317件中 31 - 40件表示
  • 磯の口明け

    磯の口明けから見たアワビアワビ

    千葉県においては千葉県海面漁業調整規則(第36条)で水産生物に対して採捕禁止期間が設けられており、アワビは9月16日?翌年の3月31日まで、トコブシは8月16日?翌年の3月31日まで、サザエは6月1日?6月30日まで、テングサは11月1日?翌年の3月31日まで、イセエビは6月1日?7月31日まで、タイラギは6月1日?10月31日までとなっているほか、ワカメやヒジキなどは漁業協同組合が自主的に期間を定めて、各地先の水産資源の育成状況や、捕獲作業に適した潮時から口明けを決定している。磯の口明け フレッシュアイペディアより)

  • 蚫

    から見たアワビアワビ

    フレッシュアイペディアより)

  • 前鰓類

    前鰓類から見たアワビアワビ

    具体的にはカサガイ類、アワビ、サザエ、タニシ、ホラガイ、タカラガイ、イモガイ等々がかつての前鰓亜綱のメンバーで、よく目にする水生の巻貝の大部分が前鰓類であると考えてよい。陸貝でもヤマキサゴ、ヤマタニシ、ゴマガイなど蓋を持つグループは前鰓類に含まれるが、これらのものでは本来鰓がある位置に肺が発達して空気呼吸ができるようになっている。前鰓類 フレッシュアイペディアより)

  • 田名部まつり

    田名部まつりから見たアワビアワビ

    かつて田名部は南部藩の代官所が置かれ、下北の産業・経済・文化の中心地となっていた。田名部自体には海に開けた港はなかったが、陸奥湾(大湊湾)に停泊した北前船からの荷の積み卸しが田名部川を通して行われ、その水運で栄えた町であった。下北からは上方に向けてヒバ、アワビ、ナマコ、コンブが出荷され、諸国からは西廻り航路を通って数々の珍しい物品がもたらされた。また、物だけではなく言葉や文化ももたらされた。田名部まつり フレッシュアイペディアより)

  • 玄海諸島

    玄海諸島から見たアワビアワビ

    対馬暖流の影響を受けた温暖な地域で無霜地帯であるが、どの島も土地は狭小な上、平坦部・緩傾地に乏しく集水面積も小さいため、可住地・耕作地ともに少ない。さらに水資源に乏しいことや冬季の季節風が強く海が時化ることが多いなど悪条件が多く、島の面積に比べると人口は少ない。反して周辺の海域はアジ・サバ・イワシなどの回遊魚やウニ・サザエ・アワビなどの磯根資源共に豊かで好漁場をなしていることに加え、江戸時代には捕鯨基地としても繁栄を見せた。現在でも島の産業は漁業がおよそ4割と圧倒的に多くなっている。玄海諸島 フレッシュアイペディアより)

  • がっかり島

    がっかり島から見たアワビアワビ

    近辺の海域はアワビの宝庫であるが、その島の周りだけなぜか取れないことがっかり島 フレッシュアイペディアより)

  • ハワイ州立自然エネルギー研究所

    ハワイ州立自然エネルギー研究所から見たあわびアワビ

    主要施設はコナ国際空港があるケアホレポイント(Keahole Point)にあり、構内には海洋深層水を私企業が利用して、飲み水をボトリングする工場、あわびなどの海産物を養殖する工場などもある。ハワイ州立自然エネルギー研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 蘆花島

    蘆花島から見たアワビアワビ

    蘆花島(ノファド、)は、大韓民国全羅南道莞島郡の島。島全体で蘆花邑を構成する。人口5,991人、面積31.86平方キロメートル。アワビ養殖が盛んで、甫吉島、莞島との間に36キロメートルに及ぶ連島橋がある。蘆花島 フレッシュアイペディアより)

  • 吉浜のスネカ

    吉浜のスネカから見たアワビアワビ

    始まりは江戸時代とも言われているが定かではない。男鹿のなまはげと共通点があり、鬼に似たお面をかぶった役者が各家々をまわり、怠けている者への戒めを行う。お面は北上の鬼剣舞のような立派なものではなく、イヌのような鬼のようなといった独特の顔をしており、昔は桜の木の皮などで作ったらしい。衣装はなまはげと似た格好だが、地元特産のアワビの殻が付いており、歩く度に『ガラガラ、ガラガラ』と音を立てる。これがスネカの訪問の合図となり、子供たちの恐怖心をあおる。吉浜のスネカ フレッシュアイペディアより)

  • カサガイ

    カサガイから見たアワビアワビ

    腹足綱に属する貝類は、いわゆる巻貝類であるが、カサガイ類と呼ばれるグループは貝殻がらせん状に巻かずに傘型や皿型となる。カサガイ類は、アワビ類と同様幅の広い腹足で岩盤などの基質に強力に吸着して生活している。これは生活している基質から離れることを前提とせず、傘型の殻を引き剥がすのが困難なほど岩盤などに密着させて身を守っているのである。従って、多くのらせん状の殻を持つ巻貝類が持つような蓋を持っておらず、殻の奥に身を潜ませて蓋で殻の口をふさぐことによって身を守ることはない。カサガイ フレッシュアイペディアより)

317件中 31 - 40件表示

「アワビ」のニューストピックワード