317件中 61 - 70件表示
  • 花淵灯台

    花淵灯台から見たアワビアワビ

    当灯台はこの鼻節神社の御殿山時代の境内付近に建てられ、当灯台の北側には鼻節神社の旧址を示す石祠が3基祀られている。また、大根岩礁には現在、海中に大根明神が祀れており、旧暦の6月1日にアワビを奉納する「大根明神祭」が行われている。なお、大根岩礁は黒潮の影響を受けて軟質サンゴ(ソフトコーラル)が多く生息しているがダイビング禁止となっており、また、アワビは神への供物であるためアワビ漁も禁止されている。花淵灯台 フレッシュアイペディアより)

  • 太地いさな組合

    太地いさな組合から見たアワビアワビ

    カツオけんけん釣り、ウルメイワシ、コアジ、ソウダガツオなどの棒受網漁、キンキ、ムツなどの底釣り、モジャコ漁。アワビ、トコブシなどの貝類の磯潜り、テングサ、ヒジキ採集、タコ漁。太地いさな組合 フレッシュアイペディアより)

  • とばーがー

    とばーがーから見たアワビアワビ

    鳥羽市産のイセエビ1尾とアワビ・フォアグラ・松阪牛を使った10,000円の高級バーガー。鳥羽国際ホテルで販売。  とばーがー フレッシュアイペディアより)

  • 平田内温泉

    平田内温泉から見たアワビアワビ

    海岸から平田内川を1?ほど登った高台に民営の「温泉ホテル八雲遊楽亭 熊石ひらたない荘」と日帰り入浴施設「あわびの湯」が棟続きで建っている。熊石ひらたない荘では養殖アワビを使った料理を売りにしている。内風呂は加水循環式、露天風呂は掛け流し。平田内温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 野呂昭彦

    野呂昭彦から見たアワビ

    伊勢海老・真珠・蛤・松阪牛・・四日市とんてき・海苔・赤福などの三重県では美食であるグルメに恵まれている事から、「美し国三重」をキャッチコピーにして観光をアピールした。三重県が美し国とされる由来は、『日本書紀』などの倭姫命伝説では伊勢国が美し国(うましくに)と記述されているのが、根拠である。宮城県も美し国として観光立県として美食観光をアピールしていた事から、三重県と宮城県との間に美し国論争が繰り広げられて、村井嘉浩宮城県知事との三重県知事の野呂がお互い美し国を名乗るのが正しいと発言してマスコミに取り上げられて討論となった。観光立県として美し国おこし・三重構想を策定した。野呂昭彦 フレッシュアイペディアより)

  • 摂州合邦辻

    摂州合邦辻から見たアワビアワビ

    玉手御前はその場で酒肴を広げて腰元たちを遠ざけ、俊徳丸とふたりで酒を酌み交わす。俊徳丸は鮑貝の盃で酒を勧められる。ところが俊徳丸がその盃を飲み干すと、玉手はいきなり俊徳丸の手を掴んだ。驚く俊徳丸に、玉手はなんと俊徳丸への恋慕の心を打ち明けたのである。いかに血のつながりが無いとはいえ、親子のあいだでとんでもないことと俊徳丸は拒むが玉手は許さない。ついに俊徳丸はその場を逃れ、玉手も腰元たちが駕籠を用意し帰館をすすめるので、心残りながらも河内へと帰って行く。摂州合邦辻 フレッシュアイペディアより)

  • 興津町 (千葉県)

    興津町 (千葉県)から見たアワビアワビ

    縄文時代から弥生時代にかけての遺跡がいくつか発見されているが、活動は低調だったようである。守谷湾東岸に「こうもり穴」と呼ばれる海食洞穴があり、1920年代に東京帝国大学の山崎直方・江上波夫らによる発掘調査が行われている。古墳はこれまで全く発見されていないが、この近辺は畿内政権との結びつきが強いことが文献上確認されており、古墳のかわりに海食洞穴や横穴が用いられたものと考えられている。律令期には安房国長狭郡の東端に位置しており、和名抄にも置津郷として記されている。史料および当地や奈良の遺跡遺物から、海人らによる漁労が行われ朝廷へ大量のアワビを納めていたことが覗える。興津町 (千葉県) フレッシュアイペディアより)

  • ラッコの保護活動

    ラッコの保護活動から見たアワビアワビ

    ラッコは、ウニ、軟体動物、甲殻類、数種類の魚類を捕食する。ラッコは、その大きさに比べて活動範囲が狭いため、エサとして欠かせない種が存在する。具体的にはウニ類である。ウニは海草の森を食い荒らし、沿岸侵食の原因となっている。ラッコは生態学的にこれを防ぐ役割を担っており、さらにはその愛らしさと行動の面白さのため、人々の間で種を保護し、生息範囲を拡大する努力がなされてきた。ただし、ラッコは、人間にとっても重要なアワビ、カニ、ハマグリといった魚介類も捕食する。そのため、漁業団体、レクレーション団体、海岸で自給する人々から、ラッコ保護活動に対する反対運動が起こることもあり、漁師の中には法を犯してラッコを殺すこともあった 。ラッコの保護活動 フレッシュアイペディアより)

  • トモカヅキ

    トモカヅキから見たアワビアワビ

    トモカヅキは、人を暗い場所へと誘ったり、アワビを差し出したりする。この誘いに乗ってしまうと、命が奪われると恐れられている。このときには後ろ手にしてアワビを貰えば良いという。しかし、その言い伝えを聞いていた海女がトモカヅキに遭い、その通りにしたところ、トモカヅキに蚊帳のようなものを被せられて苦しみ出し、無我夢中で持っていた鑿でこの蚊帳状のものを破って助かったという話もある。トモカヅキ フレッシュアイペディアより)

  • 構造色

    構造色から見たアワビアワビ

    アワビ等の貝殻の内側は、真珠母と呼ばれる炭酸カルシウムの薄膜が層構造を形成しており、1つ1つの層から反射される光が干渉することで、様々な色合いが見られる。構造色 フレッシュアイペディアより)

317件中 61 - 70件表示

「アワビ」のニューストピックワード