前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • クラルテ

    クラルテから見たアロマアロマオイル

    2007年6月設立。アロマテラピーやヒーリングをはじめとした、各種アロマサロンやヒーリングスクールを運営する企業。ヒーリングスクールでは、東京をはじめ、神戸・福岡・沖縄と全国で展開。アロマ空間・アロマ関連商品の開発コンサルティング、アドバイザーも行う。代表取締役の原田はスピリチュアルアロマテラピーの第一人者である。スピリチュアルアロマのリーディング&ヒーリングテクニックを用いて「アロマエンライトメント(R)」をプロデュースする。また、ヒーリングシステムは、クラルテ フレッシュアイペディアより)

  • 小泉美樹

    小泉美樹から見たアロマアロマオイル

    2007年に独立、アロマの専門家としての道を歩みだす。翌2008年1月には「すべてがわかるアロマテラピー大辞典」を出版、2009年にも「365日のアロマレシピ」を出版する。小泉美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 化粧

    化粧から見た香油アロマオイル

    紀元前1200年代頃のエジプトでは、人々が目や唇に化粧をしている絵画も見つかっている。ツタンカーメンの黄金のマスクを例にとると、目の周囲にアイラインをしていることが見てとれる。当時のアイラインの原料は、紺色の鉱石であるラピスラズリであり、それを微細な粉にして液体に溶かして使用していた。これには病気を媒介する蚊や蝿を近づけない虫除けの意味もあった。また、黄色の顔料を肌に塗って日焼け止めにしたり、香油で乾燥した皮膚をやわらかくするなど、砂漠地帯ならではの化粧も行われていた。これらの化粧は時代が下るにつれて神官などの特権階級のシンボルとなっていった。現在でも中近東地域ではこのようなアイラインを日常に行っている。特権階級となった王族や神官たちは『白い肌は肉体労働をしていない証拠』と鉛白を使って肌を白く塗り始めた。この風習は鉛の有毒性を知られてもなお続き、18世紀まで続いた。化粧 フレッシュアイペディアより)

  • アロマ

    アロマから見たアロマオイルアロマオイル

    アロマ フレッシュアイペディアより)

  • 癒し板

    癒し板から見たアロマアロマオイル

    マッサージ、アロマ、お香といったヒーリング関係の話題を取り扱う。癒し板 フレッシュアイペディアより)

  • 山田法子

    山田法子から見たアロマアロマオイル

    趣味は読書、アロマ、人と会うこと、ショッピング、特技はテニス、いつでも何処でも瞬時に眠ることができること。座右の銘は「感謝」。山田法子 フレッシュアイペディアより)

  • ドム ケルシュ

    ドム ケルシュから見たアロマアロマオイル

    見た目は普通の淡色系ビール。発酵方法は昔ながらの伝統的な上面発酵の工程を経て、複数のホップが調合され、また水は地元・ケルンのヨーロッパでは最上質の水(オウ=水・デ・コロンと特別に呼ばれる程に有名)が使われ、それらが口に含んだときに分かるフルーティーなアロマの風味・柔らかなでデリケートな口あたりを醸し出している。ドム ケルシュ フレッシュアイペディアより)

  • 有賀さつき

    有賀さつきから見たアロマアロマオイル

    TOEIC875点(2002年9月現在)、小型船舶4級、A級ライセンス、JAAアロマコーディネーター、近茶流懐石料理本科修了、ル・コルドン・ブルー菓子本科修了など、様々な資格を有す。有賀さつき フレッシュアイペディアより)

  • 手足浴

    手足浴から見たアロマオイルアロマオイル

    従来、医療施設や家庭で行われていたものだが、専用の入浴装置が販売されるようになり、リラクゼーション施設、エステティックサロン、針灸・マッサージ院などでも用いられるようになった。業務用として行われているものは、浴剤に特長を持たせているものが多く、各種入浴剤、漢方薬、アロマオイル、炭酸泉などを用いている。手足浴 フレッシュアイペディアより)

  • ニクズク属

    ニクズク属から見た香油アロマオイル

    ニクズク属(肉荳蔲属、肉豆蒄属)は、ニクズク科の1属。学名Myristica。ミリスティカ属とも。属名はギリシャ語で香油を意味するミュリスティコス (myristicos) から。ニクズク属 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示