62件中 41 - 50件表示
  • アワビ

    アワビから見た黄土色

    別名: ビワガイ 足が黄土色(ビワ色)をしていることから来ている。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た朝鮮半島

    アワビの殻は、殻の内側全体から層が付加されて厚くなってゆき、成長した殻は長径5cmから20cm、短径3cmから17cm程度のおおよそ楕円形である。形状は種により大きく異なるが、皿状の殻をもつ点では共通する。東アジアでは日本の北海道南部から九州、朝鮮半島および中華人民共和国北部の干潮帯付近から水深20m程の岩礁に生息し、アラメ、ワカメ、コンブなどの褐藻類を食べている。主に夜行性の物が多く、日中は岩の間や砂の中に潜っている。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た万葉集

    万葉集』では鮑の産地として、御食国と呼ばれる国々の他に、紀伊国が登場する。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た御師

    細く切った鮑を乾燥させた物で、祝い事に配られる。伊勢神宮での神事に使用される国崎(三重県鳥羽市国崎町)産の熨斗鰒にちなみ、御師が縁起物として配りだしたのが一般に広まったきっかけである。進物にも熨斗鮑を添付するのが正式であるが、次第に簡略化して熨斗鮑を図案化した物を印刷した熨斗紙で済ませることが多くなった。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た刺身

    アワビは高級食材で、コリコリした歯ざわりが特徴。刺身、水貝、酒蒸し、ステーキ、粥などに調理される。採れたての生きの良いアワビを磯焼きにして賞味する地方もある。また地方によっては、アワビの肝も珍味として食べられる。これらで最も高価なアワビはクロアワビと言われている。日本版西洋料理として紹介されている。変わったところでは、塩で硬く締めたアワビの肉を下ろし金で摩り下ろし、同量のとろろと合わせた「鮑のとろろ汁」と言う料理が存在する(小泉武夫著『奇食珍食』に詳しい記述あり)アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た縄文時代

    日本では縄文時代、弥生時代に於いては貝塚などから貝殻が出土するなどから既に食用とされていたことがわかる。平安時代に於いても度々木簡にその名が登場しており、貴族が好んで食べていたことが分かる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た人工関節

    アワビの貝殻は大変丈夫でハンマーで叩き割ろうとしても簡単には割れないほど丈夫であり、アワビの貝殻の構造をヒントに割れにくい丈夫なセラミックの開発が進められている。このセラミックは宇宙船や人工関節、義歯、省エネ素材などへの利用が期待されている。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た真珠層

    鮑玉は宝飾だけではなく、漢方薬として用いられていたと見られる。特に貝類の真珠層には解熱作用があり、近年まで小粒の物は漢方薬として用いられていたが、現在、大半は入手しやすいアコヤガイ真珠の物に置きかわっている。現在の真珠養殖が始まる以前、この鮑玉が日本の真珠産業であったと見られる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た構造色

    貝殻をボタンなどに用いる。また、殻の裏側には非常に美しい真珠光沢(干渉色)があり、ごく薄く切り出したものを螺鈿細工などの工芸材料に用いる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た香港

    中華料理ではアワビをゆでてから干したものを乾鮑( / 、ガンパオ、gānbào)とよび(なお、アワビそのものは鮑魚( / 、パオユー、bàoyú)と呼ぶ)、大きいものはたいへん高価でかつ珍重される。日本でも古来、内陸部で食べる鮑は羅鮑(身取り鮑)で殻から取った物を干し乾燥していた。高級な干し鮑の産地として、日本の青森県や岩手県が知られており、大間町産のもの(広東語で「禾麻鮑 オウマパーウ」)や、大船渡市吉浜産のもの(きっぴん鮑。「吉品鮑 カッパンパーウ」)は香港で非常に高値で取引されている。大きいほど高価になり、1斤(600g弱)当たりの頭数で、十頭鮑(乾燥品1つの重量が60g)などと呼ぶ。日本以外では、南アフリカなどのものが比較的高級とされている。アワビ フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「アワビ」のニューストピックワード