71件中 51 - 60件表示
  • ティアゴ・メンデス

    ティアゴ・メンデスから見たデル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    ユヴェントス時代の2008-09シーズン開幕間もない頃、試合にも出られず移籍もままならない状況から、クラブの会長であったコッボリ・ジリを口論の末練習場のトイレに閉じ込めるという事件を起こした(その後コッボリ・ジリは約1時間ほど経って偶然通りかかったデル・ピエロに助け出された)。しかしユヴェントスが事の収拾に努め、関係者も口を閉ざしたことから大事件として取り上げられることはなかった。ティアゴ・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • 小野伸二

    小野伸二から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2012年9月28日、オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに移籍。アレッサンドロ・デル・ピエロ、エミール・ヘスキーらと共にAリーグにおいて高い注目を集めている。小野伸二 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂周

    加茂周から見たアレッサンドロ・デルピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1994年アメリカワールドカップの決勝戦(ブラジルvsイタリア)では、「バレージを見てるだけで楽しくなりますね」と解説者とは思えない発言で、良くも悪くも視聴者を楽しませている。この時には、イタリアのアリゴ・サッキ監督を「サツキ監督」と呼んでいた。その他、代表チームを「赤組」「白組」と発言したり、イタリア代表のアレッサンドロ・デルピエロやフランス代表のジネディーヌ・ジダンを、あたかもその場で初めて「発見」したかのごとく「あの青の10番は上手いね?」と評した事もあった。また、実況アナウンサーが話題を提供したり解説を求めても答えが返ってくるまでかなりの間が空いたり、あるいは答えない、などということも多々あり、実況泣かせな一面も目立つが、試合の流れをしっかりとつかんだ発言をさらっとすることも多く、解説者として独特の存在感を持っている。加茂周 フレッシュアイペディアより)

  • パベル・ネドベド

    パベル・ネドベドから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2006-07シーズン、ユーベは不正疑惑の為にセリエB降格の処分が下され、主力だったカンナヴァロ、テュラムらが次々とユヴェントスを去り、自らにも多くのクラブからオファーがきた。シーズン終了前は引退も口にしていたネドベドだったがデル・ピエロ、ブッフォンに続き、「世話になったクラブに恩返しをしようと思う」と現役続行と残留を表明、チームを1シーズンで再昇格させる原動力となる活躍を見せた。パベル・ネドベド フレッシュアイペディアより)

  • オアシス (バンド)

    オアシス (バンド)から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    意外な所では、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ、サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元サッカーイタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロ、元サッカー日本代表の松田直樹、お笑い芸人の東野幸治らもオアシスのファンとして有名である。マリリン・マンソンとも交遊があり、ライブにノエルとリアムが招待された。オアシス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・バッジョ

    ロベルト・バッジョから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    その後、自身の怪我と若手のアレッサンドロ・デル・ピエロが台頭するなか、若返りを推し進めるユベントスは、1995年ライバルチームであるACミランへ放出してしまう。ACミランではファビオ・カペッロ及びアリゴ・サッキ監督がFWにはデヤン・サヴィチェヴィッチを重用、さらにバッジョ本人の怪我もあり、在籍2シーズン中は、さしたる活躍はできなかった。ロベルト・バッジョ フレッシュアイペディアより)

  • 1998 FIFAワールドカップ

    1998 FIFAワールドカップから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    大会自体は、下馬評通りに、優勝候補と目されていたブラジル、フランス、オランダ等が順当に勝ち進んだ。バティストゥータ、シメオネを中心にしたアルゼンチンは、ベスト8まで進んだが、オランダ戦、オルテガの退場により自滅。一方で、スペインのグループリーグ敗退や、クロアチアの躍進は観客に驚きを与えた。また、前述のアンリ、トレゼゲを含め、イングランド代表のベッカムやオーウェン、ブラジル代表のロナウド、イタリア代表のデル・ピエロ、スペイン代表のラウルといった初登場の若手が活躍した大会でもあった。1998 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • パオロ・ロッシ

    パオロ・ロッシから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    セリエBのヴィチェンツァで才能を開花させ、1976-77年21ゴールを挙げ得点王となり、セリエA昇格に貢献すると、翌季もセリエAで24得点を上げ得点王に輝き、史上初となるセリエB・セリエA連続得点王(2008年にアレッサンドロ・デル・ピエロが成し遂げるが、長いレガ・カルチョ史上2人のみ)となる。イタリア代表として1978年にアルゼンチンW杯に出場。ロベルト・ベッテガと2トップを組み3得点を上げる活躍を魅せベスト4進出に貢献すると期待の若手FWとして注目を集める。パオロ・ロッシ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    【サッカー】東日本大震災復興支援 Jリーグスペシャルマッチが行われ、アレッサンドロ・デル・ピエロ(元イタリア代表)が2得点の活躍で会場を沸かせた。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスコ・トッティ

    フランチェスコ・トッティから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    クラブではもちろんのこと、イタリア代表でも背番号10番を背負った(EURO2000では20番)。そしてこのナンバーに強いこだわりをもっており、2002年ワールドカップではデル・ピエロに掛け合って背番号を譲ってもらうなどプライドが高い。フランチェスコ・トッティ フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「アレッサンドロ・デルピエロ」のニューストピックワード