103件中 31 - 40件表示
  • 妖世紀水滸伝

    妖世紀水滸伝から見たアロハシャツアロハシャツ

    スキンヘッドにサングラスに加えて半纏、腹巻にアロハシャツという格好の極め付きの変人。一応、新生梁山泊の軍師である。時折見せるアホらしくも効果的な作戦と機転にて、何度か仲間の危機を救っている。意外に腕っ節も強い。第3部終盤で能力に覚醒しつつある。本名は桑畑敏郎。判事の資格を持ち、実は美男子である。妖世紀水滸伝 フレッシュアイペディアより)

  • NetHack

    NetHackから見たアロハシャツアロハシャツ

    初期装備の防具はアロハシャツ、他にカメラや多額の現金、食料や地図など。装備から想像がつくとおり、プレイ難易度が非常に高い職業である。テリー・プラチェットのユーモアファンタジー小説『ディスクワールド』シリーズの登場人物、ツーフラワーが元ネタである。NetHack フレッシュアイペディアより)

  • 化物語 ポータブル

    化物語 ポータブルから見たアロハシャツアロハシャツ

    学習塾跡の廃墟に住み着いている中年男性。自称・妖怪変化のオーソリティでいつもアロハシャツを着ている。化物語 ポータブル フレッシュアイペディアより)

  • 開襟

    開襟から見たアロハシャツアロハシャツ

    学校や職場の夏季制服、アロハシャツ、かりゆしウェアなどにみられるスタイルである。開襟 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン

    ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテンから見たアロハシャツアロハシャツ

    ウクレレ・アンサンブルという音楽性とは裏腹に、服装はアロハシャツではなく、男性は全員揃いの蝶ネクタイにタキシード、女性は黒のイブニングドレスと正装している。デビュー当時は、自作の「フライングVウクレレ」を披露し、話題を集めた。ザ・ウクレレ・オーケストラ・オブ・グレート・ブリテン フレッシュアイペディアより)

  • 山中貞則

    山中貞則から見たアロハシャツアロハシャツ

    国会初登院時の服装は、アロハシャツだった。山中貞則 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽ば〜か

    音楽ば〜かから見たアロハシャツアロハシャツ

    通称「イイジマP」。シーズン1から時折出演。ドレッドヘアーにひげ面、いつもアロハシャツを着て登場する。優しい対応が特徴で、シーズン1のMERAに楽曲を提供したり、シーズン2ではリタイアした北條まみの為に褒めながらレコーディングを34回もかけて良い部分をつなぎ合わせたCDを完成させてプレゼントし、北條に自信をつけさせた。音楽ば〜か フレッシュアイペディアより)

  • 門馬良

    門馬良から見たアロハシャツアロハシャツ

    デビュー前の20代、東京世田谷の中古車販売店に勤務していた時に緒形拳を接客した経験があるらしい。当時18歳で自動車運転免許取立ての次男の緒形直人に初めての自動車の購入の折であった。当日の緒形は派手なアロハシャツにサングラスといった出で立ちだったとの事。また、俳優の松田優作も彼の会社から2台の中古車を購入している。門馬良 フレッシュアイペディアより)

  • 村上光昭

    村上光昭から見たアロハシャツアロハシャツ

    ところが軽量と矛盾する正攻法の四つ相撲が祟って初土俵から1年間は6場所中3場所で負け越しを経験し、幕下下位で停滞を続けていた。一方で型破りな行動は大相撲入り後も相変わらずであり、1966年3月場所前には自ら髷を切って脱走したところを連れ戻された腹いせにその3月場所の場所入りにアロハシャツを着用して見せた。この場所は、場所中に厳しい叱責を受けた影響で1勝6敗の不振に終わった。この型破りな性格は自身の初土俵の直前である1965年3月場所限りで村上と入れ替わるように廃業した若羽黒(ただし最終場所は番付上のみ)に準えて「ミニ若羽黒」と形容された。相撲教習所時代、教習所で「相撲は見世物、ショーだ」と発言した教授に腹を立てて「私は人生かけて勝負しているのであって、見世物をしに来ているのではない」と反論したことがあり、協会から「君は教習所で学ぶこともないだろうから、もう授業は受けなくてもいい」と口頭試験だけで卒業させてもらった。活躍といえば三段目陥落寸前の状況に置かれた1966年5月場所で幕下優勝を記録した程度であり、その後関取に昇進することなく三段目陥落を喫した末に初土俵からちょうど3年半となる1968年9月場所限りで廃業となった。村上光昭 フレッシュアイペディアより)

  • パコ2CH あ・きすとぜねこ

    パコ2CH あ・きすとぜねこから見たアロハシャツアロハシャツ

    当初のコンセプトは「いちご世代対象の報道番組」で、高校生たちが興味を抱きにくい(と番組側が考えていた)環境問題や社会情勢などを話題に取り上げ、彼らにも世の中の事について興味を持って考えてもらう番組を目指していた。また、思春期特有の心の問題についても取り上げるようにしていた。しかし、番組は放送開始からわずか1か月で視聴者参加型の情報バラエティ番組へとリニューアル。東海3県在住の高校生たちを出演者やスタッフに起用し、より彼らの日常生活と密接したライトな番組作りを志向するようになった。以来、大人の出演者たちと高校生出演者たちによる情報トークとバラエティ企画が主軸になっていった。ちなみにコンセプトの変更以後、番組ディレクターほか主要スタッフは全員アロハシャツや番組オリジナルTシャツを着て番組制作に臨んでいたとのことであるが、この制度は『パコパコチャンネル』への改題とともに廃止された。パコ2CH あ・きすとぜねこ フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示