前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
317件中 1 - 10件表示
  • 貝殻

    貝殻から見たアワビアワビ

    構造色は真珠などに見られる七色の色彩で、これは水平に何重にも重なった結晶の層間で反射した光が互いに干渉することで現れるが、個々の結晶自体は原則として無色透明である。ただ真珠層を構成する基質に種々の色素があったり、結晶構造の微細な違いや微量な物質の含有などにより様々な色の真珠層ができあがる。真珠層は、ほとんどの貝では殻の内面に形成されるため、生時は外部から見えない。また巻貝ではオキナエビスやアワビ、サザエなどの古腹足類で真珠層がよく発達するが、比較的新しい系統ではほとんど発達せず、二枚貝でも比較的古いとされるキララガイやアコヤガイ、淡水のイシガイ科などによく見られる構造である。真珠層の形成は他の構造より時間がかかるため、比較的寿命の長いものに発達するのではないかという説もあるが、かならずしも一致しない例も多い。貝殻 フレッシュアイペディアより)

  • ヤツデヒトデ

    ヤツデヒトデから見たアワビアワビ

    肉食性で、イガイ などを襲って食べる。実験環境下ではサザエ(特に殻高20 30 mm程度までの稚貝)やメガイアワビエゾアワビクロアワビヤツデヒトデ フレッシュアイペディアより)

  • 対馬

    対馬から見たアワビアワビ

    漁業は対馬の基幹産業のひとつで、伝統的に対馬近海や日本海でのイカの一本釣漁がさかんで、スルメが特産であった。タイやブリなどの一本釣漁、沿岸での定置網漁もおこなわれている。日韓漁業協定による共同規制水域の設定により出漁隻数の制限を受け、漁獲高は年々減少しており、アワビは密漁による被害を受けている。また、浅茅湾を中心に真珠の養殖がさかんであり、これは大正時代より始まったものである。対馬 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸町

    三陸町から見たアワビアワビ

    岩手県の南東部かつ北上山地の東側に位置し、リアス式海岸に面した水産業が盛んな街である。交通インフラが貧弱なことからかつて「陸の孤島」・「奥四ヶ浜」と呼ばれていたが、三陸鉄道南リアス線・国道45号が開通すると宮城県仙台市から青森県青森市を経由する三陸地域の大動脈の通過点となった。アワビの漁獲が盛んであり、「キッピンアワビ」と呼ばれている。三陸町 フレッシュアイペディアより)

  • 多板綱

    多板綱から見たアワビアワビ

    体が偏平で、下面は広い足となっていて基盤に吸着する点は腹足類と同じであり、特にアワビやウミウシのように全体が偏平なものはそれらと似ていなくも無いが、内部構造等には重要な差異があり別個の分類群となっている。多板綱 フレッシュアイペディアより)

  • 真珠層

    真珠層から見たアワビアワビ

    アコヤガイやカワシンジュガイの貝殻の内層は、真珠層である。そのほか、海洋腹足類のミミガイ科(アワビなど)、ニシキウズガイ科、リュウテンサザエ科も真珠層を持つ。真珠層 フレッシュアイペディアより)

  • 対数螺旋

    対数螺旋から見たアワビアワビ

    軟体動物の殻、牛や羊の角、象の牙など、硬化する部位で、本体の成長に伴って次第に大きい部分を追加することで成長するような生物の器官において、対数螺旋が観察される。その理由は、図のように相似で少しずつ大きくなる多角形が次々に形成されていくと、螺旋に近い形が描かれるからであると説明される。成長が連続的となるように各断片を小さくしていくと、その極限図形の境界線はちょうど対数螺旋を描く。ピッチは生物によって異なり、サザエでは約10度、アワビでは約30度、ハマグリでは約50度である。ピッチが小さい場合は自分自身を巻くことができるので巻貝に見られ、ピッチが大きいものは大きく口を開けた形の二枚貝やアワビ・カサガイのようなものに見られる。対数螺旋 フレッシュアイペディアより)

  • 水貝

    水貝から見たアワビアワビ

    水貝(みずがい)は、アワビの料理法のひとつ。刺身の一種。水貝 フレッシュアイペディアより)

  • 磯焼け

    磯焼けから見たアワビアワビ

    磯焼け(いそやけ)とは、ある沿岸海域に生息する海藻の多くが死滅し、それに伴ってアワビなどの水棲生物が減少し、漁業に大きな打撃を与える現象のことである。磯焼け フレッシュアイペディアより)

  • 白浜町 (千葉県)

    白浜町 (千葉県)から見たアワビアワビ

    海女の素もぐりによるアワビ・天草などの漁が著名である。白浜町 (千葉県) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
317件中 1 - 10件表示

「アワビ」のニューストピックワード