前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示
  • 小泉美樹

    小泉美樹から見たアロマアロマオイル

    2007年に独立、アロマの専門家としての道を歩みだす。翌2008年1月には「すべてがわかるアロマテラピー大辞典」を出版、2009年にも「365日のアロマレシピ」を出版する。小泉美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 化粧

    化粧から見た香油アロマオイル

    口や耳などの穴から悪魔などが進入するのを防ぐために、赤色の物体を顔面に塗りつけるという、約7万年前に行われていた習慣が始まりだと推測されている。このことは出土した当時の人骨の口に付着していた赤色の顔料の痕跡から判明した。また、紀元前1200年代頃のエジプトでは、人々が目や唇に化粧をしている絵画も見つかっている。ツタンカーメンの黄金のマスクを例にとると、目の周囲にアイラインをしていることが見てとれる。当時のアイラインの原料は、紺色の鉱石であるラピスラズリであり、それを微細な粉にして液体に溶かして使用していた。これには病気を媒介する蚊や蝿を近づけない虫除けの意味もあった。また、黄色の顔料を肌に塗って日焼け止めにしたり、香油で乾燥した皮膚をやわらかくするなど、砂漠地帯ならではの化粧も行われていた。これらの化粧は時代が下るにつれて神官などの特権階級のシンボルとなっていった。現在でも中近東地域ではこのようなアイラインを日常に行っている。化粧 フレッシュアイペディアより)

  • アロマ

    アロマから見たアロマオイルアロマオイル

    アロマ フレッシュアイペディアより)

  • 蒸しタオル

    蒸しタオルから見たアロマオイルアロマオイル

    蒸しタオルを皮膚に乗せ、冷めるまで置く。蒸しタオルが冷めたら、温め直して皮膚への刺激を数回繰り返す。なお、アロマオイルを数滴加えて、香りによるリラクゼーション効果を得る方法もある。蒸しタオル フレッシュアイペディアより)

  • 癒し板

    癒し板から見たアロマアロマオイル

    マッサージ、アロマ、お香といったヒーリング関係の話題を取り扱う。癒し板 フレッシュアイペディアより)

  • プイィ・フュイッセ

    プイィ・フュイッセから見たアロマアロマオイル

    これと似た名前のワインに、プイィ・フュメがある。ブルゴーニュ地方産の辛口白ワインであるが、一般にはロワールワインに分類されており、ソーヴィニョン・ブラン種で作られ、煙でいぶしたようなアロマがあり、味わいはかなり異なる。プイィ・フュイッセ フレッシュアイペディアより)

  • 山田法子

    山田法子から見たアロマアロマオイル

    趣味は読書、アロマ、人と会うこと、ショッピング、特技はテニス、いつでも何処でも瞬時に眠ることができること。座右の銘は「感謝」。山田法子 フレッシュアイペディアより)

  • アドニス (カクテル)

    アドニス (カクテル)から見た香油アロマオイル

    ドライ・シェリー、スイート・ベルモット、オレンジ・ビターズを、氷を入れたミキシング・グラスで冷却しながら混ぜる。それを、氷が入らないようにカクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注ぐ。カクテル・グラスに注いだ後、香り付けに、オレンジの果皮から香油を飛ばしかければ完成である。アドニス (カクテル) フレッシュアイペディアより)

  • ヤブニッケイ

    ヤブニッケイから見た香油アロマオイル

    種子からは香油を取ることができる。また葉、根皮などに香気があるがニッケイよりは劣る。ヤブニッケイ フレッシュアイペディアより)

  • 村西まりな

    村西まりなから見たアロマアロマオイル

    趣味・特技:好きな映画のDVD集め、アロマ、競馬。村西まりな フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
38件中 1 - 10件表示

「アロマオイル」のニューストピックワード