317件中 81 - 90件表示
  • ダルス

    ダルスから見たアワビアワビ

    ヨウ素などのミネラルやビタミン、抗酸化物質、タンパク質などが豊富に含まれている。6月から9月に収穫した後、細かいゴミなどを取り除くため洗浄する。商品によっては乾燥させたり、粉砕するなどの加工を施す。国によっては、家畜の飼料にもする。2015年、オレゴン州立大学ハットフィールド海洋科学センターの研究員は、アワビの餌として高栄養で成長の速い太平洋ダルス(P. mollis)の品種改良種を開発し養殖していたが、焼いて食したところベーコンの風味がすることを発見し特許を取得した。ダルス フレッシュアイペディアより)

  • 高木彦右衛門

    高木彦右衛門から見たアワビアワビ

    元禄11年(1698年)には、中国貿易に銀2000貫目分の煎海鼠、干鮑、鱶鰭、昆布などの俵物諸色による代物替が許可され、唐船の数も70隻から80隻となった。それに伴い、彦右衛門は同年4月に「異国(唐船阿蘭陀)商売吟味定役并(ならびに)御運上銀納方役」という勘定奉行直属の幕吏身分に任ぜられた。この時より、彦右衛門は外国貿易と運上事務を統轄することになった。こうして、彦右衛門を代物替頭取とし、町年寄4人と兼任を含む請払役12人・筆者小役15人の陣容で、代物替会所を改称した長崎会所が正式に発足した。高木彦右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 有職料理

    有職料理から見たアワビアワビ

    この時の具体的な内容は『類聚雑用集』に記録されているが、それによると、献立の内容は参列者の身分によって異なっており、皇族の正客(「尊者」と記述される)は28種類、三位以上の陪席公卿は20種、少納言クラスでは12種、接待する主人が最も少なく8種となっていた。献立内容は「飯」、調味料、生もの、干物、唐菓子(今のドーナツに近い)、木菓子(=果物類)。生ものには獣肉類は無く、魚介類、鳥類(雉など)で占められ、干物もアワビやタコ、蛙などで獣肉類は無い。調味料が別皿になっているところから見て、料理自体には味はなく、食べるときに好みで調味料をつけながら食べた物と考えられる。この調味料も身分によって差があり、尊者や公卿はひしおなど4種あったが、主人には塩と酢のみであった。また、食器として箸の他に鎌倉時代以降は衰退する匙(スプーン)が存在し、各料理を盛りつけた容器の大きさがほぼ同じで料理の序列が判然としていない点も後の時代の料理とは異なる特徴といえる。有職料理 フレッシュアイペディアより)

  • 女川湾

    女川湾から見たアワビアワビ

    湾内ではギンザケを始め、アワビ、ウニ、カキ、 ホタテガイ、ホヤなどの養殖漁業が行なわれており、また、。女川湾 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤和歌子

    佐藤和歌子から見たアワビ

    「ハリウッド、浪花節、が踊る談志の台所から」(『en-taxi』No.10)佐藤和歌子 フレッシュアイペディアより)

  • パウア貝

    パウア貝から見たアワビ属アワビ

    パウア貝(パウアがい)もしくはパウア(Paua, pāua)は、ニュージーランドの先住民であるマオリの言葉で特定の3種のアワビを指す名称である。いずれもアワビ属()に属し、ニュージーランド近海に生息する巻貝である。肉が食用になるほか、特有の光沢のある殻は加工されて装身具などに用いられる。パウア貝 フレッシュアイペディアより)

  • パウア貝

    パウア貝から見たアワビアワビ

    パウア貝(パウアがい)もしくはパウア(Paua, pāua)は、ニュージーランドの先住民であるマオリの言葉で特定の3種のアワビを指す名称である。いずれもアワビ属()に属し、ニュージーランド近海に生息する巻貝である。肉が食用になるほか、特有の光沢のある殻は加工されて装身具などに用いられる。パウア貝 フレッシュアイペディアより)

  • 湯 (中華料理)

    湯 (中華料理)から見たアワビ

    牛、豚、鶏の肉や骨、中華ハム、乾し、乾し貝柱、乾しアゲマキガイ、スルメ、ヒラメの干物などを使用する。湯 (中華料理) フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川グランドホテル

    鴨川グランドホテルから見たアワビ

    本店の「鴨川グランドホテル」では、を踊り食い(メニューには踊り焼きと表記)として提供する事を元祖としている。鴨川グランドホテル フレッシュアイペディアより)

  • 魔法の料理 かおすキッチン

    魔法の料理 かおすキッチンから見たアワビアワビ

    くるみの親友で、おしとやかな美貌を誇る。くるみ同様、普段はお料理部の部員だが、ダークオリエントと戦うためかおすキッチンに変身する。吹き矢の腕と毒物調合の腕前はなかなかのもので、相手を矢に塗ってある強力なしびれ毒で3日間マヒさせたり、眠り薬で半日間眠らせたりするほど。見た目のおしとやかさの反面、好戦的ではないラムラを怯えさせる、かおすキッチンの正体を知ったビーフネスを躊躇なく消そうとする、くるみを始め大切な友達を傷つけられると激昂するなどブラックな一面を持ったり、50mを6.5秒で走り、くるみの殺人的照れ隠しを笑いながらかわし切るなど意外と素早い動きを見せる。ポルチーニ茸とアワビでなにやら生々しい知識をくるみに教えようとし、第13話ではタケノコを使っていた。自らの胸に劣等感を抱いており、胸の大小で女性の価値を決めつけるような男は神様だろうが容赦はしない。魔法の料理 かおすキッチン フレッシュアイペディアより)

317件中 81 - 90件表示

「アワビ」のニューストピックワード