103件中 11 - 20件表示
  • チェッキュウ!!

    チェッキュウ!!から見たアロハシャツアロハシャツ

    立花は基本的にアロハシャツ姿で出演するが、Tシャツ姿の場合もある。土・日の夕方に放送される時には、この後にTXNニュースを挟んでローカルニュースが放送され、立花がニュースを読むことがあるチェッキュウ!! フレッシュアイペディアより)

  • ムームー (衣服)

    ムームー (衣服)から見たアロハシャツアロハシャツ

    薄手の木綿でゆったりとしたデザインに作られ、アロハシャツのような派手な色柄のものが多い。フリルなどが多用されることもある。ムームー (衣服) フレッシュアイペディアより)

  • 東洋エンタープライズ

    東洋エンタープライズから見たアロハシャツアロハシャツ

    ハワイアンシャツブランド。主にアロハシャツを取り扱う。アロハブランドのロイヤルハワイアン (Royal Hawaiian) の実名復刻も行っている。また、ケオニ・オブ・ハワイ (Keoni of Hawaii) というブランドは、アロハシャツの黄金期である20世紀半ばにテキスタイル・デザイナー兼、アーティストとして活躍したジョン・メイグスの意志を継いだもの。東洋エンタープライズ フレッシュアイペディアより)

  • フェローズ (ファッションブランド)

    フェローズ (ファッションブランド)から見たハワイアンシャツアロハシャツ

    マヒマヒライダー(Mahi Mahi! Rider)は、フェローズのハワイアンシャツ、サーフィンウェアを総括するブランド。フェローズ (ファッションブランド) フレッシュアイペディアより)

  • アランナ・ナッシュ

    アランナ・ナッシュから見たアロハシャツアロハシャツ

    プレスリーについての調査は、さらにトム・パーカー大佐についての著作を生んだ。プレスリーの死について取材していた際、ナッシュは、パーカーが葬儀にアロハシャツにベースボールキャップという姿で現れ、他の記者たちが何とも奇妙な姿だと思った様子を見ていた。1995年の本で、ナッシュはパーカーにもインタビューをしたが、パーカーの人生には紆余曲折が多過ぎ、それを解いてゆくためには、パーカーが生まれたオランダのブレダに資料収集とインタビューへ赴くなど、6年もの骨の折れる調査が必要となった。ナッシュの本『The Colonel: The Extraordinary Story of Colonel Tom Parker and Elvis Presley』は、2003年7月15日に出版され、好評を得た。『ビルボード』は「音楽産業についての記事の古典 (classic of music industry reporting)」と評した。他にも高い評価が『ワシントン・ポスト』、『The New York Review of Books』、『バラエティ』、『Publishers Weekly』などから寄せられた。イギリスでは、音楽雑誌『モジョ』が「尻尾をつかませない大佐の生涯について、最も鋭く、総合的に捉えた描写 (the most incisive and comprehensive look at the life of the elusive Colonel available)」と評し、『オブザーバー』はこの本を、「音楽に関係する本としては、おそらく史上最も徹底的に調査されたものだろう (perhaps the most thoroughly researched music book ever written)」、「悲しいことに、ほとんどの話は既に以前から語られていることである。ナッシュはそこに何重にも情報を詰め込んでゆく (sadly most of the story has been told before. Nash simply adds layer after layer of padding)」と評価した。アランナ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 南国ドミニオン

    南国ドミニオンから見たアロハシャツアロハシャツ

    主人公。本名:木下 喜一郎(きのした きいちろう)。年齢22歳のフリーターで2箇所のアルバイトで生計を立てていた。事故のショックで記憶喪失となり、家族や何のアルバイトをしていたかといった情報が抜け落ちている。あだ名の由来はアロハシャツを着ていたことから。南国ドミニオン フレッシュアイペディアより)

  • 浩一のがまだせ!熊本

    浩一のがまだせ!熊本から見たアロハシャツアロハシャツ

    大田黒は、番組内では季節に関係なく、年中毎週半袖のアロハシャツを着て登場する。ちなみに番組パーソナリティーを務める同局のラジオ番組「とんでるワイド 大田黒浩一のきょうも元気!」の生放送中のスタジオ内でも年中アロハシャツ姿でマイクの前に向かっていた。浩一のがまだせ!熊本 フレッシュアイペディアより)

  • 九能校長

    九能校長から見たアロハシャツアロハシャツ

    早乙女乱馬達が通う風林館高校の校長。元大学教師。九能流バリカン術を扱う武闘家でもある。九能帯刀、九能小太刀の実父。ハワイかぶれで服装はアロハシャツに半ズボンで頭にヤシの木が生えており、ウクレレを手持ち歩くなど、およそ校長とは思えない格好をしている。笑い方も「HAHAHA」というように英語で笑う。アニメでは往年のアメリカアニメ風の喋りでそれを表現していた。日本語と英単語をない交ぜにした特徴的な口調だが、語尾は「○○デ?ス」と常に敬語で話す。教員でありながら、身体能力も高く、得意のバリカン術や、あらゆる道具を駆使し乱馬とも渡り合う実力があるが、終盤は自分で乱馬と戦うことはなくなり他のキャラクターをけしかける戦法をとるようになった。九能校長 フレッシュアイペディアより)

  • 夜会服 (小説)

    夜会服 (小説)から見たアロハシャツアロハシャツ

    アロハを着たフランス人の老紳士。夫婦でハワイ旅行に来ている。俊男たちと同じように、マクドナルド大佐夫婦につきまとわれた。夜会服 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ヤニック・ポンセロ

    ヤニック・ポンセロから見たアロハシャツアロハシャツ

    2005-2006シーズンからISUグランプリシリーズに参戦。2006-2007シーズンは欧州選手権と世界選手権にいずれも初出場。2008-2009シーズンはNHK杯でGPシリーズ初の表彰台に上る。エキシビションではスキーを履いて登場し、演技中に上着を脱ぎ捨ててアロハシャツに早変わりするユニークなプログラムで会場を沸かせた。欧州選手権でも4位と躍進した。ヤニック・ポンセロ フレッシュアイペディアより)

103件中 11 - 20件表示

「アロハシャツ」のニューストピックワード