82件中 71 - 80件表示
  • ズラタン・イブラヒモビッチ

    ズラタン・イブラヒモビッチから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2004年7月1日、移籍金1900万ユーロ(約26億円)でユヴェントスに移籍。当初は、アレッサンドロ・デル・ピエロ、ダビド・トレゼゲに次ぐ3番手のFWと目されていたが、2004-2005シーズンのセリエA開幕戦ブレシア戦でデビューし、早速ゴールを挙げると、トレゼゲやデル・ピエロの故障もあって、カペッロ監督の信頼を得始める。彼らの復帰後もユヴェントスフォワード陣の柱となり、最終的に35試合16点の成績を挙げ、ACミランからのセリエA王座奪回(2006年のカルチョスキャンダルにより、優勝は剥奪されている)に貢献した。2005-2006シーズンも2トップの一角として、ユヴェントスのセリエA首位独走に貢献した。2006/2007シーズンからは、ユヴェントスの審判操作疑惑によるチームのセリエB降格の影響により、ACミランへの移籍も噂されたが2006年8月10日に2460万ユーロ(約37億円)の移籍金でユヴェントス最大のライバルであるインテルナツィオナーレ・ミラノへの移籍が発表された。ズラタン・イブラヒモビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 東口順昭

    東口順昭から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2012年はリハビリからのスタートとなったが、4月4日のナビスコ杯予選リーグ第2節清水エスパルス戦で約7ヶ月ぶりに先発復帰を果たした。また、7月21日に行われた東日本大震災復興支援 2012JリーグスペシャルマッチのJリーグ選抜メンバーに選出。前半45分間に出場し、Jリーグ TEAM AS ONEの元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロと対戦した。チームが得点力不足で苦しむ中でも安定した守りで鼓舞していたが、10月13日のザスパ草津U-23とのトレーニングマッチで負傷。右ひざ前十字靭帯再断裂ならびに内側側副靭帯損傷で全治8ヶ月となり、2年連続での長期離脱となった。東口順昭 フレッシュアイペディアより)

  • オアシス (バンド)

    オアシス (バンド)から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    意外な所では、メタリカのラーズ・ウルリッヒ、サッカーアルゼンチン代表のリオネル・メッシ、サッカーポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド、元サッカーイタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロ、元サッカー日本代表の松田直樹、お笑い芸人の東野幸治らもオアシスのファンとして有名である。マリリン・マンソンとも交遊があり、ライブにノエルとリアムが招待された。オアシス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 1998 FIFAワールドカップ

    1998 FIFAワールドカップから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    大会自体は、下馬評通りに、優勝候補と目されていたブラジル、フランス、オランダ等が順当に勝ち進んだ。バティストゥータ、シメオネを中心にしたアルゼンチンはベスト8まで進んだが、オランダ戦ではオルテガの退場もあり敗退。一方で、スペインのグループリーグ敗退や、クロアチアの躍進は観客に驚きを与えた。また、前述のアンリ、トレゼゲを含め、イングランド代表のベッカムやオーウェン、ブラジル代表のロナウド、イタリア代表のデル・ピエロ、スペイン代表のラウルといった初登場の若手が活躍した大会でもあった。1998 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見たアレッサンドロ・デルピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    本作品の影響は日本だけに留まらず、世界各国におよんでおり、元フランス代表のジネディーヌ・ジダン やティエリ・アンリ やセバスティアン・フレイ、元イタリア代表のアレッサンドロ・デルピエロ やフランチェスコ・トッティ やジェンナーロ・ガットゥーゾ やジャンルカ・ザンブロッタ やフィリッポ・インザーギ、アルゼンチン代表のリオネル・メッシ やセルヒオ・アグエロ、ブラジル代表のカカ、スペイン代表のフェルナンド・トーレス やアンドレス・イニエスタ や元代表のシャビ、チリ代表のアレクシス・サンチェス、コロンビア代表のハメス・ロドリゲス、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキらがファンであることや影響を受けたことを公言している。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • 中村俊輔

    中村俊輔から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    『+10 中村俊輔+10 vs デルピエロ+10篇』(2006年) - アレッサンドロ・デル・ピエロとの共演中村俊輔 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決

    サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決から見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2006 FIFAワールドカップ準決勝において、ドイツとイタリアはドルトムントのヴェストファーレンシュタディオンにて試合を行った。7月4日に行われた試合には65,000人の観衆が詰めかけた。ファビオ・グロッソとアレッサンドロ・デル・ピエロのゴールによりイタリアはドイツを延長戦の末に下して決勝に駒を進め、この大会で優勝を飾った。アンドレア・ピルロはこの試合の最優秀選手に輝いた。ドイツはこれまでヴェストファーレンシュタディオンにおいて敗れたことがなかったが、これが初めての敗戦となった。サッカーにおけるドイツとイタリアのライバル対決 フレッシュアイペディアより)

  • セヴン・ネイション・アーミー

    セヴン・ネイション・アーミーから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    2006年のFIFAワールドカップでは、優勝を決めたイタリア代表の選手達が合唱し、その後、7月11日に行われたローリング・ストーンズのミラノ公演にマルコ・マテラッツィとアレッサンドロ・デル・ピエロが飛び入りして、観客と一緒に「セヴン・ネイション・アーミー」を合唱した。また、2008年にスイスとオーストリアで共同開催されたUEFA EURO 2008では試合前の入場曲に使用された。EURO2012、EURO2016でもゴール後のアンセムとして使用され観客やサポーターが合唱している。EURO2016フランス大会ではパリ出身のDJであるデヴィッド・ゲッタによるリミックスしたバージョンが使用されている。セヴン・ネイション・アーミー フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月25日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ

    アレッサンドロから見たアレッサンドロ・デル・ピエロアレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロ - 1974年生まれのイタリアのサッカー選手。同国代表FW。アレッサンドロ フレッシュアイペディアより)

82件中 71 - 80件表示