83件中 51 - 60件表示
  • 牧 伸二

    牧伸二から見たアロハシャツアロハシャツ

    1963年には日本教育テレビ(NET、現テレビ朝日)の演芸番組『大正テレビ寄席』の司会に起用され、番組が終了する1978年までアロハシャツ姿で司会を務める一方、名物コーナー『マキシンのバーゲンセール』を通じて『あゆみの箱』チャリティ運動を広げた。また九州朝日放送の素人演芸会『マキシンの東芝ハレハレ555』等でも司会を務めた。牧伸二 フレッシュアイペディアより)

  • Fate/hollow ataraxia

    Fate/hollow ataraxiaから見たアロハシャツアロハシャツ

    マスターであった言峰は死亡しており、新キャラクター・カレン(後述)をマスターとしている。だが人遣いが荒く、人間的にも苦手なため、専ら教会とマスターから離れて生活している。私服は派手なアロハシャツ。フリーターとして働く様がコミカルに描かれる日常や、かつての英雄としてのシリアスな話など、出番は多い。物語の核に位置する人物の一人。Fate/hollow ataraxia フレッシュアイペディアより)

  • フランキー (ONE PIECE)

    フランキー (ONE PIECE)から見たアロハシャツアロハシャツ

    ルフィの7人目の仲間にして、サイボーグ。子供の頃から常にアロハシャツと海パン一丁で、やたらとポーズを決めたがる。口癖は「ん〜スーパー!」「スーパー○○○○」「今週のおれ〜」「アウ」。フランキー (ONE PIECE) フレッシュアイペディアより)

  • 天上院吹雪

    天上院吹雪から見たアロハシャツアロハシャツ

    天上院明日香の兄。デュエル・アカデミア内にファンクラブが出来ているほどの人気者。端正な容姿とは裏腹に、かなりのお調子者で自惚れな性格だが、デュエル技能は高く、かつては親友の丸藤亮のただ一人のライバルと呼ばれていた。自分のサインは苗字の「天上院」をもじって「10 JOIN」と書いている。他にも「ブリザードプリンス」と自称したりしている。長期に渡る失踪の為に出席日数が足らず留年し、アカデミアに残った。アロハシャツの関連でウクレレやマリンスポーツを得意としているが、どうやら変装も得意らしい。恋愛に関して万丈目準は彼の弟子らしい。天上院吹雪 フレッシュアイペディアより)

  • 亀仙人

    亀仙人から見たアロハシャツアロハシャツ

    はげ頭にサングラスをかけた老人。名前の由来となった背負った大きな亀の甲羅がトレードマーク。私服としてアロハシャツを着ることも。仙人とはいうものの、外見からそれらしさを感じさせるものは長く伸びた白い顎鬚と手にしている杖くらいである。亀仙人 フレッシュアイペディアより)

  • 両津勘吉

    両津勘吉から見たアロハシャツアロハシャツ

    尚、テーマソングを両津本人が「日本一アロハシャツの似合う男」と評した所ジョージに制作を依頼し、歌を加山雄三に歌ってもらう予定だと言っていた。由来はハワイの楽曲「カイマナ・ヒラ」。両津勘吉 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック企業

    ブラック企業から見たアロハシャツアロハシャツ

    染髪・アロハシャツ・ピアスなど作業に適さない服装や装飾品をつけていたり、暴力団員のような出で立ちをした者が経営陣・管理職の中にいる。フロント企業である可能性もある。ブラック企業 フレッシュアイペディアより)

  • ワイシャツ

    ワイシャツから見たアロハシャツアロハシャツ

    シャツの裾を角型、水平にカットしたもの。カジュアルなシャツやアロハシャツに多い。ワイシャツ フレッシュアイペディアより)

  • ロミオ+ジュリエット

    ロミオ+ジュリエットから見たアロハシャツアロハシャツ

    シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』が原作で、台詞もそのままであるが、時代設定を現代に変えて、両家の争いをマフィア同士の抗争に置き換えられている。物語の舞台はブラジルのヴェローナ・ビーチ(架空の都市)。そのため、服はアロハシャツを着、城は高層ビル、剣による決闘ではなく街を巻き込む銃激戦となる。しかし銃のブランド名は"Sword"である。ロミオ+ジュリエット フレッシュアイペディアより)

  • NetHack

    NetHackから見たアロハシャツアロハシャツ

    初期装備の防具はアロハシャツ、他にカメラや現金、食料など。装備から想像がつくとおり、序盤のプレイ難易度が非常に高い職業である。NetHack フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「アロハシャツ」のニューストピックワード

  • 短期的な目標は2018年のアジア選手権で表彰台に上がること。