前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たパラカ

    19世紀終盤から20世紀初頭、シュガープラント・農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツ)が日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカ風に仕立て直したのが起源と言われている。他には、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだのが起源という説もある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た小錦八十吉 (6代)

    小錦八十吉 \(6代\) - 元大関北天佑の葬儀にアロハシャツ(ハワイにおける正装)で参列した。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た山中貞則

    山中貞則 - 鹿児島県選出の代議士で1953年初当選時にアロハシャツで初登院。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た北天佑勝彦

    小錦八十吉 (6代) - 元大関北天佑の葬儀にアロハシャツ(ハワイにおける正装)で参列した。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た移民

    19世紀終盤から20世紀初頭、シュガープラント・農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツ)が日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカ風に仕立て直したのが起源と言われている。他には、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだのが起源という説もある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た大学入試センター試験

    2012年(平成24年)の大学入試センター試験本試験の英語リスニングにおいて、アロハシャツの起源や歴史についての問題が出題された。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た白浜町

    日本の鳥取県旧羽合町(現・湯梨浜町)、鹿児島県指宿市、和歌山県白浜町、韓国の済州道など、「東洋のハワイ」を自称する地域では、自治体職員らが夏の間にアロハシャツを着用したり、駅員がアロハを着用するのが風物詩となっており、アロハシャツへの衣替えが在阪放送局のニュースで取り上げられるのが恒例となっている。また、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズでは、宿泊客は浴衣の代わりにアロハシャツを着用する。同様の趣向は全国各地の健康ランドなどでも散見される。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たスパリゾートハワイアンズ

    日本の鳥取県旧羽合町(現・湯梨浜町)、鹿児島県指宿市、和歌山県白浜町、韓国の済州道など、「東洋のハワイ」を自称する地域では、自治体職員らが夏の間にアロハシャツを着用したり、駅員がアロハを着用するのが風物詩となっており、アロハシャツへの衣替えが在阪放送局のニュースで取り上げられるのが恒例となっている。また、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズでは、宿泊客は浴衣の代わりにアロハシャツを着用する。同様の趣向は全国各地の健康ランドなどでも散見される。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た農業

    19世紀終盤から20世紀初頭、シュガープラント・農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツ)が日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカ風に仕立て直したのが起源と言われている。他には、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだのが起源という説もある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た砂糖

    1950年頃にはアロハシャツ生産を主体とするアパレル産業が、砂糖、パイナップルに次いでハワイにおける3番目の産業となり、アロハシャツの黄金時代を迎える。1940年代中頃からは産業としての発展を背景に、1947年に始まる「アロハウィーク」、1948年の「アロハウェンズデー」、1956年に始まる「アロハフライデー」などの官・民によるさまざまな利用促進キャンペーンが試みられた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示