98件中 11 - 20件表示
  • アワビ

    アワビから見た駿河湾

    起源は不明であるが、山梨県は内陸部でありつつも駿河湾を有する駿河国に近く、中世後期・近世には海産物が移入されている。武田氏居館跡や勝沼氏居館跡など戦国時代の武家居館からアワビの貝殻が出土しており、当時から内陸部においてもアワビが食用にされていたと考えられている。ただし、貝殻を外して加工され、煮貝として搬入された場合は、考古資料として残らないことも指摘される。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た伊勢神宮

    細く切った鮑を乾燥させた物で、祝い事に配られる。伊勢神宮での神事に使用される国崎(三重県鳥羽市国崎町)産の熨斗鰒にちなみ、御師が縁起物として配りだしたのが一般に広まったきっかけである。進物にも熨斗鮑を添付するのが正式であるが、次第に簡略化して熨斗鮑を図案化した物を印刷した熨斗紙で済ませることが多くなった。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た鮑叔

    漢族には「鮑」( / 、)という姓がある。「管鮑の交わり」で有名な鮑叔もその姓をもつ者のひとりである。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た出雲大社

    出雲大社の御神体は巨大な「九穴アワビ」であるという逸話がある。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見たステーキ

    アワビは高級食材で、コリコリした歯ざわりが特徴。刺身、水貝、酒蒸し、ステーキ、粥などに調理される。採れたての生きの良いアワビを磯焼きにして賞味する地方もある。また地方によっては、アワビの肝も珍味として食べられる。変わったところでは、塩で硬く締めたアワビの肉を下ろし金で摩り下ろし、同量のとろろと合わせた「鮑のとろろ汁」という料理が存在する(小泉武夫著『奇食珍食』に詳しい記述あり)。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た駿河国

    起源は不明であるが、山梨県は内陸部でありつつも駿河湾を有する駿河国に近く、中世後期・近世には海産物が移入されている。武田氏居館跡や勝沼氏居館跡など戦国時代の武家居館からアワビの貝殻が出土しており、当時から内陸部においてもアワビが食用にされていたと考えられている。ただし、貝殻を外して加工され、煮貝として搬入された場合は、考古資料として残らないことも指摘される。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た大間町

    中華料理ではアワビをゆでてから干したものを乾鮑( / 、)とよび(なお、アワビそのものは鮑魚( / 、)と呼ぶ)、大きいものはたいへん高価でかつ珍重される。日本でも古来、内陸部で食べる鮑は羅鮑(身取り鮑)で殻から取った物を干し乾燥していた。高級な干し鮑の産地として、日本の青森県や岩手県が知られており、大間町産のもの(広東語で「禾麻鮑 オウマパーウ」)や、大船渡市吉浜産のもの(きっぴん鮑。「吉品鮑 カッパンパーウ」)は香港で非常に高値で取引されている。大きいほど高価になり、1斤(600g弱)当たりの頭数で、十頭鮑(乾燥品1つの重量が60g)などと呼ぶ。遅くとも江戸時代には日本から中国(当時は清)に輸出されていた(俵物)。日本以外では、南アフリカなどのものが比較的高級とされている。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た巻貝

    アワビ(鮑、鰒、蚫、)は、ミミガイ科の大型の巻貝の総称。アワビ属についてはHaliotisではなくてNordotisとしている図鑑もある。雌雄の判別は外見からではほぼ不可能で、肝ではなく生殖腺の色で見分ける。生殖腺が緑のものがメスで、白っぽいものがオスである。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た

    アワビは高級食材で、コリコリした歯ざわりが特徴。刺身、水貝、酒蒸し、ステーキ、などに調理される。採れたての生きの良いアワビを磯焼きにして賞味する地方もある。また地方によっては、アワビの肝も珍味として食べられる。変わったところでは、塩で硬く締めたアワビの肉を下ろし金で摩り下ろし、同量のとろろと合わせた「鮑のとろろ汁」という料理が存在する(小泉武夫著『奇食珍食』に詳しい記述あり)。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た

    妊婦が食べるとが抜けない(広島・佐賀)。アワビ フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「アワビ」のニューストピックワード