241件中 61 - 70件表示
  • なーんとなくブーリン

    なーんとなくブーリンから見たアワビアワビ

    波多野家の末っ子。絵に描いたような天然ボケで、飼いたい虫をサナダムシと答えたり、魚の名前を聞かれてアワビと答えたり、悪乗りが大好き。動物が大好きで、突然家に送り込まれたカモノハシ『まぐろ→後にカモちゃん』を可愛がっている。なーんとなくブーリン フレッシュアイペディアより)

  • 鮑の浜焼

    鮑の浜焼から見たアワビアワビ

    アワビに包丁で薄い切れ込みを入れたのち味噌をすり込んで両面を直火で焼いたもの。鮑の浜焼 フレッシュアイペディアより)

  • ラッコの保護活動

    ラッコの保護活動から見たアワビアワビ

    ラッコは、ウニ、軟体動物、甲殻類、数種類の魚類を捕食する。ラッコは、その大きさに比べて活動範囲が狭いため、エサとして欠かせない種が存在する。具体的にはウニ類である。ウニは海草の森を食い荒らし、沿岸侵食の原因となっている。ラッコは生態学的にこれを防ぐ役割を担っており、さらにはその愛らしさと行動の面白さのため、人々の間で種を保護し、生息範囲を拡大する努力がなされてきた。ただし、ラッコは、人間にとっても重要なアワビ、カニ、ハマグリといった魚介類も捕食する。そのため、漁業団体、レクレーション団体、海岸で自給する人々から、ラッコ保護活動に対する反対運動が起こることもあり、漁師の中には法を犯してラッコを殺すこともあった 。ラッコの保護活動 フレッシュアイペディアより)

  • トコブシ

    トコブシから見たミミガイ科アワビ

    トコブシ Sulculus diversicolor supertexta (Lischke, 1870) (床臥・常節)は狭義のアワビと同じ軟体動物門腹足綱ミミガイ科の藻食性の巻貝の一種。日本固有亜種で、北海道南部、男鹿半島以南、九州以北の日本全国の潮間帯から水深10mぐらいまでの岩礁浅海域に分布し、原記載の模式産地は長崎。殻長7cm、殻幅5cm、殻高1.5-2cmに達し、クロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビといった狭義の、大型のアワビの子供に似る。殻の表面は黒みを帯びた褐色で、個体によっては緑褐色の斑紋がある。殻の内側は強い真珠光沢を持つ真珠層で覆われる。トコブシの名称は、海底の岩に臥したように付着している姿からつけられたと考えられているトコブシ フレッシュアイペディアより)

  • トコブシ

    トコブシから見たアワビアワビ

    トコブシ Sulculus diversicolor supertexta (Lischke, 1870) (床臥・常節)は狭義のアワビと同じ軟体動物門腹足綱ミミガイ科の藻食性の巻貝の一種。日本固有亜種で、北海道南部、男鹿半島以南、九州以北の日本全国の潮間帯から水深10mぐらいまでの岩礁浅海域に分布し、原記載の模式産地は長崎。殻長7cm、殻幅5cm、殻高1.5-2cmに達し、クロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビといった狭義の、大型のアワビの子供に似る。殻の表面は黒みを帯びた褐色で、個体によっては緑褐色の斑紋がある。殻の内側は強い真珠光沢を持つ真珠層で覆われる。トコブシの名称は、海底の岩に臥したように付着している姿からつけられたと考えられているトコブシ フレッシュアイペディアより)

  • 一村一品運動

    一村一品運動から見たアワビアワビ

    旧上浦町:宮内伊予柑、たくたく料理、あわび・さざえ一村一品運動 フレッシュアイペディアより)

  • かいや

    かいやから見たアワビアワビ

    山梨県食品工業団地に本社兼工場を置いている。商品は鮑の煮貝が中心であり、自社ウェブサイトも鮑の煮貝で埋め尽くされているが、アワビ以外の貝類の加工も行っている。製造された商品は百貨店やコンビニエンスストアへおもに贈呈品として出荷されるほか、自社のインターネットショッピングサイトからも注文することができる。また山梨県内ではコマーシャルメッセージを多く流しているため、知名度は高い。かいや フレッシュアイペディアより)

  • とばーがー

    とばーがーから見たアワビアワビ

    鳥羽市産のイセエビ1尾とアワビ・フォアグラ・松阪牛を使った10,000円の高級バーガー。鳥羽国際ホテルで販売。  とばーがー フレッシュアイペディアより)

  • 興津町 (千葉県)

    興津町 (千葉県)から見たアワビアワビ

    縄文時代から弥生時代にかけての遺跡がいくつか発見されているが、活動は低調だったようである。守谷湾東岸に「こうもり穴」と呼ばれる海食洞穴があり、1920年代に東京帝国大学の山崎直方・江上波夫らによる発掘調査が行われている。古墳はこれまで全く発見されていないが、この近辺は畿内政権との結びつきが強いことが文献上確認されており、古墳のかわりに海食洞穴や横穴が用いられたものと考えられている。律令期には安房国長狭郡の東端に位置しており、和名抄にも置津郷として記されている。史料および当地や奈良の遺跡遺物から、海人らによる漁労が行われ朝廷へ大量のアワビを納めていたことが覗える。興津町 (千葉県) フレッシュアイペディアより)

  • あのりふぐ

    あのりふぐから見たアワビアワビ

    さらに動きを漁業関係以外にも広げるため、観光業、旅館業、飲食業などと「あのりふぐ協議会」を2003年に設立、志摩地方の店舗のみに限定してあのりふぐを取り扱う店を認定店として指定し、それ以外の店舗で「あのりふぐ」の名称使用を許可していない。これら認定店では、クルマエビやアワビなど同じく志摩地方でとれる食材と組み合わせたふぐ料理を提供するなどの工夫がなされている。なお、当初の認定店は55店舗であった。あのりふぐ フレッシュアイペディアより)

241件中 61 - 70件表示

「アワビ」のニューストピックワード