アワビ ニュース&Wiki etc.

アワビ(鮑、鰒、蚫、英名 abalone)は、ミミガイ科の巻貝の総称。またアワビ属をHaliotisではなくてNordotisとしている図鑑もある。雌雄の判別は外見からではほぼ不可能で、肝ではなく生殖腺の色で見分ける。生殖腺が緑のものがメスで、白っぽいものがオスである。 (出典:Wikipedia)

「アワビ」Q&A

  • Q&A

    てんぷら☆PRESENTS【三こすり半SONG BOOK Vol.191】 お元…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月26日 12:47

  • Q&A

    12月の初旬に伊勢神宮にお参りにいく予定です。 宿は観光ホテルではなく、伊勢市駅前の…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月26日 09:53

  • Q&A

    国産のあわびギフトについて教えてください。 祖父母へのギフトとして、国産のあわびの姿…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月24日 15:27

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アワビ」のつながり調べ

  • 伏隆

    伏隆から見たアワビ

    その当時、群雄の1人張歩が斉に割拠し、獲索などの地方軍が蠢動していた。同年、伏隆は光武帝から太中大夫に任命され、符節を持って青州・徐州に向かい、各郡国の招撫を行う。伏隆が檄を発すると、獲索の6部隊が投降し、張歩も、光武帝の下へ帰還する伏隆に、書簡と献上品の鰒魚(アワビ)を持たせ、降伏した。(伏隆 フレッシュアイペディアより)

  • むつ小川原開発計画

    むつ小川原開発計画から見たアワビ

    下北半島太平洋側にあたる六ヶ所村沖は好漁場で、ホタルイカ漁を中心にサケの定置網漁、コンブ・アワビの採取などが行われていた。村内には泊・六ヶ所村・六ヶ所海水の3つの漁業協同組合があり、そのうち泊漁協が漁獲高の9割以上を占める。開発計画に対し当初は反対運動が行われたが、むつ小川原港建設に関しては泊漁協は漁場から離れていたこと、他2漁協は農業との兼業で漁業依存度が低いことから概ね協力的であった。(むつ小川原開発計画 フレッシュアイペディアより)

「アワビ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アワビ」のニューストピックワード