82件中 51 - 60件表示
  • ブラッド・グザン

    ブラッド・グザンから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2009-10シーズン前に行われたピースカップでは、正GKとしてアトランテFC、FCポルト、ユヴェントスFC戦の全試合に出場。特にユヴェントスとの決勝戦のPK戦でヴィンチェンツォ・イアクインタ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ニコラ・レグロッターリエのシュートを防ぐ活躍を見せ、優勝に貢献した。なお、チームは唯一グループリーグのマラガCF戦で敗北しているが、その試合にグザンは出場していなかった。このようにシーズン前に出色の出来を見せていたにもかかわらず、ウィガン・アスレティックFCとの新シーズン開幕戦をフリーデルに譲り、昨季同様にカップ戦要員に甘んじることとなったが、2009年10月27日のスタジアム・オブ・ライトでのサンダーランドAFCとのリーグカップベスト16で通常の時間帯で1度、PK戦で3度ものペナルティーキックを防ぐ活躍を見せた。だが、マンチェスター・ユナイテッドFCとの決勝戦という重要な一戦では、オニール監督は経験豊富のフリーデルを選択したことで出場することはなかった。ブラッド・グザン フレッシュアイペディアより)

  • 中村武彦

    中村武彦から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2012年?2013年、マンチェスター・シティFCや、アレッサンドロ・デル・ピエロ選手など欧州サッカーと日本を繋げるなどの活躍も続け、国際サッカー連盟(FIFA)公認のマッチエージェント資格も取得。中村武彦 フレッシュアイペディアより)

  • パベル・ネドベド

    パベル・ネドベドから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2006-07シーズン、ユーベは不正疑惑の為にセリエB降格の処分が下され、主力だったカンナヴァロ、テュラムらが次々とユヴェントスを去り、自らにも多くのクラブからオファーがきた。シーズン終了前は引退も口にしていたネドベドだったがデル・ピエロ、ブッフォンに続き、「世話になったクラブに恩返しをしようと思う」と現役続行と残留を表明、チームを1シーズンで再昇格させる原動力となる活躍を見せた。パベル・ネドベド フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ

    ジエゴ・リバス・ダ・クーニャから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    背番号10に愛着を持っているが、ユヴェントスでは10番はチームの顔でありキャプテンであるアレッサンドロ・デル・ピエロがつけていたため、28番を選択した。これは2+8=10であることと、自身の誕生日が2月28日であることに由来する。なお、ブレーメンとヴォルフスブルクでは10番を背負っている。ジエゴ・リバス・ダ・クーニャ フレッシュアイペディアより)

  • ピントゥリッキオ

    ピントゥリッキオから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    イタリア出身のサッカー選手・アレッサンドロ・デル・ピエロはその美しくも繊細で芸術的なプレーから、しばしばピントゥリッキオに例えられ賞賛されている。ピントゥリッキオ フレッシュアイペディアより)

  • マルチェロ・リッピ

    マルチェロ・リッピから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1994年、ユヴェントスの監督に就任すると前年のバロンドーラーであったエースのロベルト・バッジョが怪我で離脱したためジャンルカ・ヴィアッリ、ファブリツィオ・ラヴァネッリ、当時期待の若手だったアレッサンドロ・デル・ピエロを前線に並べ、高い位置から積極的にプレスをかける攻撃的な戦術を採用。就任1年目でユヴェントスに9シーズンぶりのスクデットをもたらした。翌年には欧州チャンピオンズリーグを制するなど、その後も指導者人生の中であらゆるタイトルを獲得し、名将としての地位を確固たるものにしていった。マルチェロ・リッピ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ

    東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    このほか、ゲストプレイヤー(海外招待選手)として、元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロが「Jリーグ TEAM AS ONE」に加わることが2012年7月16日に発表された。また、その他の一部の選手は負傷のため出場を辞退し、追加メンバーが選出された。東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    一方で、世界屈指のファンタジスタであるアレッサンドロ・デル・ピエロのことを「イタリアが誇るべき偉大な男」と評している。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

  • フェデリコ・ベルナルデスキ

    フェデリコ・ベルナルデスキから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    背番号はミシェル・プラティニやオマール・シボリ、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロ、カルロス・テベス、ポール・ポグバらが着用し本人がフィオレンティーナでもつけていた「10番」が噂されたが、33番を選択。33番を選んだ理由として「僕はこのユニフォームに多くの敬意を払っている。なので33番を着けるけれど、(いずれは)10番にふさわしいと証明したいね。 今年、自分はこのユニフォームを着ることができる(選手だ)と証明しなければいけない。」と言っている。なお、背番号33番はニコラ・レグロッターリエやパトリス・エヴラが着用していた番号でもある。10月2日のアタランタとのゲームにおいて初先発、移籍後初ゴールを決めた。10月25日のSPLAとのゲームにおいては、ブラジル代表FWドウグラス・コスタの浮き球パスを右足でふわりとコントロールからゴール左隅へ技ありのボレーシュートを決め、「キャリアにおいて最も素晴らしいゴールの一つだ。得点に満足しているけれど、それ以上にチームの勝利を嬉しく思っている」と語り、試合を振り返った。フェデリコ・ベルナルデスキ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・ドナドーニ

    ロベルト・ドナドーニから見たデル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1996年既にNYメトロスターズの選手としてプレーしていたが、アリゴ・サッキ監督のゾーンプレスに欠かせない、お気に入りの選手の一人でもあり、直前より代表にサプライズ復帰して、6月1日ハンガリーとのフレンドリーマッチに後半から出場、UEFA EURO 1996でも3試合でプレーした。UEFA EURO 1996、初戦のロシア戦はデル・ピエロとの交代で、後半開始から出場、以降先発の座を奪い、チェコ戦、グループリーグ最終戦、ドイツ戦では先発出場、ドイツ戦ではケプケを脅かすシュート、サイドを崩しフゼールへのクロスなどの見せ場を作ったが、ゾラのPK失敗で引き分け、イタリアはチェコと勝ち点で並ぶも、チェコとの直接対決で敗れていたため、グループリーグで敗退。そのドイツ戦でのプレーを最後に代表を引退した。ロベルト・ドナドーニ フレッシュアイペディアより)

82件中 51 - 60件表示