241件中 71 - 80件表示
  • 佛跳牆

    佛跳牆から見たアワビアワビ

    干しアワビ、干し貝柱、フカヒレ、サメの尾ヒレの付け根部分(魚唇)、魚の皮、魚の浮き袋、干し海老、するめ、金華火腿などの中華ハム、干しナマコ、干しシイタケ、鳩の卵、豚の筋、豚ヒレ肉、鶏胸肉、アヒル肉、朝鮮人参、干し竜眼、枸杞子、紹興酒、オイスターソースなど。佛跳牆 フレッシュアイペディアより)

  • 笠山

    笠山から見たアワビアワビ

    周囲の海岸はサザエ、アワビ、ウニ、ナマコなどの良好な漁場となっている。笠山 フレッシュアイペディアより)

  • エビスグサ

    エビスグサから見たアワビアワビ

    漢方では、3世紀頃に編纂された「傷寒論」や「金匱要略」には見られないが、唐以降よく用いられるようになる。「決明子」とは、「眼をすっきりさせるタネ」という意味で、石決明(せっけつめい、アワビの貝殻)とともに、視力を回復させる薬として用いられてきた。エビスグサ フレッシュアイペディアより)

  • 磯焼け

    磯焼けから見たアワビアワビ

    磯焼け(いそやけ)とは、ある沿岸海域に生息する海藻の多くが死滅し、それに伴ってアワビなどの水棲生物が減少し、漁業に大きな打撃を与える現象のことである。磯焼け フレッシュアイペディアより)

  • 鮑のし

    鮑のしから見たアワビアワビ

    ウキウキ気分の甚兵衛さん。ところが、魚屋に行くと鯛は五円。買えない。しかたがないから、アワビ三杯を十銭値引きでなんとか買ってきた。鮑のし フレッシュアイペディアより)

  • 鮑の煮貝

    鮑の煮貝から見たアワビアワビ

    高級食材である(ミミガイ科のクロアワビ、メガイアワビ、マダカアワビ)を丸のまま、醤油ベースの煮汁で煮浸しにした加工食品である。材料をアワビと同じミミガイ科のトコブシに換えた類似品もあるが、こちらは単に煮貝と呼ばれる。鮑の煮貝 フレッシュアイペディアより)

  • 高木彦右衛門

    高木彦右衛門から見たアワビアワビ

    元禄11年(1698年)には、中国貿易に銀2000貫目分の煎海鼠、干鮑、鱶鰭、昆布などの俵物諸色による代物替が許可され、唐船の数も70隻から80隻となった。それに伴い、彦右衛門は同年4月に「異国(唐船阿蘭陀)商売吟味定役并(ならびに)御運上銀納方役」という勘定奉行直属の幕吏身分に任ぜられた。この時より、彦右衛門は外国貿易と運上事務を統轄することになった。こうして、彦右衛門を代物替頭取とし、町年寄4人と兼任を含む請払役12人・筆者小役15人の陣容で、代物替会所を改称した長崎会所が正式に発足した。高木彦右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩観光ホテル

    志摩観光ホテルから見たアワビアワビ

    地元の上質な食材を活用したフランス料理も提供しており、料理目当ての来客も多い。特にアワビのステーキや伊勢海老のスープはこのホテルの看板メニューとして有名である。志摩観光ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 西川藤吉

    西川藤吉から見たアワビアワビ

    見瀬辰平とともに真円真珠を発明した研究者として知られている。西川式・ピース式と呼ばれ、現在の真珠養殖の技術の基礎となっている。東京帝国大学で水産動物学を専攻し1897年(明治30年)に卒業した後、農商務省水産局技師として、箕作佳吉・飯島魁両博士の指導の下、真円真珠養殖およびアワビの人工授精の研究に従事した。御木本研究所で本格的な真珠の研究にはいり、真円真珠形成の原理を解明した。西川藤吉 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩町布施田

    志摩町布施田から見たアワビアワビ

    漁業を中心としつつ農業も行う地域であり、海女によるアワビやサザエなどの採取も行われている。また志摩市志摩総合スポーツ公園やスーパーマーケットがあり、志摩町和具とともに志摩市志摩地域の中心地としての機能を有する。志摩町布施田 フレッシュアイペディアより)

241件中 71 - 80件表示

「アワビ」のニューストピックワード