82件中 41 - 50件表示
  • ロベルト・バッジョ

    ロベルト・バッジョから見たデル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1998年フランスワールドカップでは、デル・ピエロに背番号10番を譲ったが、大会を通じて2得点1アシストを記録した。ロベルト・バッジョ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・バッジョ

    ロベルト・バッジョから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    その後の1995年、若手のアレッサンドロ・デル・ピエロが台頭するなか、高額の年俸更新を避けたいユヴェントスはインテルへの移籍交渉を進めていた。選手の頭越しの交渉に反発したバッジョは、あえてインテルのライバルチームであるACミランへの移籍を自ら選択。しかしこれが災いし結果的に出場機会を減らすこととなった。ACミランではファビオ・カペッロ及びアリゴ・サッキ監督がFWにデヤン・サヴィチェヴィッチを重用、バッジョの起用は限定的なものとなり在籍2シーズン中に目立った数字を残すことはできなかった。ロベルト・バッジョ フレッシュアイペディアより)

  • ガエターノ・シレア

    ガエターノ・シレアから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    。ユヴェントスやイタリア代表では、ゴールキーパーのディノ・ゾフとともに鉄壁の守備陣を築き、ユヴェントスのUEFAチャンピオンズカップ優勝や7度のスクデット獲得、アッズーリのスペインW杯優勝の原動力となった。ユヴェントスでの公式戦出場552試合は、2008年にアレッサンドロ・デル・ピエロによって破られるまでのクラブ記録だった。イタリア代表においては、フランコ・バレージを抑えて長年レギュラーとして活躍した。ガエターノ・シレア フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・ディ・ナターレ

    アントニオ・ディ・ナターレから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    イタリア代表ではジョバンニ・トラパットーニ監督時代の2002年11月20日の親善試合・トルコ戦でデビュー。2004年2月11日のチェコとの親善試合で代表初得点を挙げた。「背番号10」を背負った経験もあるが、同じポジションにアレッサンドロ・デル・ピエロが君臨していたため構想から外れ、EURO2004のメンバーからは落選した。監督がマルチェロ・リッピに変わると招集されることは少なくなり、W杯ドイツ大会のメンバーにも落選した。アントニオ・ディ・ナターレ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ヴィエリ

    クリスティアン・ヴィエリから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    デビューはセリエC1プラート。そのシーズンの90年2月、後に900億リラの移籍金で加入する事となるインテルが獲得しようとしていたが実現ならず、シーズン終了後に率いるトリノと契約(トリノ移籍はモンドニコが獲得を考えていたためであった)。しかし、トリノはFWを必要としてなくやワルテル・カーザグランデの控えとしての役回りをする機会が殆どとなる。その後様々なクラブを転々としながら徐々に頭角を現していき、1996-97シーズンにはユヴェントスに移籍し、デル・ピエロとともにこれからのユヴェントスを支えていく若手期待の星として活躍し始めた。このままユヴェントスで順調にキャリアを重ねていくと思いきや、翌1997-98シーズンにはスペインのアトレティコ・マドリードに移籍し、リーガ・エスパニョーラ初参戦にして24試合24得点という成績を残し、得点王を獲得。「リーガは生ぬるい」と発言し、翌シーズンには自身の故郷のラツィオに移籍、セリエAへ復帰した。クリスティアン・ヴィエリ フレッシュアイペディアより)

  • FIFA トータルフットボール

    FIFA トータルフットボールから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    操作選手以外の選手に指示を出して動かせるオフ・ザ・ボール コントロール、チームを運営するフランチャイズモード、1対1のオンライン対戦などが新しく追加された。オフ・ザ・ボール コントロールの機能の開発にあたり。パッケージの表紙を飾っているロナウジーニョ、デル・ピエロ、ティエリ・アンリが協力している。FIFA トータルフットボール フレッシュアイペディアより)

  • ダルコ・コバチェビッチ

    ダルコ・コバチェビッチから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1999年にイタリア・セリエAのユヴェントスFCに移籍。ユヴェントスFCにはアレッサンドロ・デル・ピエロやフィリッポ・インザーギなどが在籍していたが、リーグ戦でも欧州カップ戦でもそれなりの得点を挙げ、1999-2000シーズンにはUEFAカップで10得点を挙げて得点王となった。しかし、ユヴェントスFCのフロントはコバチェビッチが期待に応えていないと感じていたため、両者はイタリア国外で移籍先を探し、スコットランドのレンジャーズFCが1200万ポンドの移籍金を提示して獲得を狙った。ダルコ・コバチェビッチ フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・オルテガ

    アリエル・オルテガから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1996年にはトヨタカップで来日も果たした(この時はクロスバーにあたる際どいシュートを放つが、デル・ピエロ、ジダンらを擁するユヴェントスに1-0で敗北した)。ユヴェントスはオルテガを獲得を検討して、かつてユヴェントスでプレーしたシボリを介してオルテガの情報を集めていた。アリエル・オルテガ フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    また一般人でも有名なのはカカの夫人でディオール令嬢のカロリーネ・セリコ(後に歌手デビューを果たしている)、ジャンルカ・ザンブロッタ夫人のヴァレンティーナ、ロケ・サンタクルス夫人のジゼル、アレッサンドロ・デル・ピエロ夫人のソニアなどである。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • 森安洋文

    森安洋文から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2011-12シーズンは出場機会が減少し、コンスタントにプレーできる環境を求めて8月に1年間残った契約を解消した。また9月に元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロが加入した影響で、チームの外国人枠からも漏れていた。森安洋文 フレッシュアイペディアより)

82件中 41 - 50件表示