65件中 11 - 20件表示
  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た浴衣

    日本の鳥取県旧羽合町(現・湯梨浜町)、鹿児島県指宿市、和歌山県白浜町、韓国の済州道など、「東洋のハワイ」を自称する地域では、自治体職員らが夏の間にアロハシャツを着用したり、駅員がアロハを着用するのが風物詩となっており、アロハシャツへの衣替えが在阪放送局のニュースで取り上げられるのが恒例となっている。また、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズでは、宿泊客は浴衣の代わりにアロハシャツを着用する。同様の趣向は全国各地の健康ランドなどでも散見される。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た日本

    起源については諸説あるが、日本の和服から派生したという説が有力である。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た

    アロハシャツ (Aloha shirt) とは、パイナップルやフラを踊る女性などのトロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフ(和柄と呼ぶ)を華やかでカラフルな色彩で染め上げた、シルクやレーヨン、ポリエステル、綿などの生地を用いて作られる開襟シャツ。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た木綿

    19世紀終盤から20世紀初頭、シュガープラント・農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツ)が日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカ風に仕立て直したのが起源と言われている。他には、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだのが起源という説もある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た和服

    起源については諸説あるが、日本の和服から派生したという説が有力である。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たアメリカ合衆国

    生地は、当初はシルク、1950年代まではレーヨンが主流であったが、1960年代に入ってポリエステルが登場し、シルクやレーヨンに取って代わった(なお、近年のヴィンテージブームによって、シルクやレーヨンなどの素材も復活してきている)。ハワイには、アロハシャツに用いられるような精緻でカラフルな生地を染める事ができるような染織工場が無かったので、ほとんどの生地はアメリカ本土あるいは日本から輸入された。特に日本には京都を中心に高度な技術を持った染工所が数多く、安価で品質の良い生地を小ロットで大量に供給することができたので、第二次世界大戦前後を通して、多くのアロハシャツの生地が日本で作られた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たポリエステル

    アロハシャツ (Aloha shirt) とは、パイナップルやフラを踊る女性などのトロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフ(和柄と呼ぶ)を華やかでカラフルな色彩で染め上げた、シルクやレーヨン、ポリエステル、綿などの生地を用いて作られる開襟シャツ。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たワイシャツ

    1960年代には洗濯が簡単で丈夫なポリエステルの登場なども追い風に、さまざまな生活シーンにおけるアロハシャツ着用が加速、それにともない伝統的な開襟シャツ以外にもプルオーバーのものやボタンダウンのものなども作られるようになる。生地を裏返しに縫製した木綿のアロハシャツなどもこの頃に登場し、その控えめな色合いは現在でもオフィスワーカーなどに好まれている。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たココナッツ

    ボタンに関しては、ヤシの木やヤシの実(ココナッツ)製のボタンを用いたものだけがアロハシャツであり(ヴィンテージなどでは高価な品もある)、プラスチック製の場合はアロハシャツと呼ばず「プリントシャツ」「アロハ風シャツ」と呼び分ける流儀もあるが、現在の日本ではこの分類によらない店が殆どで、多くの日本人もこう言った分類を知らず、開衿とプリント柄でもってアロハシャツと呼ぶ人が殆どである。また実際に、1950年代前後に特に和柄のシャツや木綿素材のシャツに多用されたバンブー製のもの、1930年代のシルク素材の高級シャツに多用された貝殻(シェル)製のもの、1950年代中頃にシルク素材のシャツに流行った紋章入りの金属製のものなど、様々な素材が使われてきた。現在でもヴィンテージ感の演出のためにこれらが採用されることがある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た京都

    生地は、当初はシルク、1950年代まではレーヨンが主流であったが、1960年代に入ってポリエステルが登場し、シルクやレーヨンに取って代わった(なお、近年のヴィンテージブームによって、シルクやレーヨンなどの素材も復活してきている)。ハワイには、アロハシャツに用いられるような精緻でカラフルな生地を染める事ができるような染織工場が無かったので、ほとんどの生地はアメリカ本土あるいは日本から輸入された。特に日本には京都を中心に高度な技術を持った染工所が数多く、安価で品質の良い生地を小ロットで大量に供給することができたので、第二次世界大戦前後を通して、多くのアロハシャツの生地が日本で作られた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示