FIFA U-17世界選手権である。ファン・セバスティアン・ベロンやアレッサンドロ・デル・ピエロらが出場したこの大会でガーナはアレックス・オポク、モハメド・ガルゴ、エマニュエル・ドゥアーら強力な攻撃陣を擁して優勝し、その中心にいたランプティ自身もゴールデンボール賞(大会最優秀選手)に、アドリアーノと共に得点王に輝いた。ペレ本人に『新たなペレ』と称され、将来を強く嘱望されるようになった。1991年度のフランス・フットボール誌によるアフリカ年間最優秀選手賞の選考では、17歳にして5位にランクインした。ニイ・ランプティ フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「アレッサンドロ・デルピエロ」のニューストピックワード