317件中 21 - 30件表示
  • 南房総市

    南房総市から見たアワビアワビ

    旧・白浜町で海女の素もぐりによるアワビ・天草などの漁が著名である。海女の大半が農業との兼業で活躍している。5月1日から9月10日の解禁日には海に潜り、アワビ・天草などを採っている。南房総市 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台藩

    仙台藩から見たアワビアワビ

    表高62万0056石5斗4升4合で、諸藩のうちで第3位、実高は支藩の一関藩を含め、18世紀初頭には100万石を超えた。地方知行によって多数の陪臣を抱え、直属家臣約7000人(江戸中期以降には約1万人)、陪臣をあわせて2万数千から3万の兵力(江戸中期以降は約3万5000人)を擁した。領内の産出米は大消費地・江戸の食料を支え、干しアワビやフカヒレは長崎俵物として外貨を稼いだ。仙台藩 フレッシュアイペディアより)

  • 篠島

    篠島から見たアワビアワビ

    経済の中心は水産業と観光業であり、水産業は漁船漁業が主体であるが、ノリ、アワビ、ワカメなど冬場の養殖漁業、水産加工業も盛んである。漁船漁業では4月から12月のシラス漁や、3月から5月のイカナゴ漁が盛んであり、漁業者の約6割がシラス漁に従事しているとされる。愛知県のシラスの漁獲量は全国でも有数であり、篠島の漁獲量は多い年で約5,000トンといわれる。1955年(昭和30年)には人口3,230人に対して2,069人の漁業従事者がおり、人口比は64%にも及んだが、漁獲量は減少傾向にあり、観光業の比重が高まっている。フグの産地としては玄界灘(下関)が有名だが、2001年(平成13年)から2003年までは(平成15年)までは愛知県がトラフグの漁獲量で全国トップだった。2005年(平成17年)には愛知県のトラフグの総漁獲量の2/3を南知多町が占め、近年には日間賀島とともにフグの産地としての篠島の認知度が高まっている。篠島 フレッシュアイペディアより)

  • 鮑

    から見たアワビアワビ

    フレッシュアイペディアより)

  • 鰒

    から見たアワビアワビ

    フレッシュアイペディアより)

  • あわび

    あわびから見たアワビアワビ

    あわび フレッシュアイペディアより)

  • アワビ属

    アワビ属から見たアワビアワビ

    アワビ属 フレッシュアイペディアより)

  • ミミガイ科

    ミミガイ科から見たアワビアワビ

    ミミガイ科 フレッシュアイペディアより)

  • 干鮑

    干鮑から見たアワビアワビ

    干鮑 フレッシュアイペディアより)

  • 乾鮑

    乾鮑から見たアワビアワビ

    乾鮑 フレッシュアイペディアより)

317件中 21 - 30件表示

「アワビ」のニューストピックワード