317件中 41 - 50件表示
  • 手石の阿弥陀三尊

    手石の阿弥陀三尊から見たアワビ

    昔、手石の近くに七兵衛という漁師があった。妻を亡くし、3人の子供を抱えて貧しい暮らしを送っていたが、末子の三平が重い病気にかかった。近くの寺に願を掛け朝夕お祈りをしていると、ある日七兵衛の夢枕に観音様が現れ「洞窟の海底にあるを取って食べさせよ」と告げた。七兵衛が小船で洞窟に漕ぎ入ると、奥から金色の光と共に三体の仏様が現れた。目も眩んだ七兵衛が思わず船底にひれ伏し、おそるおそる目を上げると、船の中にはたくさんの鮑が投げ込まれていた。これを食べさせた三平の病気はやがて回復し、その霊験は広く日本全国に知られるところとなったという。手石の阿弥陀三尊 フレッシュアイペディアより)

  • 石決明

    石決明から見たアワビアワビ

    石決明(せっけつめい)は、アワビ、トコブシなどの貝殻を洗浄・乾燥したもので、唐以降の漢方薬書に、肝機能を整え、眼をすっきりさせる薬味(生薬)として、掲載されている。石決明 フレッシュアイペディアより)

  • 国崎町

    国崎町から見たアワビアワビ

    伊勢神宮の神饌として代表的なアワビはこの国崎町で調製されている。「石鏡女に国崎男」と言われ、国崎町には美男が多いとされている。国崎町 フレッシュアイペディアより)

  • 中井養三郎

    中井養三郎から見たアワビアワビ

    竹島で、潜水器を使ってナマコやアワビをとる漁業に携わる。1903年(明治36年)、竹島に小屋を建てる。1904年(明治37年)に「りゃんこ島領土編入並に貸下願」を政府に提出し、日本海の孤島・竹島の領土編入と貸下げを内務省、外務省、農商務省の三省に願い出た。この一件の対処と記録が現在の日本政府による竹島領有権主張の重要な根拠とされている。中井養三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 熊石町

    熊石町から見たアワビアワビ

    イカ、アワビなどの水産業が盛ん。熊石町 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田地震

    浜田地震から見たアワビアワビ

    この地震によって国分海岸一帯が隆起し、石見畳ヶ浦ができた。浜田浦では本震の数十分前から潮が引き、沖合い140mのところにある鶴島まで海底が露出し、徒歩で渡ってアワビを取って帰って来たところに地震が起こったという。また、小規模な津波も発生したが、被害は無かった。浜田地震 フレッシュアイペディアより)

  • 大成町

    大成町から見たアワビアワビ

    イカ、ホッケ、アワビなどの水産業が盛ん。久遠漁港がある。大成町 フレッシュアイペディアより)

  • アカニシ

    アカニシから見たアワビアワビ

    なお、この仲間は安価で味が良いため代用品にされることがあり、「ロコガイ」がアワビの代用品であることが有名である。アカニシ フレッシュアイペディアより)

  • 三崎村 (愛媛県)

    三崎村 (愛媛県)から見たアワビアワビ

    正野・串・与侈などの集落では漁業が発達した。鰯、鰤のほか、磯に恵まれておりアワビ、サザエ、テングサなどの海藻類など。漁船によるもののほか、特に海士による素もぐり漁に特徴がある。漁法の特徴からみて沖縄や五島列島から伝わったものとの説もある。宇和島藩伊達秀宗が建立した野坂大権現の棟札には大蛸が抱えていた光る珠を海士が引き上げ祭ったという言われもあり、17世紀頃には既に海士漁が成立していたことを示すものとされる。1881年(明治14年)には串浦の岡崎孫太郎ら10数名が初めて朝鮮半島沿岸でアワビ取りに従事した。大正年間にピークを迎え、当時はほとんどの海士が海外出漁の経験があったとの記録がある。三崎村 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • トコブシ

    トコブシから見たミミガイ科アワビ

    トコブシ Sulculus diversicolor supertexta (Lischke, 1870) (床臥・常節)は狭義のアワビと同じ軟体動物門腹足綱ミミガイ科の藻食性の巻貝の一種。日本固有亜種で、北海道南部、男鹿半島以南、九州以北の日本全国の潮間帯から水深10mぐらいまでの岩礁浅海域に分布し、原記載の模式産地は長崎。殻長7cm、殻幅5cm、殻高1.5-2cmに達し、クロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビといった狭義の、大型のアワビの子供に似る。殻の表面は黒みを帯びた褐色で、個体によっては緑褐色の斑紋がある。殻の内側は強い真珠光沢を持つ真珠層で覆われる。トコブシの名称は、海底の岩に臥したように付着している姿からつけられたと考えられている。トコブシ フレッシュアイペディアより)

317件中 41 - 50件表示

「アワビ」のニューストピックワード