59件中 21 - 30件表示
  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た着物

    19世紀終盤〜20世紀初頭、農業に従事していた日本移民は、パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた開襟シャツが日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用しており、持参品であった着物を再利用する際にパラカに仕立てたのが起源ではないかと云われている。また、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだ事が起源という説もある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た在阪放送局

    日本の鳥取県旧羽合町(現・湯梨浜町)、鹿児島県指宿市、和歌山県白浜町、韓国の済州道など、「東洋のハワイ」を自称する地域では、自治体職員らが夏の間にアロハシャツを着用したり、駅員がアロハを着用するのが風物詩となっており、アロハシャツへの衣替えが在阪放送局のニュースで取り上げられるのが恒例となっている。また、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズでは、宿泊客は浴衣の代わりにアロハシャツを着用する。同様の趣向は全国各地の健康ランドなどでも散見される。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た京都

    当初はシルク、1950年代まではレーヨンが主流であったが、1960年代に入ってポリエステルが登場し、シルクやレーヨンに取って代わる(近年のヴィンテージブームによって、現在ではシルクやレーヨンなどの素材も再び復活している)。ハワイには、アロハシャツに用いられるような精緻でカラフルな生地を染める事ができるような染織工場が無かったので、ほとんどの生地はアメリカ本土あるいは日本から輸入された。特に日本には京都を中心に高度な技術を持った染工所が数多く集積し、安価で品質の良い生地を小ロットで大量に供給することが出来たので(第二次世界大戦の)戦前、戦後を通して、多くのアロハシャツの生地が日本で作られた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たいわき市

    日本の鳥取県旧羽合町(現・湯梨浜町)、鹿児島県指宿市、和歌山県白浜町、韓国の済州道など、「東洋のハワイ」を自称する地域では、自治体職員らが夏の間にアロハシャツを着用したり、駅員がアロハを着用するのが風物詩となっており、アロハシャツへの衣替えが在阪放送局のニュースで取り上げられるのが恒例となっている。また、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズでは、宿泊客は浴衣の代わりにアロハシャツを着用する。同様の趣向は全国各地の健康ランドなどでも散見される。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た大韓民国

    日本の鳥取県旧羽合町(現・湯梨浜町)、鹿児島県指宿市、和歌山県白浜町、韓国の済州道など、「東洋のハワイ」を自称する地域では、自治体職員らが夏の間にアロハシャツを着用したり、駅員がアロハを着用するのが風物詩となっており、アロハシャツへの衣替えが在阪放送局のニュースで取り上げられるのが恒例となっている。また、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズでは、宿泊客は浴衣の代わりにアロハシャツを着用する。同様の趣向は全国各地の健康ランドなどでも散見される。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た日本語

    「アロハシャツ」という呼称は、1935年6月28日、ホノルルの服飾店「ムサシヤ・ショーテン・Ltd.」が「Honolulu Advertiser」に掲出した広告のなかに見ることが出来る。ムサシヤ・ショーテンは創業時の名は「ムサシヤ」といい、1904年に最初の官約移民のひとりである宮本長太郎(東京出身)により創業され、日本の反物を使ってシャツを作る会社であった。1915年に長太郎が他界すると、日本で暮らしていた長男の孝一郎がハワイに帰国、店名を『ムサシヤ・ショーテン』(日本語名:武蔵屋呉服店)と改めた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た反物

    「アロハシャツ」という呼称は、1935年6月28日、ホノルルの服飾店「ムサシヤ・ショーテン・Ltd.」が「Honolulu Advertiser」に掲出した広告のなかに見ることが出来る。ムサシヤ・ショーテンは創業時の名は「ムサシヤ」といい、1904年に最初の官約移民のひとりである宮本長太郎(東京出身)により創業され、日本の反物を使ってシャツを作る会社であった。1915年に長太郎が他界すると、日本で暮らしていた長男の孝一郎がハワイに帰国、店名を『ムサシヤ・ショーテン』(日本語名:武蔵屋呉服店)と改めた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た愛情

    "Aloha (アロハ)"とはハワイ語で「好意」、「愛情」、「慈悲」、「優しい気持ち」、「思いやり」、「挨拶」などの意味がある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見た慈悲

    "Aloha (アロハ)"とはハワイ語で「好意」、「愛情」、「慈悲」、「優しい気持ち」、「思いやり」、「挨拶」などの意味がある。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

  • アロハシャツ

    アロハシャツから見たアパレル

    1950年頃にはアロハシャツ生産を主体とするアパレル産業が、砂糖、パイナップルに次いでハワイにおける3番目の産業となり、アロハシャツの黄金時代を迎える。1940年代中頃からは産業としての発展を背景に、1947年に始まる「アロハウィーク」、1948年の「アロハウェンズデー」、1956年に始まる「アロハフライデー」などの官、民によるさまざまな利用促進キャンペーンが試みられた。アロハシャツ フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示