317件中 91 - 100件表示
  • 真珠層

    真珠層から見たミミガイ科アワビ

    アコヤガイやカワシンジュガイの貝殻の内層は、真珠層である。そのほか、海洋腹足類のミミガイ科(アワビなど)、ニシキウズガイ科、リュウテンサザエ科も真珠層を持つ。真珠層 フレッシュアイペディアより)

  • 超神ネイガー

    超神ネイガーから見たアワビアワビ

    変身前は漁業に従事する青年「ハチモリ・リュウ」で、漁船「碇丸(いかりまる)」の操業主。漁船にて季節の魚を捕るほか、素潜りでカキ、アワビを獲って生計を立てている。モデルとなった人物が、象潟漁協に実在する。超神ネイガー フレッシュアイペディアより)

  • 栄螺鬼

    栄螺鬼から見たアワビアワビ

    サザエではないが、似た妖怪にアワビの怪物がいる。『房総志料』「上総の二」によれば、千葉県御宿町岩和田海岸に巨大アワビの怪物が出没するという。これに触れると海が荒れるという。漁師の男に恋した女(アワビの怪物が化けたもの)が漁に出させないようにするため海を荒れさせるとも伝えられている。栄螺鬼 フレッシュアイペディアより)

  • 冬虫夏草

    冬虫夏草から見たアワビアワビ

    中国では冬虫夏草の子実体を菌核化した宿主をつけたまま採集して乾燥し、漢方の生薬もしくは中華料理の薬膳食材として珍重してきた。四川料理における利用では、下ごしらえをしたアヒルの腹に湯で戻した乾燥冬虫夏草を詰め、ネギ、ショウガ、紹興酒など加えてじっくり煮るスープ「虫草鴨子」(チョンツァオヤーズ)が最も著名である。他にも、スッポン、アワビ、雄牛の生殖器などと煮込む料理も供されている。冬虫夏草はこれらの料理としてじっくりと煮戻しても、あまり柔らかくならず、味らしい味も感じにくい。冬虫夏草 フレッシュアイペディアより)

  • 室津島

    室津島から見たアワビアワビ

    周辺海域はアワビやイカ・タラなどの漁場として知られる。毎年7月19日から20日に奥尻島青苗漁港で行われる室津祭の際、青苗の漁業者が漁船を連ねて渡島し、豊漁と海上安全を祈願している。室津島 フレッシュアイペディアより)

  • 軟体動物

    軟体動物から見たアワビアワビ

    巻貝類。軟体動物の中ではもっとも種数が多い綱。筋肉の発達した腹足と背中側に巻いた貝殻を持つが、殻を失った種もある。アワビ、サザエ、カサガイ、タニシ、カワニナ、ホラガイ、バイ、アメフラシ、ウミウシ、カタツムリ、ナメクジなど。軟体動物 フレッシュアイペディアより)

  • 海驢島

    海驢島から見たアワビアワビ

    冬季は北西風が強い地域であり定住は困難とされ、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布漁やウニ漁を行う漁業者が漁期のみ居住していた。またアワビが多く採れた時代もあったといい、船泊村編『郷土』に収録された都々逸では「鮑の島」とされている。近海は漁場となっており、島の沿岸はアイナメ・カジカ・ハチガラ・ソイ・ホッケの釣り場とされる。かつては観光地として知られており、船泊村『村勢要覧 昭和30年度版』(1955年)では観光名所の一つとしてあげられている。海驢島 フレッシュアイペディアより)

  • かいや

    かいやから見たアワビアワビ

    山梨県食品工業団地に本社兼工場を置いている。商品は鮑の煮貝が中心であり、自社ウェブサイトも鮑の煮貝で埋め尽くされているが、アワビ以外の貝類の加工も行っている。製造された商品は百貨店やコンビニエンスストアへおもに贈呈品として出荷されるほか、自社のインターネットショッピングサイトからも注文することができる。また山梨県内ではコマーシャルメッセージを多く流しているため、知名度は高い。かいや フレッシュアイペディアより)

  • ウニの貝焼き

    ウニの貝焼きから見たアワビアワビ

    いわき市のウニの貝焼きは江戸時代の末期ごろ日持ちしないウニを保存するために作られたのが始まりとされる、類似する郷土料理として、岩手県にはアワビの殻にウニを入れて焼く「焼きカゼ」が、茨城県北茨城市には、はまぐりの貝殼にウニを盛って炭火で焼いた「焼きガゼ」などがある。ウニの貝焼き フレッシュアイペディアより)

  • 鰍沢河岸

    鰍沢河岸から見たアワビアワビ

    魚類はネズミザメ、コイ、サケ属、コマイ、サンマ、フリカサゴ科、ブリ属、キダイ、マダイ、ニベ科、サバ属、ソウダガツオ属、カツオ、マグロ属、メカジキ、ヒラメ科、カレイ科の17種が出土。大型魚類のほか、小型魚類も出土している。マダイやキダイ、マグロ類には加工痕が見られる。貝類(腹足類・斧足類)はアワビ、クボガイ属、ダンベイキサゴ、サザエ、ツメタガイ、アカニシ、アカガイ、イタヤガイ、ホタテガイ、マガキ、ヤマトシジミ、アサリ、ハマグリ、オキシジミの14種が出土。アカガイ、ハマグリを主体とする。イタヤガイ3点には小孔が見られ、貝匙としての利用であったと考えられている。鰍沢河岸 フレッシュアイペディアより)

317件中 91 - 100件表示

「アワビ」のニューストピックワード