103件中 71 - 80件表示
  • ワイシャツ

    ワイシャツから見たアロハシャツアロハシャツ

    シャツの裾を角型、水平にカットしたもの。カジュアルなシャツやアロハシャツに多い。ワイシャツ フレッシュアイペディアより)

  • 紅 (小説)

    紅 (小説)から見たアロハシャツアロハシャツ

    悪宇商会に所属するアロハシャツ姿の黒人の戦闘屋。二つ名は「鉄腕」。その名の通り、両腕を戦闘用の義手に変えている。相撲が好きらしい。小説ではイラスト化されなかったが漫画版ではコーンロウの髪型である。紅 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • そらジロー

    そらジローから見たアロハシャツアロハシャツ

    季節や天候に合わせた衣装を着用することがあり、主なものは雨天時のレインコート(初登場は2008年2月6日)、冬のケープ(橙色で星型の飾りがある)、水色のイヤーマフとケープ、夏のアロハシャツ(サングラスと併用する場合も)など。クリスマス、ハロウィン、節分などにもそれらにちなんだ衣装を着る。「もみジロー」(秋)、「はなジロー」(春)、「エコジロー」(日テレ系ecoウィーク)など衣装とともに呼称が変わることもある。そらジロー フレッシュアイペディアより)

  • トム・パーカー (マネージャー)

    トム・パーカー (マネージャー)から見たアロハシャツアロハシャツ

    これからどうするのかと記者に問われたパーカーは、「なぜそんな、彼をマネジメントし続けるだけだよ! (Why, I'll just go right on managing him!)」と答えた。第一報とほぼ同時に、グレイスランドを訪れるより先に、パーカーはニューヨークへ向かい、マーチャンダイス関係の取引先やRCAの幹部と会い、プレスリー関連商品への巨大な需要が生じるから準備するように指示をした。その後、直ちにメンフィスで行なわれたプレスリーの葬儀に向かった。弔問客たちは、パーカーが、ハワイのアロハシャツに野球帽姿で、トレードマークの葉巻をくゆらせて現れ、棺を担うことを意図的に避けたことに、驚かされたという。葬儀の場で、パーカーはヴァーノンを説得して、プレスリーの死に関わる事業の管理を自分に委ねるという契約に署名させた。トム・パーカー (マネージャー) フレッシュアイペディアより)

  • 鵠沼海岸

    鵠沼海岸から見たアロハシャツアロハシャツ

    ビーチリゾート鵠沼海岸の特色として、ハワイ文化の影響が色濃く見られることが挙げられる。例えばハワイ料理店が2軒あり、他にハワイ風のカフェもある。ハワイ風のベーカリー(支店)や日本初というハワイ風アイスクリーム製造販売店もある。アロハシャツなどハワイアングッズやハワイアンジュエリーを販売する店も複数あり、ハワイアンキルトの講習と販売をする店もある。ロミロミ(カウアイ島風ボディワーク)のセラピーを施す施設も出店した。鵠沼海岸が日本における発祥地とされるロングボード・サーフィンやボディボードももともとはハワイ生まれのスポーツであり、サーフショップの中にはハワイブランドの専門店もある。これらの店舗はいずれもハワイ語の屋号を持つ。鵠沼公民館を拠点にするフラのサークルは延べ19を数え、ハワイアン専門のライヴハウスとウクレレ講習施設もあるといった具合である。鵠沼海岸 フレッシュアイペディアより)

  • シェルトン・ベンジャミン

    シェルトン・ベンジャミンから見たアロハシャツアロハシャツ

    マザコンキャラのギミックが終わったその後は、一時チンピラ風ギミック(サングラスをかけ、アロハシャツに身を包みゴールドのチェーンを首に巻いていた)で登場。IC王座陥落後は復帰したハースと共にWGTTを再結成、クライム・タイムやハーディー・ボーイズと抗争する。シェルトン・ベンジャミン フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の季節

    太陽の季節から見たアロハシャツアロハシャツ

    『太陽の季節』の芥川賞受賞を受けて『週刊東京』誌で行なわれた石原慎太郎と大宅壮一の対談で、大宅が「太陽族」との言葉を用いたことから、特に夏の海辺で無秩序な行動をとる享楽的な若者(慎太郎刈りにサングラス、アロハシャツの格好をしている不良集団)のことを指す言葉として流行語化した。太陽の季節 フレッシュアイペディアより)

  • 夕陽のドラゴン

    夕陽のドラゴンから見たアロハシャツアロハシャツ

    2人とも功夫の服装、アロハシャツ、新橋の酔っ払いサラリーマン風スーツ、夏目漱石の『坊っちゃん』風の衣装、体育教師風ジャージ、警察官の制服等、様々なコスプレで出演していた。夕陽のドラゴン フレッシュアイペディアより)

  • 両津家

    両津家から見たアロハシャツアロハシャツ

    勘吉の母で、柴又から嫁いできた。弟が柴又で惣菜屋を営んでいる。気が強くで口は悪いが、夫・息子と異なり良識的で包容力に溢れる。古い物を大切にし、何でも物を捨てずに溜め込んでおく癖があり、押入れや戸棚には年代物の千人針、旧日本軍の地雷、カビだらけのそば、数十年前の鯨肉の缶詰、明治時代の醤油瓶・歯磨き粉などが多数ある。また、その性格故、両津に送られてきたヴィンテージもののアロハシャツ(1枚数万円ほど)をただの古着と思い込んで雑巾にしてしまったり、浮世絵を漬物の壺の蓋に使ってしまったりしている。夫と息子の親子喧嘩を唯一止めることができる。アニメ第280話「両さんの下町旅行」では、派出所員が持ってきた食べ物を両津がそれを混ぜ滅茶苦茶な鍋料理の代わりに、佃煮を派出所員に振舞っている。両津家 フレッシュアイペディアより)

  • クール・ビズ

    クール・ビズから見たアロハシャツアロハシャツ

    自治体によってはアロハシャツや、その土地特有の服装を採用している役所も存在し、市や町のイメージ向上や宣伝に活用されている場合もある。クール・ビズ フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「アロハシャツ」のニューストピックワード