62件中 11 - 20件表示
  • 村西まりな

    村西まりなから見たアロマアロマオイル

    趣味・特技:好きな映画のDVD集め、アロマ、競馬。村西まりな フレッシュアイペディアより)

  • ヤブニッケイ

    ヤブニッケイから見た香油アロマオイル

    種子からは香油を取ることができる。また葉、根皮などに香気があるがニッケイよりは劣る。ヤブニッケイ フレッシュアイペディアより)

  • アサロン

    アサロンから見たアロマオイルアロマオイル

    アサロン(Asarone)は、ショウブ科やカンアオイ属等の植物で見られるエーテルである。α型(トランス型)とβ型(シス型)がある。揮発性のアロマオイルとして、植物や菌類の害虫や細菌を殺すために用いられるが、その毒性と発がん性から、これを元に実用的な駆虫剤や殺虫剤を作るのは難しいと考えられている。アサロン フレッシュアイペディアより)

  • プイィ・フュイッセ

    プイィ・フュイッセから見たアロマアロマオイル

    これと似た名前のワインに、プイィ・フュメがある。辛口白ワインであるが、一般にはロワールワインに分類されており、ソーヴィニョン・ブラン種で作られ、煙でいぶしたようなアロマがあり、味わいはかなり異なる。プイィ・フュイッセ フレッシュアイペディアより)

  • 蒸しタオル

    蒸しタオルから見たアロマオイルアロマオイル

    蒸しタオルを皮膚に乗せ、冷めるまで置く。蒸しタオルが冷めたら、温め直して皮膚への刺激を数回繰り返す。なお、アロマオイルを数滴加えて、香りによるリラクゼーション効果を得る方法もある。蒸しタオル フレッシュアイペディアより)

  • 山田詩子

    山田詩子から見たアロマアロマオイル

    創業以来、オリジナルのフレーバリングセンスは、飲むアロマとして、高い評価を得ている。山田詩子 フレッシュアイペディアより)

  • 石原可奈子

    石原可奈子から見たアロマオイルアロマオイル

    モットーは「自然と人とを繋ぐピアノの演奏活動」。環境系のイベントを中心に、太陽エネルギーで電子ピアノの電源をとりながら演奏する。アロマテラピーアドバイザー、メディカルハーブコーディネーターの資格を持っており、ライブでアロマオイルを焚くことが多い。石原可奈子 フレッシュアイペディアより)

  • WINS (アダルトグッズメーカー)

    WINS (アダルトグッズメーカー)から見たアロマアロマオイル

    アロマキャンドルは、バニラ、ストロベリーなど6種類の香りがあり、OLを中心に爆発的なヒットとなった。WINS (アダルトグッズメーカー) フレッシュアイペディアより)

  • アドニス (カクテル)

    アドニス (カクテル)から見た香油アロマオイル

    ドライ・シェリー、スイート・ベルモット、オレンジ・ビターズを、氷を入れたミキシング・グラスで冷却しながら混ぜる。それを、氷が入らないようにカクテル・グラス(容量75〜90ml程度)に注ぐ。カクテル・グラスに注いだ後、香り付けに、オレンジの果皮から香油を飛ばしかければ完成である。アドニス (カクテル) フレッシュアイペディアより)

  • スヌース

    スヌースから見たアロマアロマオイル

    スウェーデン製のスヌースは世界の様々な産地の乾燥たばこからできている。以前は、スヌースに使われるたばこはスウェーデンのスカニアやマラルラデンなどの地域で乾燥されていたが、後にケンタッキーたばこが使われ始めた。粉状たばこは水、塩、アルカリ化剤(現在炭酸ナトリウムが使用されている)、そしてアロマと混ぜられ、熱を加え作られる。スウェーデンでは、スヌースのパッケージラベルに原材料が全て記載され、食品として規制されている。ウェットタイプのスヌースは水分含量が50%以上ある。スウェーデンでのスヌースの平均年間使用量は1人当たり800グラム(約16個)である。スウェーデンの人口の約12パーセント(110万人)がスヌースを使用している。ディッピングたばこや噛みたばことは異なり、現在のスヌースのほとんどは発酵工程を経ず、代わりに蒸気で低温殺菌されている。蒸気殺菌の工程は複雑であるが、望ましい質感や口当たりを維持しつつ、たばこ特有のニトロソアミンの形成を促進するバクテリアの増殖を抑制する利点がある。スヌース フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「アロマオイル」のニューストピックワード