317件中 71 - 80件表示
  • なーんとなくブーリン

    なーんとなくブーリンから見たアワビアワビ

    波多野家の末っ子。絵に描いたような天然ボケで、飼いたい虫をサナダムシと答えたり、魚の名前を聞かれてアワビと答えたり、悪乗りが大好き。動物が大好きで、突然家に送り込まれたカモノハシ『まぐろ→後にカモちゃん』を可愛がっている。なーんとなくブーリン フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ラーメン

    神戸ラーメンから見たあわびアワビ

    南京町にはふかひれやあわびなどの入ったラーメンを300円程度の安値で食べさせる屋台がある。これは南京街の再開発後に、観光客を対象に始まった形態である。神戸ラーメン フレッシュアイペディアより)

  • 絵解

    絵解から見たアワビアワビ

    中世(12世紀 - 16世紀)期になると、熊野権現の勧進を目的として諸地域をめぐり歩く「熊野比丘尼」が登場する。小脇に抱えた大型の文箱から取り出した絵巻物による地獄絵図・極楽絵図の「絵解」をしながら、熊野牛王符と酢貝(アワビの酢漬け)を配り、歌念仏や『浄土和讃』、世間で流行した俚謡(民謡)や小歌を歌いながら、物乞いをした。当初は尼僧であると思われていたが、遊女としての側面も備え始める。「勧進比丘尼」とも呼ばれ、また、「絵解」をする者をとくに「絵解比丘尼」といい、これらは熊野信仰による「熊野比丘尼」の一種と考えられていた。絵解 フレッシュアイペディアより)

  • 海舶互市新例

    海舶互市新例から見たアワビ

    輸出品については俵物(いりこ・干し・フカヒレなど)・昆布やするめ、真鍮製品や蒔絵・伊万里焼などの美術工芸品に限定する。海舶互市新例 フレッシュアイペディアより)

  • アワビタケ

    アワビタケから見たアワビアワビ

    アワビタケ(学名:P. eryngii var. tuoliensis CJ.Mou)は、ヒラタケ科、ヒラタケ属の菌類。食用キノコの一種で、パイリング、白霊茸(ハクレイタケ)、雪嶺茸(ユキレイタケ)とも呼ばれる。強い香りとシコシコとした食感を持つ。この食感がアワビのもつそれと似ているため、このように名付けられた。日本原産ではなく、中国大陸から近年入ってきたキノコである。アワビタケ フレッシュアイペディアより)

  • ベガッ太

    ベガッ太から見たアワビアワビ

    好きな食べ物:ホヤ、カレーライス、牛タン、アワビベガッ太 フレッシュアイペディアより)

  • 中腸腺

    中腸腺から見たアワビアワビ

    食品としては美味で栄養の豊富な部分でもあるが、二枚貝の場合には渦鞭毛藻などの有毒植物プランクトンを摂食したときに吸収された貝毒などがここに蓄積して食中毒の原因となったり、その中でもホタテガイなどではカドミウムやヒ素といった重金属の濃縮が認められる、あるいはサザエやアワビのような海藻食の巻貝では季節によりポルフィリンなど葉緑素の分解産物が蓄積して光過敏症の原因となるなど、扱いに注意を要する場合がある。中腸腺 フレッシュアイペディアより)

  • 志摩町越賀

    志摩町越賀から見たアワビアワビ

    江戸時代には志摩国英虞郡鵜方組に属し、鳥羽藩の配下にあった。越賀の港は志州四箇津の1つとして栄え、東風のため大王崎沖を通れない船の避難港となった。村内の八幡宮の石垣の修繕には越後国や淡路国など遠方の船頭らからも寄進がなされた。漁業も行われ、鯛6枚を献上したほか、カツオ・エビ・イワシ・アワビなどを獲っていた。また夕方に越賀を出港し、翌朝尾張国熱田の朝市に届ける「ノリツケ」が行われていた。農業の生産性が低く、漁業はできるが市場が遠かったため、江戸時代から出稼ぎが行われ、志摩国鳥羽のほか伊勢国山田・大湊・松坂、更に尾張・三河・美濃・紀伊・大坂天満まで出て大工・イワシ漁・稲刈り・海士などの仕事に従事した。米の生産量が少なかったため、年貢は米納ではなく金納が多く、天保15年(1844年)の記録では年貢564俵のうちおよそ26%に相当する147俵分が金納であった。志摩町越賀 フレッシュアイペディアより)

  • モントレー湾

    モントレー湾から見たアワビアワビ

    モントレー湾には多くの海棲哺乳類(ラッコ、ゼニガタアザラシ、ハンドウイルカなど)が棲息する。コククジラ、ザトウクジラの通り道でもあり、ゾウアザラシの子はここで育つ。湾内にシャチが現れることもあり、とくに北へ向かうコククジラを狩るために出現する。魚類、サメ、アワビやイカなどの軟体動物、鳥類、ウミガメなども多くの種類が湾内に住んでいる。湾内には何種類かのケルプが生えるが、あるものは木のように高くなり、ケルプの森として知られる。モントレー湾 フレッシュアイペディアより)

  • 植木鉢

    植木鉢から見たアワビアワビ

    このほか、アワビ、シャコガイなど大きめの貝殻や、ヘゴの幹をくり抜いたり、ヤシ殻や竹筒等の自然物を利用することもある。植木鉢 フレッシュアイペディアより)

317件中 71 - 80件表示

「アワビ」のニューストピックワード