82件中 31 - 40件表示
  • トビアス・ヒーセン

    トビアス・ヒーセンから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2004年に1部のユールゴーデンIFへ移籍金200万スウェーデン・クローナの4年契約で加入。ユールゴーデンでの1年目でIFKヨーテボリとのスウェーデンカップ決勝に到達すると、に1得点奪われたものの、の2得点との1得点で3-1とし、自身初タイトルを獲得。翌2005年には、1試合を除く29試合に出場し初リーグ優勝を経験。それから1週間後に行われたとのカップ戦決勝を2-0で制し2連覇にして、リーグとカップの2冠を達成。初出場となったUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05予選3回戦イタリア セリエAのユヴェントスFCとの第1戦で得点を挙げ、2-2で引き分けに持ち込んだものの最終的に2試合合計6-3で敗れ本大会進出を逃した。この試合をヒーセンは、アレッサンドロ・デル・ピエロ, ジャンルカ・ザンブロッタ, ダヴィド・トレゼゲ, ジャンルイジ・ブッフォンらとのマッチアップは、キャリア最大の経験にして絶対に忘れられないものと後に回顧している。ユヴェントスに敗れたことで出場することになったUEFAカップ2004-051回戦オランダ エールディヴィジのFCユトレヒト戦では第1戦で0-4で敗れるも、第2戦でヒーセンは2得点挙げる活躍を見せ3-0と勝利に貢献するも、2試合合計3-4で敗れ早期敗退となった。また、2005-06にはデンマーク・スーペルリーガ, ノルウェー エリテセリエン, スウェーデン アルスヴェンスカンのスカンディナヴィア3ヶ国によるロイヤルリーグで優勝を逃したものの、FCミッティラントのと共に6得点を挙げ得点王に輝いた。トビアス・ヒーセン フレッシュアイペディアより)

  • ティアゴ・メンデス

    ティアゴ・メンデスから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2シーズン目開始時にエヴァートンFCからシーズン終了までの期限付き移籍の提案がなされ、クラブ間合意に達したことでプレミアリーグの舞台への復帰の機会を得たが、ティアゴ自身が残留を望み拒否したことで終了を迎えた。そんな中、移籍市場が終了後にティアゴはクラブのジョヴァンニ・コッボリ・ジリ会長を練習場のトイレに閉じ込める事件をおこした(それから約1時間後に主将のアレッサンドロ・デル・ピエロにより同会長は救助された)。その後、クラウディオ・ラニエリ監督の下で連続で先発起用されたことで地位を確立したかに思われた矢先、2008年11月のインテルナツィオナーレ・ミラノ戦で試合開始から程なくして深刻な膝の負傷によりピッチを後にし、2ヶ月の離脱を余儀なくされた。ティアゴ・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • デルピエロ (お笑いコンビ)

    デルピエロ (お笑いコンビ)から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    趣味は、コンビ名の由来ともなったアレッサンドロ・デル・ピエロのフィギュア収集、シルク・ドゥ・ソレイユ鑑賞。デルピエロ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ナッシュ

    スティーブ・ナッシュから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    サッカー一家に育ち、自身も少年時代はサッカーに熱中していたことから、NBAでも屈指のサッカーフリークとして知られる。お気に入りのチームはプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFC。これはナッシュの父の出身がロンドンのトッテナムであり、熱狂的なサポーターであったことからである。マーベリックス時代のチームメイト、ダーク・ノヴィツキーとは、サッカーを通して親交を深めている。また世界的なサッカー選手であるアレッサンドロ・デル・ピエロ、ティエリ・アンリ、オーウェン・ハーグリーヴス、マッシモ・アンブロジーニ、スティーブ・マクマナマン、リオネル・メッシ、ハビエル・マスチェラーノらとも個人的な親交を持っており、毎年オフに開催されるナッシュのチャリティーサッカーゲームには多数の現役サッカー選手が参加している。スティーブ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のサッカー

    2012年のサッカーから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    【Jリーグ】 東日本大震災復興支援 Jリーグスペシャルマッチが行われ、アレッサンドロ・デル・ピエロ(元イタリア代表)が2得点の活躍で会場を沸かせた。2012年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • さんまの天国と地獄

    さんまの天国と地獄から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    ワールドカップとほぼ同時期にフジテレビ系列で放送されていたドラマ「空から降る一億の星」でさんまと共演した木村拓哉が、イタリア代表デル・ピエロのサイン入りユニフォームが欲しいと言ったためジローラモがサインをもらいに行く企画があった。ジローラモは見事サインをもらう事に成功するが、デル・ピエロが行ってしまった後「To Takuya」(拓哉へ)と書いてもらうのを忘れた事に気づき、自分で書き足してしまった。これにはさんまも「何て事するの!?」と呆然。結局さんまがこのユニフォームを木村拓哉に渡したらしい。さんまの天国と地獄 フレッシュアイペディアより)

  • プランス=デジル・グアノ

    プランス=デジル・グアノから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    幼い時からユヴェントスのファンであり、アレッサンドロ・デル・ピエロのサイン入りユニフォームを持っている。プランス=デジル・グアノ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動

    東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動から見たアレッサンドロ・デルピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デルピエロは9月13日、東日本大震災の復興支援ために取り組んだオリジナルTシャツ販売の収益など30万3800ドル(約2380万円)を日本赤十字社に寄付すると発表した。東日本大震災に対する個人・その他各種団体の支援活動 フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルカ・コモット

    ジャンルカ・コモットから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    様々なプロビンチャをレンタルや共同保有で転々としながらも、キャリアを通してトリノFCとの関係が深い選手であり同クラブではキャプテンを務めた。そういった経緯から、トリノFCとライバル関係にあるユヴェントスのキャプテンであり、同クラブの象徴でもあるアレッサンドロ・デル・ピエロに対してマスコミを通じて数々の問題発言をすることでも知られる。そのことからユヴェントスを敵対視するフィオレンティーナのティフォージからの受けは良い。フィオレンティーナにはクラブがセリエC2に降格時にも在籍し、2008年に出戻りという形で移籍した。フィオレンティーナのスポーツディレクターであるパンタレオ・コルヴィーノに、「2008年時にセリエAではマイコン以外でコモット以上の右サイドバックはいない」という獲得理由を述べていた。ジャンルカ・コモット フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ジョヴィンコ

    セバスティアン・ジョヴィンコから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    「イタリアの至宝」と呼ばれ、マルチェロ・リッピも賞賛する高い戦術理解度とアンドレア・ピルロにも匹敵するフリーキックを持つと言われ、ディノ・ゾフはファンタジーの面ではデル・ピエロを超えると評価している。セバスティアン・ジョヴィンコ フレッシュアイペディアより)

82件中 31 - 40件表示