98件中 41 - 50件表示
  • アワビ

    アワビから見た漢方薬

    鮑玉は宝飾だけではなく、漢方薬として用いられていたと見られる。特に貝類の真珠層には解熱作用があり、近年まで小粒の物は漢方薬として用いられていたが、現在、大半は入手しやすいアコヤガイ真珠の物に置きかわっている。現在の真珠養殖が始まる以前、この鮑玉が日本の真珠産業であったと見られる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た外套膜

    アワビの殻の背面には数個の穴が並んでいる。この穴は鰓呼吸のために外套腔に吸い込んだ水や排泄物、卵や精子を放出するためのもので、殻の成長に従って順次形成された穴は古いものからふさがっていき、常に一定の範囲の数の穴が開いている。アワビではこの穴が4 - 5個なのに対し、トコブシでは6 - 8個の穴が開いている。また、アワビでは穴の周囲がめくれ上がっており穴の直径も大きいのに対し、トコブシでは穴の周囲はめくれず、それほど大きくは開かない。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た日本列島

    日本列島では縄文時代や弥生時代における貝塚から他の海水産貝類とともに貝殻が出土することから、食用とされていたことがわかる。平安時代においても度々木簡にその名が登場しており、貴族が好んで食べていたことがわかる。中世から江戸時代にかけては内陸部の遺跡からも出土している。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た伝染病

    魔除けや伝染病除けなどに効果があると云われる(北海道・岩手・佐賀・青森・奈良・福岡・佐賀他)。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た中華人民共和国

    アワビの殻は、殻の内側全体から層が付加されて厚くなってゆき、成長した殻は長径5cmから20cm、短径3cmから17cm程度のおおよそ楕円形である。形状は種により大きく異なるが、皿状の殻をもつ点では共通する。東アジアでは日本の北海道南部から九州、朝鮮半島および中華人民共和国北部の干潮帯付近から水深20m程の岩礁に生息し、アラメ、ワカメ、コンブなどの褐藻類を食べている。主に夜行性の物が多く、日中は岩の間や砂の中に潜っている。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た紀伊国

    『万葉集』では鮑の産地として、御食国と呼ばれる国々の他に、紀伊国が登場する。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た御食国

    『万葉集』では鮑の産地として、御食国と呼ばれる国々の他に、紀伊国が登場する。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見たカフリンクス

    貝殻をボタンやカフリンクス、ネクタイピン、真珠、ネックレス、指輪等の装身具などに用いる。また、殻の裏側には非常に美しい真珠光沢(干渉色)があり、ごく薄く切り出したものを螺鈿細工などの工芸材料に用いる。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た贈答品

    文献資料では江戸時代の文政12年(1829年)の笛吹市石和町に所在する篠原家文書に含まれる「御用其外日記」が初出で、形態は不明であるが「尓加以(にがい)」の文字が当てられている。また、弘化3年(1846年)の甲府徽典館の学頭・林鶴梁の日記である『林鶴梁日記』では夏の贈答品として用いられている「煮鮑」「生鮑の塩漬け」が記録されており、江戸後期においては醤油を用いた煮貝は塩漬けと区別されていたことが確認される。アワビ フレッシュアイペディアより)

  • アワビ

    アワビから見た中華料理

    中華料理ではアワビをゆでてから干したものを乾鮑( / 、)とよび(なお、アワビそのものは鮑魚( / 、)と呼ぶ)、大きいものはたいへん高価でかつ珍重される。日本でも古来、内陸部で食べる鮑は羅鮑(身取り鮑)で殻から取った物を干し乾燥していた。高級な干し鮑の産地として、日本の青森県や岩手県が知られており、大間町産のもの(広東語で「禾麻鮑 オウマパーウ」)や、大船渡市吉浜産のもの(きっぴん鮑。「吉品鮑 カッパンパーウ」)は香港で非常に高値で取引されている。大きいほど高価になり、1斤(600g弱)当たりの頭数で、十頭鮑(乾燥品1つの重量が60g)などと呼ぶ。遅くとも江戸時代には日本から中国(当時は清)に輸出されていた(俵物)。日本以外では、南アフリカなどのものが比較的高級とされている。アワビ フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示

「アワビ」のニューストピックワード