241件中 41 - 50件表示
  • オクトパス (ダライアス)

    オクトパス (ダライアス)から見たアワビアワビ

    ダライアスII では軟体動物型のザコキャラとして、二方向弾を出し、殻を閉じている時にはダメージを与えられない厄介な二枚貝型の敵のカイメカや、自機に向かって、ミサイルを3連発するアワビ型の敵のミサイルアワビがいる。オクトパス (ダライアス) フレッシュアイペディアより)

  • 磯の口明け

    磯の口明けから見たアワビアワビ

    千葉県においては千葉県海面漁業調整規則(第36条)で水産生物に対して採捕禁止期間が設けられており、アワビは9月16日?翌年の3月31日まで、トコブシは8月16日?翌年の3月31日まで、サザエは6月1日?6月30日まで、テングサは11月1日?翌年の3月31日まで、イセエビは6月1日?7月31日まで、タイラギは6月1日?10月31日までとなっているほか、ワカメやヒジキなどは漁業協同組合が自主的に期間を定めて、各地先の水産資源の育成状況や、捕獲作業に適した潮時から口明けを決定している。磯の口明け フレッシュアイペディアより)

  • 伏隆

    伏隆から見たアワビアワビ

    その当時、群雄の1人張歩が斉に割拠し、獲索などの地方軍が蠢動していた。同年、伏隆は光武帝から太中大夫に任命され、符節を持って青州・徐州に向かい、各郡国の招撫を行う。伏隆が檄を発すると、獲索の6部隊が投降し、張歩も、光武帝の下へ帰還する伏隆に、書簡と献上品の鰒魚(アワビ)を持たせ、降伏した。伏隆 フレッシュアイペディアより)

  • 大串貝塚

    大串貝塚から見たアワビアワビ

    1943年(昭和18年)の発掘調査では、ヤマトシジミ、マシジミ、ハマグリ、アサリ、カキ、アワビ、サザエなど、淡水産の貝と海産の貝が混在しているから、入江状地形に川が流入するような土地に臨んでいた。大串貝塚 フレッシュアイペディアより)

  • アワビタケ

    アワビタケから見たアワビアワビ

    アワビタケ(学名:P. eryngii var. touliensis CJ.Mou)は、ヒラタケ科、ヒラタケ属の菌類。食用キノコの一種で、パイリング、白霊茸(ハクレイタケ)、雪嶺茸(ユキレイタケ)とも呼ばれる。強い香りとシコシコとした食感を持つ。この食感がアワビのもつそれと似ているため、このように名付けられた。日本原産ではなく、中国大陸から近年入ってきたキノコである。アワビタケ フレッシュアイペディアより)

  • 眼の進化

    眼の進化から見たアワビアワビ

    e)シンプルなレンズは鮮明な像を結ぶのに役立つ。アワビがこの眼を持つ。眼の進化 フレッシュアイペディアより)

  • 食品表示

    食品表示から見たアワビアワビ

    アレルゲン - 食品衛生法により、食物アレルギー症例数の多い卵・乳・小麦・エビ・カニ、症状が重篤なソバ・ラッカセイを「特定原材料」とし、表示が義務付けられている。「特定原材料に準ずるもの」としてアワビ・イカ・イクラ・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・クルミ・鮭・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・マツタケ・モモ・ヤマイモ・リンゴの表示が推奨されている。食品表示 フレッシュアイペディアより)

  • 仙崎

    仙崎から見たアワビアワビ

    仙崎漁港は山口県内では下関漁港に次ぐ県内第二位の水揚げ高を誇る大規模な漁港となっている。イカ・アジなどの近海物の魚介類やウニ・アワビなどを主に取り扱い、関西・九州方面に出荷される。特にケンサキイカについては近年『仙崎イカ』のブランド名が名付けられ、流通価値が高まりつつある。また、近海の白身魚(エソなど)を用いた蒲鉾は仙崎の名産となっている。仙崎 フレッシュアイペディアより)

  • 由岐町

    由岐町から見たアワビアワビ

    海岸地形は、リアス式海岸でその入り江に八集落が点在している。明治期にアメリカ船が志和岐沖で座礁した時には、村民総出で救出し、それを聞いたアメリカ大統領から、銀メダルや賞状、250ドルを送られたという逸話がある。特産品は、アワビ、サザエ、イセエビなどの魚介類で、その加工品であるかまぼこなども知られる。由岐町 フレッシュアイペディアより)

  • 貝取澗温泉

    貝取澗温泉から見たアワビアワビ

    温泉熱を利用してアワビやヒラメの養殖も行なわれており、国民宿舎で提供されるアワビ料理は名物となっている。貝取澗温泉 フレッシュアイペディアより)

241件中 41 - 50件表示

「アワビ」のニューストピックワード