前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示
  • 菅島

    菅島から見たアワビアワビ

    江戸時代には菅島村として志摩国答志郡小浜組に属し、鳥羽藩の配下にあった。 船数は62艘で、鯛・ふくだめ塩辛・海栗・中海老・アワビ・洗ふのり・煮荒布・潮和布・黒砂浜などを上納した。1673年(延宝元年)に河村瑞賢の建議により江戸幕府の命で「御篝堂(おかがりどう)」が築かれた。経費は幕府持ちで、浦賀奉行から支出されたが、明和8年(1771年)より江戸金庫に変わった。幕末には鳥羽藩が大日山に砲台を築いている。菅島 フレッシュアイペディアより)

  • 貝殻

    貝殻から見たアワビアワビ

    構造色は真珠などに見られる七色の色彩で、これは水平に何重にも重なった結晶の層間で反射した光が互いに干渉することで現れるが、個々の結晶自体は原則として無色透明である。ただ真珠層を構成する基質に種々の色素があったり、結晶構造の微細な違いや微量な物質の含有などにより様々な色の真珠層ができあがる。真珠層は、ほとんどの貝では殻の内面に形成されるため、生時は外部から見えない。また巻貝ではオキナエビスやアワビ、サザエなどの古腹足類で真珠層がよく発達するが、比較的新しい系統ではほとんど発達せず、二枚貝でも比較的古いとされるキララガイやアコヤガイ、淡水のイシガイ科などによく見られる構造である。真珠層の形成は他の構造より時間がかかるため、比較的寿命の長いものに発達するのではないかという説もあるが、かならずしも一致しない例も多い。貝殻 フレッシュアイペディアより)

  • 対馬

    対馬から見たアワビアワビ

    漁業は対馬の基幹産業のひとつで、伝統的に対馬近海や日本海でのイカの一本釣漁がさかんで、スルメが特産であった。タイやブリなどの一本釣漁、沿岸での定置網漁もおこなわれている。日韓漁業協定による共同規制水域の設定により出漁隻数の制限を受け、漁獲高は年々減少しており、アワビは密漁による被害を受けている。また、浅茅湾を中心に真珠の養殖がさかんであり、これは大正時代より始まったものである。対馬 フレッシュアイペディアより)

  • 海人

    海人から見たアワビアワビ

    千葉県御宿町は、三重県の志摩地方、舳倉島とならび『日本の三大海女地帯』のひとつとしてあげられている。御宿の海女たちは、その昔に遭難したスペイン人たちを助けた人情味あふれる心意気を忘れず今に伝えている。日に焼けた顔、逞しく健康美にあふれた体に、紺がすり、磯パンツ、ウケ樽など七つ道具を身につけた海女たちは、5月中旬から9月中旬までの4か月間黒潮に潜り、アワビ、サザエ、ワカメなどを採る。一回の作業(2時間)は”いっぽん”といわれ、このいっぽんを繰り返すのが”ひとっぺり”で、平均で一日にみっぺり(約6時間)ほど働いている。海人 フレッシュアイペディアより)

  • 水貝

    水貝から見たアワビアワビ

    水貝(みずがい)は、アワビの料理法のひとつ。刺身の一種。水貝 フレッシュアイペディアより)

  • 小袖海岸

    小袖海岸から見たアワビアワビ

    小袖海岸における採捕による沿岸漁業では、ウニ(夏)、アワビ(冬)、海藻などが見られる。これらを採捕対象とする磯漁業では、全国的には漁船から箱めがねと鈎棒で採捕するのが一般的であるが、当海岸は海岸段丘となっており、海岸から数百mは海蝕によって地形が複雑な上、外洋に面しているため波や流れも複雑であることから採捕しながらの操船は困難であり、潜って採捕する方が効率が良い。そのため、漁船からの採捕はそれより沖合いの定常的な波の水域で行われている。このような漁法の違いから、潜った方が効率が良い水域では海女が、漁船を用いた方が効率が良い水域では男性漁師が漁を行うという、男女による住み分けが当地では出来た。他方、採捕対象の資源保全(種苗放流や養殖)に関しては、男女の別は特に無い。小袖海岸 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠層

    真珠層から見たアワビアワビ

    アコヤガイやカワシンジュガイの貝殻の内層は、真珠層である。そのほか、海洋腹足類のミミガイ科(アワビなど)、ニシキウズガイ科、リュウテンサザエ科も真珠層を持つ。真珠層 フレッシュアイペディアより)

  • 安龍福

    安龍福から見たアワビ

    なお当時の朝鮮は鬱陵島の空島政策を実施しており、この島はやワカメなどの宝庫だったと見られる。安龍福 フレッシュアイペディアより)

  • 多板綱

    多板綱から見たアワビアワビ

    体が偏平で、下面は広い足となっていて基盤に吸着する点は腹足類と同じであり、特にアワビやウミウシのように全体が偏平なものはそれらと似ていなくも無いが、内部構造等には重要な差異があり、別個の分類群となっている。多板綱 フレッシュアイペディアより)

  • 対数螺旋

    対数螺旋から見たアワビアワビ

    軟体動物の殻、牛や羊の角、象の牙など、硬化する部位で、本体の成長に伴って次第に大きい部分を追加することで成長するような生物の器官において、対数螺旋が観察される。その理由は、図のように相似で少しずつ大きくなる多角形が次々に形成されていくと、螺旋に近い形が描かれるからであると説明される。成長が連続的となるように各断片を小さくしていくと、その極限図形の境界線はちょうど対数螺旋を描く。ピッチは生物によって異なり、サザエでは約10度、アワビでは約30度、ハマグリでは約50度である。ピッチが小さい場合は自分自身を巻くことができるので巻貝に見られ、ピッチが大きいものは大きく口を開けた形の二枚貝やアワビ・カサガイのようなものに見られる。対数螺旋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示

「アワビ」のニューストピックワード