71件中 41 - 50件表示
  • ダヴィデ・キウミエント

    ダヴィデ・キウミエントから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    FCザンクト・ガレンの下部組織からユヴェントスの下部組織に移った当時はアレッサンドロ・デル・ピエロの後継者として期待されていた時期も合ったがトップチームには1試合に出場したのみでレンタル生活を余儀なくされた、ル・マンUC時代は松井大輔と共にプレーしたがフィジカル重視のリーグ・アンの中でスタメンを奪なかった。翌シーズンはBSCヤングボーイズに移籍しハカン・ヤキンと共にプレーした。ダヴィデ・キウミエント フレッシュアイペディアより)

  • トビアス・ヒーセン

    トビアス・ヒーセンから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05予選3回戦で、自身も1ゴール決めたユヴェントスとの対戦。アレッサンドロ・デル・ピエロやジャンルイジ・ブッフォンとのマッチアップは、キャリア最大の経験にして絶対に忘れられないと語った。トビアス・ヒーセン フレッシュアイペディアより)

  • プリンス・デジル・グアノ

    プリンス・デジル・グアノから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    幼い時からユベントスのファンであり、アレッサンドロ・デル・ピエロのサイン入りユニフォームを持っている。プリンス・デジル・グアノ フレッシュアイペディアより)

  • ジャンルイジ・ブッフォン

    ジャンルイジ・ブッフォンから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    所属チームであるユーヴェの八百長行為によりチームがセリエBへ降格することが決定し、ファビオ・カンナヴァーロやジャンルカ・ザンブロッタなど多くのチームメイトが移籍していく中、アレッサンドロ・デル・ピエロやパベル・ネドベドらと同じくユーヴェに残留する意向であることを代理人を通じてラジオで発表した。ジャンルイジ・ブッフォン フレッシュアイペディアより)

  • 中田浩二 (サッカー選手)

    中田浩二 (サッカー選手)から見たアレッサンドロ・デルピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    そのルックスから、2003年に水泳のイアン・ソープ、サッカーのアレッサンドロ・デルピエロ(ユヴェントス)、デビッド・ベッカム(当時マンチェスター・ユナイテッド)、女子テニスのアンナ・クルニコワ(ロシア)とともに、adidas社によって“世界イケメン5傑”に選出されている。中田浩二 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    『+10 中村俊輔+10 vs デルピエロ+10篇』(2006年) - アレッサンドロ・デル・ピエロとの共演中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • デルピエロ (お笑いコンビ)

    デルピエロ (お笑いコンビ)から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    趣味は、コンビ名の由来ともなったアレッサンドロ・デル・ピエロのフィギュア収集、シルク・ドゥ・ソレイユ鑑賞。デルピエロ (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    11月9日 - アレッサンドロ・デル・ピエロ、サッカー選手1974年 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・ヴィーゼ

    ティム・ヴィーゼから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2006年3月7日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦・ユベントスとの第2戦で、ヴィーゼは好セーブを連発。ホームの第1戦で3-2で勝利していたためチームも勝利目前であったが、後半43分にアレッサンドロ・デル・ピエロの右コーナーキックをファンブル。それをエメルソン・フェレイラに押し込まれてこの試合は1-2で敗戦。結局2戦合計4-4となり、チームはアウェーゴールの差で敗れた。ティム・ヴィーゼ フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月24日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「アレッサンドロ・デルピエロ」のニューストピックワード