前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • アワビ

    アワビから見た真珠

    貝殻をボタンやカフリンクス、ネクタイピン、真珠、ネックレス、指輪等の装身具などに用いる。また、殻の裏側には非常に美しい真珠光沢(干渉色)があり、ごく薄く切り出したものを螺鈿細工などの工芸材料に用いる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見たネコ

    希に、春先のアワビ類の中腸腺の摂食により、光過敏症の中毒症状を発症することがある。これは、アワビの餌である海藻のクロロフィルに由来するピロフェオホルバイドaとクロロフィルaによる物であるが、季節性を持つ蓄積の理由は明らかになっていない。この光過敏症に関しては、東北地方には「春先のアワビの内臓を食べさせるとネコの耳が落ちる」という言い伝えがある。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た小泉武夫

    アワビは高級食材で、コリコリした歯ざわりが特徴。刺身、水貝、酒蒸し、ステーキ、粥などに調理される。採れたての生きの良いアワビを磯焼きにして賞味する地方もある。また地方によっては、アワビの肝も珍味として食べられる。変わったところでは、塩で硬く締めたアワビの肉を下ろし金で摩り下ろし、同量のとろろと合わせた「鮑のとろろ汁」という料理が存在する(小泉武夫著『奇食珍食』に詳しい記述あり)。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た林鶴梁

    文献資料では江戸時代の文政12年(1829年)の笛吹市石和町に所在する篠原家文書に含まれる「御用其外日記」が初出で、形態は不明であるが「尓加以(にがい)」の文字が当てられている。また、弘化3年(1846年)の甲府徽典館の学頭・林鶴梁の日記である『林鶴梁日記』では夏の贈答品として用いられている「煮鮑」「生鮑の塩漬け」が記録されており、江戸後期においては醤油を用いた煮貝は塩漬けと区別されていたことが確認される。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た宝飾

    鮑玉は宝飾だけではなく、漢方薬として用いられていたと見られる。特に貝類の真珠層には解熱作用があり、近年まで小粒の物は漢方薬として用いられていたが、現在、大半は入手しやすいアコヤガイ真珠の物に置きかわっている。現在の真珠養殖が始まる以前、この鮑玉が日本の真珠産業であったと見られる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見たシイタケ

    シイタケ - 風味・食感が似ていると云われ、アワビの代用として日本の精進料理や中国の素菜で用いられる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た管鮑の交わり

    漢族には「鮑」( / 、)という姓がある。「管鮑の交わり」で有名な鮑叔もその姓をもつ者のひとりである。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見たアサリ

    常に相手を思っている状態のことを表したことわざで、アワビはアサリやシジミのように二枚貝ではないため、ピッタリの貝が無く、相手を常に思う状態であるということに例えた言葉である。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た宇宙船

    アワビの貝殻は大変丈夫でハンマーで叩き割ろうとしても簡単には割れないほどであり、アワビの貝殻の構造をヒントに割れにくい丈夫なセラミックの開発が進められている。このセラミックは宇宙船や人工関節、義歯、省エネ素材などへの利用が期待されている。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見たシジミ

    常に相手を思っている状態のことを表したことわざで、アワビはアサリやシジミのように二枚貝ではないため、ピッタリの貝が無く、相手を常に思う状態であるということに例えた言葉である。アワビ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「アワビ」のニューストピックワード