83件中 71 - 80件表示
  • 廣木弓子

    廣木弓子から見たアロハシャツアロハシャツ

    K-MIXの入社試験は私服試験のため青いアロハシャツで受験した。廣木弓子 フレッシュアイペディアより)

  • メイド イン ワリオシリーズ

    メイド イン ワリオシリーズから見たアロハシャツアロハシャツ

    『クラブムトー』(デイクラブ)の専属ダンサー。ジミー・T.とそっくりな姿だが、まったくの別人。サーフィンが趣味で、日焼けした肌やアロハシャツなど南国を思わせる人物。誰とでも友達になれるのが特技らしい。ゲーム中ではTとは一切会話をしないが、公式サイトではTのブログにコメントしている。メイド イン ワリオシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 恋の都

    恋の都から見たアロハシャツアロハシャツ

    一流ハワイアン・バンド。アロハシャツをみな着ている。シルバア・ビーチと共に水道橋の野球場(後楽園球場)の「青空ジャズ大会」に出るが、昭和芸能社のイカサマ興行に騙される。しかし2番手の出演で、無事に引揚げられた。恋の都 フレッシュアイペディアより)

  • ディスコ

    ディスコから見たアロハシャツアロハシャツ

    この頃のディスコブームを象徴するのが六本木スクエアビルである。地下2階から10階までの12階中、1Fと4Fを除く全てのフロアがディスコになった。中でもNASAグループの「ネペンタ」「ギゼ」が人気店となる。六本木スクエアビル以外では、六本木「エリア」の前身である日拓系列の「マジック」、伝説的な存在となった六本木「キサナドゥ」「ナバーナ」、外人顧客が中心の老舗「レキシントンクイーン」などが、JJ誌やFine誌などの雑誌メディアに紹介された。新宿ディスコでは「ゼノン」でお馴染みのジョイパックグループの渋谷「ラ・スカーラ」が人気店となった。これらディスコに共通するのがサーファーブームに乗った「サーファーディスコ」である。そしてこの頃のディスコの主役は女子大生であった。田中康夫の「なんとなく、クリスタル」や深夜番組「オールナイトフジ」が大きな影響力を及ぼした時期であった。ファッションはスポーツ系のブランド服を基本としてレイヤードのヘアースタイルが特徴である。具体的には、女子高生を中心に流行したデイパックのキーホルダーアクセサリや、ファーラのパンツ、裏地アロハ、ペインターパンツなどが例に挙げられる。六本木を震源地に広がったサーファーディスコブームであったが、当時の流行発信性の高かった六本木地域から、徐々に渋谷、新宿へと文化が移転するにあたり、大衆化が進み、そのパワーは次第に廃れていった。新宿の「PUKA PUKA」はそんなサーファーディスコの最後の砦であった。ディスコ フレッシュアイペディアより)

  • DRIV3R

    DRIV3Rから見たアロハシャツアロハシャツ

    Driv3Rでは3つの都市にそれぞれ10人ずつ「隠しギャング」が配置されているが、この隠しギャングの姿格好(アロハシャツにGパン)がグランド・セフト・オート・バイスシティの主人公「トミー・ベルセッティ」のそれに酷似している。DRIV3R フレッシュアイペディアより)

  • pop'n musicの登場キャラクター

    pop'n musicの登場キャラクターから見たアロハシャツアロハシャツ

    アロハシャツを着たバイクに乗っているツッパリのクマ。神奈川県出身。後ろにも白い小熊がいる。AC15「ホクト」のニャミのLOSEアクションでも登場。pop'n musicの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 夜会服 (小説)

    夜会服 (小説)から見たアロハシャツアロハシャツ

    アロハを着たフランス人の老紳士。夫婦でハワイ旅行に来ている。俊男たちと同じように、マクドナルド大佐夫婦につきまとわれた。夜会服 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見たアロハシャツアロハシャツ

    伝統的衣装である琉装のほか、近年ではアロハシャツに似たかりゆしウェアも見られる。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • ヤニック・ポンセロ

    ヤニック・ポンセロから見たアロハシャツアロハシャツ

    2005-2006シーズンからISUグランプリシリーズに参戦。2006-2007シーズンは欧州選手権と世界選手権にいずれも初出場。2008-2009シーズンはNHK杯でGPシリーズ初の表彰台に上る。エキシビションではスキーを履いて登場し、演技中に上着を脱ぎ捨ててアロハシャツに早変わりするユニークなプログラムで会場を沸かせた。欧州選手権でも4位と躍進した。ヤニック・ポンセロ フレッシュアイペディアより)

  • 所 ジョージ

    所ジョージから見たアロハシャツアロハシャツ

    漫画家の秋本治と交友があり、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』単行本の巻末(19巻)にコメントを寄せているほか、同作品のアニメのエンディングテーマ『ブウェーのビヤビヤ』を歌っている。共に車好きでガンマニアでもあり、若い頃はサバイバルゲームをするなどして遊んでいた。『所ジョージのオールナイトニッポン』出演中の所を秋本とそのスタッフがモデルガンで襲撃したこともある(26巻「クレイジーホースの巻」)。主役の両津勘吉が所の『まったくやる気がございません』を聴いていたり(30巻「建前パーティーの巻」)、看板に所自筆のアルバムの広告があったり(27巻「CHPの巻」)、「所ジョージの墓」と書かれた墓石があったり(25巻「両津家の人びとの巻」)、所を「日本一アロハシャツの似合う男」として紹介する(100巻「アロハ天国の巻」)などしている。所ジョージ フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「アロハシャツ」のニューストピックワード

  • 短期的な目標は2018年のアジア選手権で表彰台に上がること。