83件中 61 - 70件表示
  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見た

    1998年11月、ウディネーゼ戦で左膝十字靭帯断裂などの選手生命も危ういほどの重傷を負い、の手術を行った。約9ヶ月間のリハビリの後、復帰するも以前の調子は取り戻せず、スランプに陥る。しかし、2000-01シーズンに復調の兆しを見せ、2001-02シーズン、リーグ16得点をあげて完全復活を果たし、4年ぶりのスクデットを獲得した(その後も、度々、怪我に悩ませられることになるが、そのたびにこれを克服した)。翌シーズンにもリーグ16得点とチームを牽引し、自身5度目となるスクデットを獲得した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見た手術

    1998年11月、ウディネーゼ戦で左膝十字靭帯断裂などの選手生命も危ういほどの重傷を負い、膝の手術を行った。約9ヶ月間のリハビリの後、復帰するも以前の調子は取り戻せず、スランプに陥る。しかし、2000-01シーズンに復調の兆しを見せ、2001-02シーズン、リーグ16得点をあげて完全復活を果たし、4年ぶりのスクデットを獲得した(その後も、度々、怪我に悩ませられることになるが、そのたびにこれを克服した)。翌シーズンにもリーグ16得点とチームを牽引し、自身5度目となるスクデットを獲得した。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    2006年に発覚したカルチョ・スキャンダルでユベントスはセリエBへと降格するが、デル・ピエロはイングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドFCからのオファーを断り、真っ先にチームへの残留を表明した。彼に続くようにネドベドやブッフォンらも残留を決意した。そして、セリエB得点王に輝き、チームを1年でセリエAに復帰させる原動力となった。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たカルチョ・パドヴァ

    1991から92シーズンにセリエB(当時)のカルチョ・パドヴァでキャリアをスタート、1992年3月15日のメッシーナ戦でトップチームデビューを果たす。パドヴァで2シーズンを過ごした後、1993-94シーズンにセリエA のユヴェントスに移籍、1993年9月12日のフォッジャ戦にてセリエAデビュー、その一週間後のレッジャーナ戦で初ゴール、1994年3月のパルマ戦では初のハットトリックを達成する。翌シーズン、ロベルト・バッジョの不調もあって、出場回数を増やしていくと、1994年12月のフィオレンティーナ戦にて、背後からのロングボールをダイレクトで、しかもアウトサイドにかけたボレーシュートを決めたことによって、デルピエロの名前はファンタジスタとして認知されるようになった(このシーズン、自身初のスクデット獲得。1995-96シーズン、バッジョの ACミラン移籍によって、ミシェル・プラティニやバッジョが背負ってきたユベントスの背番号10を引き継ぐことになった。このシーズン、5試合連続を含む6得点とUEFAチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献し、エースとしての役割を果たす。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たトレヴィーゾ県

    アレッサンドロ・デル・ピエロ(Alessandro Del Piero, 1974年11月9日 - )は、イタリア、トレヴィーゾ県コネリアーノ出身のサッカー選手。ポジションはFW。その繊細で芸術的なプレーはしばしばピントゥリッキオに喩えられ称賛される。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たイタリア

    アレッサンドロ・デル・ピエロ(Alessandro Del Piero, 1974年11月9日 - )は、イタリア、トレヴィーゾ県コネリアーノ出身のサッカー選手。ポジションはFW。その繊細で芸術的なプレーはしばしばピントゥリッキオに喩えられ称賛される。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見た2006 FIFAワールドカップ

    2006年のドイツW杯ではかつてユベントスの監督であった恩師リッピ監督からの信頼が厚く、23人のメンバーに名を連ねる。準決勝のドイツ戦では延長戦から途中出場し、アルベルト・ジラルディーノからのパスを受け、「デル・ピエロ・ゾーン」から2点目となるダメ押しゴールを奪った。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たカルチョ・スキャンダル

    2006年に発覚したカルチョ・スキャンダルでユベントスはセリエBへと降格するが、デル・ピエロはイングランドの強豪マンチェスター・ユナイテッドFCからのオファーを断り、真っ先にチームへの残留を表明した。彼に続くようにネドベドやブッフォンらも残留を決意した。そして、セリエB得点王に輝き、チームを1年でセリエAに復帰させる原動力となった。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見たフォッジャ・カルチョ

    1991から92シーズンにセリエB(当時)のカルチョ・パドヴァでキャリアをスタート、1992年3月15日のメッシーナ戦でトップチームデビューを果たす。パドヴァで2シーズンを過ごした後、1993-94シーズンにセリエA のユヴェントスに移籍、1993年9月12日のフォッジャ戦にてセリエAデビュー、その一週間後のレッジャーナ戦で初ゴール、1994年3月のパルマ戦では初のハットトリックを達成する。翌シーズン、ロベルト・バッジョの不調もあって、出場回数を増やしていくと、1994年12月のフィオレンティーナ戦にて、背後からのロングボールをダイレクトで、しかもアウトサイドにかけたボレーシュートを決めたことによって、デルピエロの名前はファンタジスタとして認知されるようになった(このシーズン、自身初のスクデット獲得。1995-96シーズン、バッジョの ACミラン移籍によって、ミシェル・プラティニやバッジョが背負ってきたユベントスの背番号10を引き継ぐことになった。このシーズン、5試合連続を含む6得点とUEFAチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献し、エースとしての役割を果たす。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

  • アレッサンドロ・デル・ピエロ

    アレッサンドロ・デル・ピエロから見た東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチ

    2012年7月21日、日本のカシマスタジアムで行なわれた東日本大震災復興支援 2012Jリーグスペシャルマッチに自ら参加を申し入れゲストプレーヤーとして参加。『Jリーグ TEAM AS ONE』(被災地のクラブ・出身者の選抜チーム)の一員としてプレーし、後半25分にはミドルシュートで自ら得点を決めた。アレッサンドロ・デル・ピエロ フレッシュアイペディアより)

83件中 61 - 70件表示

「アレッサンドロ・デルピエロ」のニューストピックワード