71件中 61 - 70件表示
  • 中村武彦

    中村武彦から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2012年?、マンチェスター・シティFCや、アレッサンドロ・デル・ピエロ選手など欧州サッカーと日本を繋げるなどの活躍も続け、国際サッカー連盟(FIFA)公認のマッチエージェント資格も取得。中村武彦 フレッシュアイペディアより)

  • アヤックス・アムステルダム

    アヤックス・アムステルダムから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1995-96シーズンには、再びチャンピオンズリーグ決勝の舞台に上がったが、ペルッツィ、デル・ピエロなどを擁した名門ユヴェントスにPK戦の末敗れている。なお1994-95シーズンから1995-96シーズンでユヴェントスに敗れるまでチャンピオンズリーグ19戦無敗という記録を打ち立てている。当時ルイス・ファン・ハール監督が「我々は負けることに慣れていない」という名言を残している。しかし、この第二次黄金期のメンバーはボスマン判決の影響を受け、チームの主力、有望な若手をごっそりとられ世代交代がうまくいかず、以降は欧州の大会で好成績を残せていない。アヤックス・アムステルダム フレッシュアイペディアより)

  • 森安洋文

    森安洋文から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2011-12シーズンは出場機会が減少し、コンスタントにプレーできる環境を求めて8月に1年間残った契約を解消した。また9月に元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロが加入した影響で、チームの外国人枠からも漏れていた。森安洋文 フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・オルテガ

    アリエル・オルテガから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1996年にはトヨタカップで来日も果たした(この時はデル・ピエロ、ジダンらを擁するユベントスに敗北)。アリエル・オルテガ フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロ(ユヴェントス、1993年-)※フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ボルシア・ドルトムント

    ボルシア・ドルトムントから見たアレッサンドロ・デルピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    この試合の勝因として、スタメンが元ユヴェントスの選手で占められ、しかもマルチェロ・リッピのサッカーを知り尽くしていたユルゲン・コーラーとパウロ・ソウザがスタメンにいたこと、ユヴェントスとの対戦がチャンピオンズリーグやUEFAカップなどの大会で何度も行われて手の内を知り尽くしていたこと、この試合で唯一の失点を許したアレッサンドロ・デルピエロがユヴェントスのスタメンから外れていたことなどが挙げられる。また、チャンピオンズリーグ決勝という舞台でヨーロッパカップ初出場したラーシュ・リッケンが、途中出場のファーストタッチで豪快なミドルシュートを決めたことはサポーターの語り草となっている。ちなみに、決勝戦は最大のライバル、バイエルンの当時のホームスタジアムであるミュンヘン・オリンピアシュタディオンで開催された。ボルシア・ドルトムント フレッシュアイペディアより)

  • スティーブ・ナッシュ

    スティーブ・ナッシュから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    サッカー一家に育ち、自身も少年時代はサッカーに熱中していたことから、NBAでも屈指のサッカーフリークとして知られる。お気に入りのチームはプレミアリーグのトッテナム・ホットスパーFC。これはナッシュの父の出身がロンドンのトッテナムであり、熱狂的なサポーターであったことからである。マーベリックス時代のチームメイト、ダーク・ノヴィツキーとは、サッカーを通して親交を深めている。また世界的なサッカー選手であるアレッサンドロ・デル・ピエロ、ティエリ・アンリ、オーウェン・ハーグリーヴス、マッシモ・アンブロジーニ、スティーブ・マクマナマンらとも個人的な親交を持っており、毎年オフに開催されるナッシュのチャリティーサッカーゲームには多数の現役サッカー選手が参加している。スティーブ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・カペッロ

    ファビオ・カペッロから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    一方で、世界屈指のファンタジスタであるアレッサンドロ・デル・ピエロのことを「イタリアが誇るべき偉大な男」と評している。ファビオ・カペッロ フレッシュアイペディアより)

  • ズラタン・イブラヒモビッチ

    ズラタン・イブラヒモビッチから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2004年7月1日、移籍金1900万ユーロ(約26億円)でユヴェントスに移籍。当初は、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダビド・トレゼゲに次ぐ3番手のFWと目されていたが、2004-2005シーズンのセリエA開幕戦ブレシア戦でデビューし、早速ゴールを挙げると、トレゼゲやデル・ピエロの故障もあって、カペッロ監督の信頼を得始める。彼らの復帰後もユヴェントスフォワード陣の柱となり、最終的に35試合16点の成績を挙げ、ACミランからのセリエA王座奪回に貢献した。2005-2006シーズンも2トップの一角として、ユヴェントスのセリエA首位独走に貢献した。2006/2007シーズンからは、ユヴェントスの審判操作疑惑によるチームのセリエB降格の影響により、ACミランへの移籍も噂されたが2006年8月10日に2460万ユーロ(約37億円)の移籍金でユヴェントス最大のライバルであるインテルナツィオナーレ・ミラノへの移籍が発表された。ズラタン・イブラヒモビッチ フレッシュアイペディアより)

  • マルチェロ・リッピ

    マルチェロ・リッピから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    1994年、ユヴェントスの監督に就任するとジャンルカ・ヴィアリ、ファブリッツィオ・ラバネッリ、そして当時期待の若手だったアレッサンドロ・デル・ピエロを前線に並べ、高い位置から積極的にプレスをかける攻撃的な戦術を採用。就任1年目でユヴェントスに9シーズンぶりのスクデットをもたらした。翌年には欧州チャンピオンズリーグを制するなど、その後も指導者キャリアの中であらゆるタイトルを獲得し、名将としての地位を確固たるものにしていった。マルチェロ・リッピ フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「アレッサンドロ・デルピエロ」のニューストピックワード