89件中 21 - 30件表示
  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    1991から92シーズンにセリエB(当時)のカルチョ・パドヴァでキャリアをスタート、1992年3月15日のメッシーナ戦でトップチームデビューを果たした。パドヴァで2シーズンを過ごした後、1993-94シーズンにセリエA のユヴェントスに移籍、1993年9月12日のフォッジャ戦にてセリエAデビュー、その一週間後のレッジャーナ戦で初ゴール、1994年3月のパルマ戦では初のハットトリックを達成する。翌シーズン、ロベルト・バッジョの不調もあって、出場回数を増やしていくと、1994年12月のフィオレンティーナ戦にて、背後からのロングボールをダイレクトで、しかもアウトサイドにかけたボレーシュートを決めたことによって、デルピエロの名前はファンタジスタとして認知されるようになった(このシーズン、自身初のスクデット獲得。1995-96シーズン、バッジョの ACミラン移籍によって、ミシェル・プラティニやバッジョが背負ってきたユベントスの背番号10を引き継ぐことになった。このシーズン、5試合連続を含む6得点とUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、エースとしての役割を果たした。前年に続いてバロンドール投票では自己最高の4位を記録した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たジャンピエロ・ボニペルティ

    2006年1月10日に行われたコッパ・イタリアの対フィオレンティーナ戦でハットトリックをマーク。これがユヴェントスでの185得点目となり、ジャンピエロ・ボニペルティの持つクラブ歴代最多得点記録を塗り替えた。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たミシェル・プラティニ

    1991から92シーズンにセリエB(当時)のカルチョ・パドヴァでキャリアをスタート、1992年3月15日のメッシーナ戦でトップチームデビューを果たした。パドヴァで2シーズンを過ごした後、1993-94シーズンにセリエA のユヴェントスに移籍、1993年9月12日のフォッジャ戦にてセリエAデビュー、その一週間後のレッジャーナ戦で初ゴール、1994年3月のパルマ戦では初のハットトリックを達成する。翌シーズン、ロベルト・バッジョの不調もあって、出場回数を増やしていくと、1994年12月のフィオレンティーナ戦にて、背後からのロングボールをダイレクトで、しかもアウトサイドにかけたボレーシュートを決めたことによって、デルピエロの名前はファンタジスタとして認知されるようになった(このシーズン、自身初のスクデット獲得。1995-96シーズン、バッジョの ACミラン移籍によって、ミシェル・プラティニやバッジョが背負ってきたユベントスの背番号10を引き継ぐことになった。このシーズン、5試合連続を含む6得点とUEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献し、エースとしての役割を果たした。前年に続いてバロンドール投票では自己最高の4位を記録した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たマルチェロ・リッピ

    2006年のドイツW杯ではかつてユベントスの監督であった恩師リッピ監督からの信頼が厚く、23人のメンバーに名を連ねる。準決勝のドイツ戦では延長戦から途中出場し、アルベルト・ジラルディーノからのパスを受け、「デル・ピエロ・ゾーン」から2点目となるダメ押しゴールを奪った。決勝のフランス戦では後半途中から出場し、PK戦では4人目のキッカーも務め、同国4度目のFIFAワールドカップ優勝に貢献した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たジョバンニ・トラパットーニ

    2002年日韓ワールドカップでは、予選で5得点と良い成績を残したが、本大会前になって監督ジョバンニ・トラパットーニはシステムをより守備的なものに変更、スタメンを外される。それでもグループリーグのメキシコ戦で途中出場ながらワールドカップ初ゴールを決めてこの試合を1-1の引き分けに持ち込み、グループリーグ敗退の危機にあったチームを救った。ゴール後のパフォーマンスでは、右手の人差し指で天を指し、開幕前に亡くなった父へと捧げた。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見た加藤大治郎

    モータースポーツの観戦も趣味の一つ。2004年に亡くなったMoto-GPレーサーの加藤大治郎に生前サインを求めたことがある。2013年1月には、アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)に参戦するデンプシー・レーシングの共同オーナーに就任することが発表された。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たガエターノ・シレア

    セリエAに復帰した2007-08シーズン、自己最多タイとなるリーグ21得点での得点王に輝き、パオロ・ロッシ以来、史上2人目となるセリエB・セリエA連続得点王の快挙を成し遂げた。また、2008年4月6日のパレルモ戦がユベントスでの553試合目となり、ガエターノ・シレアの持つクラブ歴代最多出場記録を更新した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たズラタン・イブラヒモビッチ

    2005-06シーズン、先シーズンにリーグ14得点と結果を残したデルピエロであったが、加入して2年目となるズラタン・イブラヒモビッチをファーストチョイスと考えるファビオ・カペッロ監督にスタメンを外され、サブに甘んじることになった。しかし、スーパーサブとしてデルピエロはリーグ12得点をあげ、リーグ7得点のイブラヒモビッチを上回る活躍をみせた。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たロベルト・ドナドーニ

    ユーロ2008本戦への招集は危ぶまれていたが、2007-2008シーズンのセリエA得点王としての活躍が認められ4度目のユーロ出場を果たした。グループリーグ第2戦のルーマニア戦では、ゲームキャプテンを務めるも、ロベルト・ドナドーニ監督は戦術上デルピエロを重用することはなかった。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たパオロ・ロッシ

    セリエAに復帰した2007-08シーズン、自己最多タイとなるリーグ21得点での得点王に輝き、パオロ・ロッシ以来、史上2人目となるセリエB・セリエA連続得点王の快挙を成し遂げた。また、2008年4月6日のパレルモ戦がユベントスでの553試合目となり、ガエターノ・シレアの持つクラブ歴代最多出場記録を更新した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

89件中 21 - 30件表示